地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

______

 

 

どうも。

 

 

世はオリンピックですね。選手の皆さん頑張ってて凄いと思います。

そんな中また大阪は緊急事態宣言ですか。そうですか。

なんかもうね、疲れましたよね。

 

 

面白いバンドを見つけた。

久しぶりにめちゃくちゃ笑った。

もう日本人みんなこの動画見て笑っとこ。

 

LiSA - 紅蓮華(Cover) / THE WORST TAKE - YouTube

 

腹よじれるくらい笑った。

マジで名作だと思う。

何が面白いって、ちゃんと公式から公認されて動画あげてるのが面白い。

こういうしょーもないの大好き。

あとこのバンドがオマージュ(?)してる色んなバンドの「〜っぽい曲」シリーズも絶妙に似てて面白い。

 

めちゃイケでやってた歌ヘタ王のやつ思い出した。

オードリー若林とずん飯尾が神がかるくらい面白かったなぁ。

 

 

おやすみ。

 

 

 

9mm Parabellum Bullet @Zepp Namba に行ってきた話

 

どうも。

 

いやー…行って参りました。

 

9mm Parabellum Bullet カオスの百年ツアー2021〜CHAOSMOLOGY〜 @ Zepp Namba

 

f:id:trccrock69:20210719185651j:image

 

多分、この日来てたお客さんで誰よりも帰り早く家に着いた自信がある(かなり近所に住んでます)(身バレ危ない)。

 

っていうどうでもいい話は置いといて。

何から話せばいいですかねぇ…。

あー…とりあえず感想ですかね。

 

エグい

 

この一言に尽きました。はい。

 

事の発端はチケットを手にして座席を確認した時。

こんなご時世なので全席指定席だったので開演ギリギリに会場入りしたんですけど、バックホーンが座席一つ飛ばしで座ってたから、9mmも一つ飛ばしで座るのかなー?と思って見てたんですけど、いざ会場に着いて座ってみたら席は空けずに普通に座ってたもんだから最初滝ちゃん側だわーい!!って思ってたら全然違くてまさかの

 

最前列のど真ん中

 

は?

 

え?

 

お?

 

って思ってたら、ライブは終わった(爆笑)。

マジで体感5秒くらいで終わった。

ステージ前に出てきた菅原卓郎様との距離、約1m(爆笑)。

 

多分9mm史上一番良席だったと思う。

今まで有料のミリモバ会員でも普通にZeppで整番4桁とかあって一般の人よりも番号悪いとかいう暗黒期を経て今日に至ったわけなので、ミリモバが初めてと言っていいくらいいい仕事してくれた気がする…。

なんばは私のための公演だったのか(?)。

なんば、もしかして私を待ってた?(自意識過剰)

 

いやーなんていうかねぇ…なんかとにかくエモエモのエモでしたね。

 

とにかく見晴らしが素晴らしい

 

これに尽きた。

 

何だろなー…とにかく「あーこのバンド好きになって良かった…」ってめちゃくちゃ思いましたね。なんか色んなことが込み上げてきて感無量になったというか、とにかく最前ど真ん中で見た景色がエグすぎて頭が上手く働かなかった(爆笑)。

こんなところで運を使うと思ってなかったもんだからびっくらこいたわ。

 

多分色んなことをライブ中は思ってたんだろうけど、なんか上手く思い出せない(爆笑)。「はーーー…………………」と思いながらずっと頭ぼーっとしてた(爆笑)。

 

なんか覚えてるのが「それから」の時に滝ちゃんがギター弾いてなくて暴れ回ってて「あ〜人間国宝」って思ったのと、atmosphereだっけか?その曲でカズ中村が自分のベースを蹴ってて「うお!?蹴ったぞ!?仕事道具を蹴ったぞ!?」ってなったことは覚えてる(笑)。

 

卓郎さんが「ホントはファイナルじゃなかったんだけど…なんばはなんぼ引きがええねん!(棒)」って言ったのと「大阪ーー!!!」って叫んでくれたのがめちゃくちゃに嬉しくてエモエモのエモでした。

 

席が席だったからマジでライブフォトとかに映ってないか非常に心配している…(白目)。クソデブスが写真に映り込んでたら「あの写真に映ってるクソブス女消してください!!」とかクレーム入りそうで怖い。あ、ちなみに今のところ出てる写真には映ってないです。おーこわ。

