地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

そうだ、うごこう〜ゲリラ豪雨警報の件〜

 

 

どうも。

地球がそろそろ人類に対して本気を出してきましたね。「人類よ。お前らが今まで地球に対してどんだけ酷いことをしてきたか、それを今からじっくり教えてやろう」と言われているような仕打ちが続いてて、「ああ、これも一つの運命なのかな」と半分諦めかけてます。ここまで色々重なると、最早どこかで一旦諦めるしかないでしょ。クソコロナの第二波が順調に蔓延してる上に豪雨で土地がぐちゃぐちゃになったり、もうこれは手の施しようのないくらいに達してる気がします。その上これから台風シーズン到来で、ここにもう大震災が来たら日本は破滅路線まっしぐらですね。そこで死んだら死んだでもう「地球さん、今までごめんなさい」って冥土で頭下げ続けるしかないでしょ。「頭下げて済む問題じゃねえんだよ」って怒鳴られるのは承知の上ですがね。

 

いやまあ地球も破滅寸前ですけど、私の心も最近破滅寸前で色々と余裕がなくなっています。まずい。

 

間もなく終わるニート生活に非常に不安を覚え、気分が今の日本の大気のように大きく不安定になりまくってる私です。

 

ヤバイ。「大丈夫。ゆっくり」って思えば思うほど焦りと不安が発生しまくって心がゲリラ豪雨起こしてる。そうは言っても一応落ち着いてはいるけど、最近天気予報でよく聞く「大気の状態が非常に不安定です」って言葉が今の私のメンタルじゃん、ってなってる。最近「大丈夫かなぁ」って思ってたけど、まさかこんなに不安定になるとは思ってなかったのでちょっと焦ってる。ちょっとじゃないな。かなりだな。

 

色々不安すぎて、今いろんな人と会って色んな話をしてる。

友達じゃない、新しい出会いをめちゃくちゃしてる。色々不安すぎて。

ここ3日くらいで初めて会った10人くらいといろんなお話をした。私にしては異常な数とスピードである。

とにかく誰かと何かを話している間が一番頭使って一番苦しさを考えなくていい時間になってるから、誰かと何か話してないとすぐにゲリラ豪雨になってしまう。逆に言うと、1人でいるとずっとゲリラ豪雨状態なのだ。下手したらゲリラ雷雨ぐらいの勢いになる。

 

とにかく何かしてないとすぐにゲリラ豪雨を起こしちゃうから、朝起きてから寝るまでずっと何でもいいから常に何かしてる。例えば本を読む。外出する。人と会って話す。とにかく「ぼーっとする時間」をなるべく作りたくないと思って動いてる。ぼーっとしちゃうと河川がすぐに氾濫してしまう。

 

焦っている。とにかく何かに焦っている。

焦ったり、極端に不安になることを恐れて、とにかく何かしら動いてる。そうしてないと自我が保てないレベルで焦ってる。自分でもここまで不安定になるとは正直思っていなかった。

 

だ、大丈夫か、私……………。

 

この気持ちを誰にどこにどうやってぶつけたらいいかが全然分からないから、とにかく色んな人と会った。とにかく色んな人の色んな意見が聞きたかった。それを聴いてる間が何故か一番安心する。「あ、私吸収出来てるな」と実感出来るから。

しかし、だ。話が終わると直後にゲリラ豪雨だ。困ったもんだ。

まずい。まずいぞ。

結構大丈夫かな、と思ってたのに、ここまでになるとはちょっと想定外だった…。

 

とりあえず、寝る。おやすみ。

地球さん、ごめんなさい。