 

とにかく。

まずは大阪でライブをしてくれてありがとうございました。とっても嬉しかったです。

そしてなんかいい席で見られたのでめちゃくちゃ良かったです。

また大阪に来てライブして下さい。

これからまだまだコロナ禍は続くとは思いますが、ライブをしてくれる限り私は行き続けたいと思っています。出来ることからコツコツと、やっていきましょう。

 

ライブの詳細とかはTwitterとかにゴロゴロ転がってるだろうからそれ見てください(笑)。

とりあえず私からの報告?は以上です。

 

 

おわり。

 

 

THE BACK HORNを久しぶりに見た話

 

f:id:trccrock69:20210628234108j:image

 

世界中が大変な状況になってからライブというものがめちゃくちゃ悪の存在のように取り上げられて、ライブなんて要らないだろ、と思う人が増えたかもしれない。

 

でも考えてみてほしい。

ライブに限らず自分の大好きなことが印象操作によって指摘され、全く出来なくなってしまったらあなたはどうする?どんな精神状態でいられる?

 

ライブは確かに不要不急の外出だと言われればそれも正解ではある。

けど「必要」である人もいるということも忘れないでほしい。

 

私の友人で9mmが大好きな子がいるのですが、その子は医療従事者で職場から「ライブに行くな」ということはおろか、「2人以上の食事禁止」と言われて泣く泣くライブを諦めている子がいる。そんな子が身近にいると「果たして私はライブに行ってていいのだろうか?」と胸が苦しくなったりする。

 

でももう、私は私なりにたくさん我慢した。

医療従事者の方のことを思うとまだまだ全然我慢してないとは思うけど、私は私なりに我慢した。

ライブだってもう半年は全く行ってなかった。

 

私のTHE BACK HORNのライブの最後の記憶はあの熊谷公演で止まっていた。

「続ける」ことを選択すること〜THE BACK HORN KYO-MEI ワンマンツアー カルペ・ディエム"今を掴め" @HEAVEN'S ROCK 熊谷 VJ-1〜 - 地球外生命体の日々

あの頃はまだ世界がこんなことになるなんて微塵も思わなかったし、あの頃はライブをやっている当人たちがとても苦しそうだった。

私の時は苦しそうに歌う将司の歌声の記憶で止まってた。

 

あれから何度かバックホーンは大阪には足を運んできてくれてはいたものの、私は行かなかった。

だから私がバックホーンを見るのは約1年半ぶりだった。

「1年半ぶりなんて普通でしょ」って思う人もいるかもしれないけど、割とコンスタントにライブをしてくれているバンドでこれだけ見れていないのは個人的にはかなり我慢したと思っている。

 

そして6/27に大阪でTHE BACK HORNを見た。

ああ、バックホーンが目の前にいる。演奏している。歌っている。その姿を見ただけで私は涙が止まらなかった。

 

1曲目に「トロイメライ」が来ることは分かっていたけど、とにかく涙が止まらなかった。

トロイメライ

トロイメライ

 

その後もしばらく涙が止まらなかった。

今大阪でこうやってTHE BACK HORNのライブを見ていること、1年半ぶりにようやく見られたこと、その他諸々の想いが爆発してとにかくずっと泣いてた。

 

ライブ前にとある会話が聞こえてきた。

「なんか最近のライブって大阪ばっかりファイナルになっててずるいよね」という会話を聞いた。 

その言葉に私はひどく傷ついた。

別に大阪がファイナルになりたくてなってるわけでもないのに、それを「ずるい」なんて言われても知らない。

話してた人が標準語だったからきっと関東から来た人なのか分からないけど、こっちからすると最近のライブは関東中心に行われてることが多くてずるい、なんていう不毛な争いが起こってしまう。

 

なんかそんなことを考えたり、ライブに行けない友人のことを考えたり、熊谷の時のことを思い出したり、最近仕事がうまく行ってないことを考えたりぐるぐるしていると感情が爆発してしまった。

 

最近私は仕事が全然うまく行ってない。

特にコミュニケーションが全然うまく行ってなくて、考えるだけで反吐が出る。

基本的にあまり自分の主張を強く出せない人間なので、とにかく我の強い人とは根本的に合わない。だから今根本的に合わない人と毎日仕事してるわけだからなかなかにメンタルにくるものがある。

なんで自分こんな弱いんだろう…と毎日自分を責める日々が続いていて、こんなことになるために転職したわけじゃないのになぁ…なんて思いながら毎日絶望に明け暮れていた。

 

でもそんなこともライブを見ている間だけは忘れられる。それだけでも気持ちは全然違う。

昨日のライブは特に「ああ、私の居場所はここだ」って思えた。

 

ライブでよくやっている「シンフォニア」の「帰る場所ならここにあるから」って歌詞が昨日は特に沁みた。なんでだろ。いつも聴いてたのに、昨日は特に胸に熱いものが込み上げてきた。

シンフォニア

シンフォニア

 

でも一番聴きたかったのは「ミュージック」。

アンコールでやってくれた時は本当に泣いた。めちゃくちゃ泣いた。

ミュージック

ミュージック

この曲、リヴスコールの中で一番好きな曲。

今回のライブでこれと「トロイメライ」が聴けたら私はもう十分と思えるくらい好き。

 

あと個人的に一番ハマったのは「星降る夜のビート」でした。鍵盤が入ってジャジーな感じになってたのがめちゃくちゃ良かった。

星降る夜のビート

星降る夜のビート

普段この曲聴かずに飛ばしてたことは秘密

 

そして何より、「コバルトブルー」を歌い上げてたのにはめちゃくちゃ胸が熱くなった。

コバルトブルー

コバルトブルー

やるのは1億%分かってたけど、自分の中の記憶があの苦しみに満ち溢れてたコバルトブルーで止まってたから、その時が動いた感じがしてめちゃくちゃ良かった。

 

あと胸熱だったのは「夢の花」。

夢の花

夢の花

やっと聴けた…!という嬉しさでいっぱいになった。

夢の花の歌詞がめちゃくちゃ好き。

これやってくれて本当嬉しかった。

 

なんかこの日はとにかく大阪でライブを見られる嬉しさがとにかくあった。

しばらくは大阪で見られることの嬉しさをとにかく噛み締めたいな、って思いました。

マニヘブツアーやるらしいですけど、大阪行きたいな。

 

ちなみに

なんかMCで岡峰さんが「声出せない分なんか盛り上がんねーかなって思って考えてたら名案を思い付いたんですよ」って言って出てきたのが「バンザイ三唱」だったもんでいかにも俺めっちゃ考えて出した感出してたけど「あれ、どこぞやの何ミリかの弾丸さんの●がわら●くろうさんもライブ終わりにバンザイ三唱やってたような……???」と思ったのは私だけだったのでしょうか。うん。きっと私だけだな。うん。

 

とにかくリヴスコールのアルバムがより好きになるようなライブでした。

そして大阪で見られる喜びをとても感じた2時間でした。

 

今度またここに9mmさんがやってくるみたいなので、そこでまた楽しみたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

おわり。

 

 

な、のはなし

 

 

どうも。

 

付き合い始めてからどうやら1ヶ月が過ぎたようです。

付き合って半年くらいの、付き合いたてとは思えないくらいの安心感と居心地の良さがあって今のところいい感じです。

 

でもまぁ、この1ヶ月は色んなことがありました。

かなり濃密な1ヶ月だったと思います。マジで。

色んなことを考えさせられた1ヶ月でした。

 

なんか付き合いたてだから「私たちめっちゃラブラブ〜〜!!!好き愛してるラビュ♡♡♡」みたいなテンションになるのかと思いきや、案外冷静でむしろ安心感に包まれている、って感じです(笑)。…あれ?冷めてる私?(笑) まあ歳が歳なもんでお互い落ち着いてるというか、もうそんなキャピキャピする歳でもないというか(笑)。あ、だからと言って「好き〜〜!!」って感情がないわけじゃないのでそこは誤解しないでください。

 

まず、2回くらいめちゃくちゃ喧嘩しました(笑)。

喧嘩というか、話し合い?まあ、喧嘩と話し合いの中間的な。

 

私はいつも言葉足らずなところがあって相手に誤解を与えてしまう態度を取ってしまうことがある一方、相手は怒るとカッとなってついその場の感情任せで相手が傷つくことを沢山言ってしまうという、まあ話さなさすぎマンと話しすぎマンの衝突ってやつですね(笑)。1回目の喧嘩は結構ショックでしたが、2回目はその特徴が何となく掴めていたので「あぁ、今余裕ないんだな」と割と冷静に聞いてたりしてました(笑)。

 

そもそも付き合うって決めてから「我慢をする」ということを極力しないこと、ということは事前に双方合意してました。まあ、勿論時と場合によりますが。あと個人的にブチギレるのは疲れるのでなるべく喧嘩してもブチギレたくない。というかブチギレないようにしてる。

 

んでまぁ2回ほど大きな喧嘩をしたんですけど、勿論喧嘩自体は出来ることならしたくないけど(笑)、なんか我々は喧嘩してはい終了お別れしましょうさようなら、で終わらない関係な辺りがなんかいいなあ、って思いました。私は私の主張を言って、相手は相手の主張を言って、とりあえず一旦冷静になってお互いの意見を聞いて、折衷案を出してお互い和解する、みたいな喧嘩をしているのでそこはとても良いのではないかと思ってます。だから「あそこの発言嫌だった」とか「あれは直して欲しい」とかはなるべく言うようにしてる。

 

まあ付き合っているといいことだけではないですよね。いいことだけで終わるのが理想ですが、残念ながら嫌なことのひとつやふたつ、いや、もしくは長く付き合えば付き合うほど数は多くなっていくと思います。

 

ただ、長く付き合っていくためにはその嫌なことをどうやってお互いで乗り越えていくか?ということを考えていく必要があるのかな、と思います。

 

んでまぁ、今のところそれがクリア出来ていると思ってます。多分。(笑)

 

お互い性別も違えば年齢も離れてるし、価値観とか考え方は違って当然だと思ってます。恋人ってたって言ってしまえば他人。だから色々違って当然。そもそも男女で思考が違う、ってのは分かってたつもりだけど、まだまだ私はそこを汲み取るのが未熟だったようで、相手に誤解を与えてしまいました。

でもなんというか、長く付き合いたいならお互いにそこの差を汲み取ろうとする努力を見せることってとても大事だなぁと思いました。当たり前なんですけど。私はそれがどうも苦手なようです。精進せねば。コミュニケーションむずすぎる。

 

まあそんなことを感じた1ヶ月でした。

付き合って1ヶ月のカップルがする話じゃないよな(爆笑)。

もっとノロケろよ!!とか逆に言われそう(笑)。

 

ん〜、私的には「好き〜♡愛してるラビュ〜♡」って感情よりかは相手への敬意?尊重?的な思いが今は強いかもしれません。なんか不思議な感覚です。

 

まあここに書いてないだけで一応色々思い出は作ってます。はい。

とりあえず色んな感じたことを書いてみました。

 

なんか喧嘩の話ばっかになっちゃったけど(笑)、仲良くしてますよ。

 

この1ヶ月色々あったけど、これからも仲良くしていけたな、というはなしでした。

 

 

おわり。

 

 

 

こい

 

 

どうも。

 

 

彼氏ができました。

ひとまわり年上の彼氏。

 

マジで何年ぶりだろう?ってくらいの彼氏。人生で3人目の彼氏かな。

こうやって見ると割と付き合ってるやん、って思われるかもだけど、1人の付き合った期間がめちゃくちゃ短いしちゃんと彼氏です!って言える彼氏では今までの2人ともなかったから全然モテてないしただの自己肯定感底辺のデブスです。

 

出会いはイマドキなマッチングアプリ

こんなご時世、マッチングアプリも出会いの一つの手段として使ってても全然おかしくないと思います。てかそれくらいしか出会うツールねぇだろ!こんなクソコロナで色んなもんが制限されちゃってるし…。

 

元々私の性格的に付き合うなら絶対年上がいい!って思ってました。

普段はサバサバしてるけど、恋愛になると急に甘えたさんの寂しがり屋さんになるので、その辺を包み込んでくれる包容力のある人は年上にしか感じられないなあと思ってました(笑)。

 

で、過去の恋愛(彼氏?)が自分が追っかけるばかりの恋愛で、とにかくしんどかった。

自分から告白したってのもあるけど、とにかく相手の「ここが好きだから」と言い聞かせて相手に合わせるのに必死だった。相手は私の歩くペースにも、都合にも全く合わせてくれなかったというのに。

合わせすぎて病みすぎて、もうこれは無理だ、と爆発してからさよならしました。

 

だからもう、自分が追うばかりの恋は懲り懲りだ、と思ってアプリで人探しをしていました。

 

付き合う条件としてはとにかくお互いがフェアでいること。

どっちかだけが大好き!とかじゃなくて、お互いがお互いを尊重できる、みたいな関係がいい、と。まあみんなそうだと思うけど。

 

でもまぁアプリで会ってみても結局体の関係だけで終わる人ばかりで、私はどんどんクソビッチ化していくだけの無駄な日々でした。

 

なんかクソビッチになる私も悪いんだけどさ。こっちはなんとか相手といい関係になれたらいいな、と思って色々試行錯誤してみるんだけど、やることなすこと全部「都合のいい女」の行動だらけで相手の思う壺にハマって結局「こいつヤレるな」って思われて終了。だからクソビッチ化してた時もずーっと絶望感と虚無感はあった。

 

でまぁ、マジでアプリで出会って一瞬だけ付き合った2人目の年下の彼氏(と言えるのかよく分からないレベル)も、向こうから付き合ってほしいと言われたから付き合ったものの、私がやめて欲しいと思ってる行動をずーーーっとしてるし、私が「それ嫌だからやめてほしい」と言ったとてやめる気配が微塵も感じられなかったくせに体の関係だけは異常に求めてくるし「あー結局私また相手の思う壺にハマってんのか」って思って全部嫌になってさよならした。

 

だからなんか恋愛そのものに対して臆病を通り越して拒絶する日々が日に日に強くなっていってました。

 

まあそんな時に1人の男性が私にいいねをしてくれまして。

なんかメッセージもくれたからちょっとやりとりしてみようかな、と思ってやりとりしてたらまあ価値観やら好みやらが合う人で。

かなりメッセージが盛り上がったからLINEも交換して、ちょこっと電話もした。普通に楽しかった。

 

でまぁ実際一番最初に会ったときも緊張はしたものの、カフェで6時間ぶっ通しで話し込んじゃった(笑)。それでもまだ話し足りないなぁ〜みたいな感じでとても心地良かった。

 

でまぁ何度か会ってるうちに話も盛り上がるし普通に楽しいし、お互いに「この人となら」みたいな感情がちょっとずつ湧いてきて、この人と会った次の日に同じアプリで出会った別の人と会ったんですけど、この人と会った時の感覚とか雰囲気とかは全く感じられなかったから、やっぱ違うなぁ、と思いました。

 

それでこの間正式に告白されまして、私も快諾。

無事に付き合えました。パチパチ。

 

とにかくお互い過去にいい恋愛が出来てないから、とにかく全力で恋愛しましょう!と言いました。

お互いに愛したいし愛されたい。それは絶対守ろうね、と。

あとベタベタな恋愛したいね、とも話してます(笑)。

ベタベタってめちゃくちゃくっつくとかの意味じゃなくて、ベタな恋愛、って意味です。王道?って言ったらいいのかな。ドラマに出てくるような恋愛的なやつ。所謂ロマンチックな恋愛ってやつですね。憧れですね。

 

そして一緒にアプリを退会しました。

もうアプリにお世話にならないようにしようね。と言って。

 

お互い年齢が年齢なので、結婚も視野に入れて真面目に付き合いましょうね、というお話も真面目に話し合いました。

 

自己肯定感底辺人間なので自分の中でまだ「好き」という感情が確信に変わってない気がしてなんだかモヤモヤしてるけど、相手からの「好き」は申し訳なくなるくらい伝わってくるので、なんとかそれに応えられるように努力したいです。

 

付き合って2度目のデートで夜の奈良の平城京のライトアップされた大極殿を見に行ったのですが、とっても荘厳で綺麗で心が落ち着く感じがしました。

そこで周りに人は誰もいなかったので、私からの「大好き」を伝える精一杯の努力として思い切ってハグとキスをしました。めちゃくちゃ恥ずかしかったけど、なんとなく安心感もありました。相手も喜んでくれてハグとキスしてくれました。良かった。

 

ほんと色んなことに自信がなくてすぐくよくよしちゃう人間だけど、その度に「もっと自信持っていいよ」って言ってくれるので非常に助かります。ありがたいです。

 

まだ今すぐに相手の全てを信じきる!ってのは私の性格上難しいかもしれないけど、これから少しずつその感情を無くしていけたらいいなと思っています。

 

色々うまくいくといいな、この恋。

 

f:id:trccrock69:20210518004531j:image

 

おわり。

Mr.Children

 

 

どうも。

 

 

相変わらず感情の波は激しい私ですが、自分の欲が満たされると結構気持ちが軽くなるなあと最近よく思います。

 

気分がずどーんと沈んでいたここ最近は音楽を聴くことすらしんどくて、自分の殻に閉じこもりがちになってしまってましたが、ここ何日かは少しだけ気持ちに余裕が出てきたような気がします。何となくですけど。

 

そうなってくると自分でも「ちょっと音楽聴こうかなぁ」とかようやく思えてくる段階にまでなります。どんだけしんどいねん、私。いや、こんな情勢だとしんどくもなりますよ。はい。

 

なんか知らないけどここ何日かはMr.Childrenをめちゃくちゃ聴きたくなってる日々です。

新しいアルバム「SOUNDTRACKS」も結構ムーディーな感じでとっても素敵なアルバムだなぁと思ってます。

SOUNDTRACKS 初回限定盤 A (LIMITED BOX仕様/CD / DVD / 32Pブックレット)
 

 

その中でもリード曲「Brand new planet」をよく聴いてます。

Mr.Children 「Brand new planet」 from “MINE” - YouTube

ドラマの主題歌?になってたこともあって知ってる人も多いかもしれません。

この曲聴いてるとなんだか「ああ、なんかちょっと一歩踏み出してみようかなあ」みたいな気持ちになります。

 

以前からちょくちょくMr.Childrenさんについてはお話していますが、まあちょっとここ最近自分自身が思ったことをつらつらと書こうかなあ、と。

 

そもそも30年近く活動していて未だに人気が衰えないモンスターバンドさんたちなのですが、やっぱり私にとっては必要不可欠な存在だなぁ、って思います。

ただ何故かここ最近「Mr.Childrenが好き」と言うと「渋いね」と言われることが増えました。前も話したかもだけど。自分ではまだまだMr.Children好きが「渋い」という感覚が分かりません。

 

ファンになってかれこれ14年ほど経つみたいですが、14年なんてまだまだひよっこな感じがします。全然未熟者感が未だに拭えない。

正直ずーーーーーーーっと1日も欠かさず聴いてきました!ってわけではないんですけど、全然聴かない時期もあるけど、こうやってふと聴きたくなる時がやってきて、久しぶりに聴いてみたら「あ、やっぱり好きだわ」みたいな感覚になってる人たちです。

 

なんだろ、なんか「実家」みたいな存在なのかもしれない。私にとってMr.Childrenという存在は。ホームシックまではいかないけど、時々無性に帰りたくなる存在的な。

 

でもそういう付き合い方の方が長く付き合えていいのかなぁ、って思います。実際そういう付き合い方をしていたら飽き性の私でも14年も好きでいられてるので。

 

勿論どのアーティスト、どの人も「永遠」なんて存在しないし、極端な話明日にでも解散します!なんて言われるかもしれない。実際桜井さんもここ最近のライブのMCで「自分がいつまで歌っていられるのか不安になる時がある」とよく言われるようになってきました。それでも私は彼らの音楽が好きだから、最後なんて考えたくないけど、その時が訪れるまで、いやむしろ訪れた後もずっと好きでいたい。そうずっと思っています。

 

世間的には「J-POPアーティスト」っていうイメージかもしれませんが、私は「ロックバンド」そのものだとずっと思っています。特にここ数年は。

 

また明日には私の気分はずどーんと落ちてるかもしれないし、また音楽を聴かない日々が戻るかもしれない。けど自分は音楽がやっぱり好きだということと、Mr.Childrenという存在はずっと愛していたいということはいつまでも変わらない想いであることは間違いないし、たとえそんなことすら考えられなくなってる日でも、「好き」っていう気持ちだけはなんとか保てるようにはしたい。

 

この気持ちがずっと続くといいんですけど。

こればっかりは自分でもよくわからない。

でも…沈んでた気持ちが少しだけふわっと軽くなるから、なんとか保ちたいなぁ…。

せめて音楽聴いてる間だけは幸せな時間であってほしい。

どんなに現実が嫌なことだらけでも、その時間だけは幸せな気持ちを保ってられたらいいんだけどなぁ。

 

私にはやっぱり音楽しか取り柄がないから。

 

おわり。

 

 

ひろう

 

 

どうも。

 

「披露」なら良かったんですけど、残念ながら「疲労」ですね。タイトルは。

 

 

最近ちょっとモヤモヤすることが多い。

自分の発言に責任?を持たない人が周りに多い気がする。

 

私はこのブログでもめちゃくちゃ言ってますが、ハイパーネガティヴ自信ないマンなので、自分の発言にいちいち自信が持てない時があります。

それが例えば自分が経験してないこと。でもこれは逆に言うと、自分が経験したことなら自信を持って言えるという性格なのです。

 

でもなんだろう、仕事場でも友達でも人には簡単に言えるのに、いざ自分の悩みになったらあやふやになったりうじうじしたりする人がなんか最近多くて。聞いてて疲れちゃう。

 

「は?」って感じですよね。

実際私が最近経験した上記の出来事をいくつかあげていきますね。

 

まず一つ目。@職場。

私がとあるミスをしました。それで指摘をされました。そこまでならまあ全然私が悪いし反省しなきゃと思ったんです。ただその時にあからさまにでかい溜め息つかれたのが若干(というかかなり)気になりました。

 

でも同じミスを後日上司がしていました。上司はそれに気付いた時、「あ、ごめんてへぺろ☆〜(ゝ。∂)」みたいな感じでした。

 

別にこれを見て何を思ったわけでもないのですが、まあ、職場ってそんなもんなんだろうな、って思いました。

 

二つ目。@友達。

先日私が転職するかどうか非常に悩んでいた時にその子(以後Aちゃん)に悩んでる的なLINEを送りました。するとその子から「嫌なら環境変えよ!環境変えないい出会いもないで!やから絶対環境変えた方がいい!」と言われました。そして私は色々考えて思い切って転職しました。

 

後日、Aちゃんが同じような悩みでLINEしてきました。「今の仕事が嫌やから辞めたい」と。それが数日にわたって来ていたので、私は言いました。「そんなに嫌なら辞めたら?」と。すると「でも辞める勇気もない。けど環境が嫌すぎて辞めたい」と言ってきました。「あなた私に"嫌なら環境変えよ!"ってめっちゃゆーてくれてたよね?」と言うと、スルーされました。結局まだAちゃんはどっちつかずな状態です。

 

三つ目。@友達。

友達(以後Bちゃん)に初めての彼氏が出来たという話を聞いて最初はテンション上がって聞いてたんですけど、ある日思ったことをあまり口に出せなくて悩んでいました。

 

でもBちゃんは私が以前のクソビッチ時代に「なかなか相手の嫌なとこ言えへんのよなー…」と話した時に「いや、それは嫌なことやから絶対相手に言った方がいい。言わな絶対伝わらんから絶対言いな」と強く言われました。そして結局私はその言葉をきっかけに相手に嫌だったことを思い切って言えました。

 

でもBちゃんは私と同じようなことで悩んでました。「相手の「え?」って思ったことをなかなか言えない」と。あれ。これデジャヴですか。と思いました。

そして私は「あなた、私に"嫌なことは絶対言った方がいい"って言ってくれたよね?」と言いました。Bちゃんは「でも言えなくて…」と言って今も悩んでいます。

 

 

 

いやぶっちゃけ、

 

みんな、なんなん?(怒)

 

みんなさあ、どういうつもりで私に発言してきてるわけ?????って私は思うのです。

 

私的に人には一丁前にアドバイス出来るくせに自分の悩みになるとうじうじされるのが一番イライラしちゃうんですよねー…。

人に発言する前にまずは自分が見つめ直そうとか1ミリも思わないわけ????私はなんで言えばいいの??「うんうんそっかそっか」でいいわけ?????

 

なんかそんなことが重なって人と会話すんのに疲れてどっか遠くの静かなところでゆっくり暮らしてぇ…って最近めちゃくちゃ思ってます。こんなんで疲れたくないんですけど…。もう最近はめんどくさくなって「そっか、へぇ」で終わってます(笑)。否定も肯定もしない。

 

ホント女子って訳分からん生き物すぎる。何を言えばいいんだろう。そもそも私こんな性格なので女向いてない気がする。

 

っていう、愚痴でした(笑)。

 

おわり。