地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

そうだ、なやもう〜人生の転換点?の巻〜

 

 

どうも。

 

 

最近、人間関係に悩んでます(ざっくり)。

まあ主に友達付き合いってやつですね。はい。

 

学生時代、「ただ楽しくしていたらOK」だったのが、自分が働き始めて、色んなことに余裕が無くなってきて、その上メンタルもやられて、自分のことをそもそも全然大切にする余裕もないのに相手のことを思いやる余裕も全然無かったけど、それでも長い付き合いだから友達でいたい、仲良くしていたい、って気持ちはあったから何とか楽しくいよう、と心構えていたけれど、まあこんな感じで付き合っていると必ず「限界」というものが訪れるわけです。それが今です。絶賛しんどすぎる期到来です。

 

何故昔のように楽しめなくなったのか?自分は仲良くしていたいのか?していたくないのか?それすらもよくわからなくなってきた。

でもさ。20代も後半に差し掛かって、まあ長いブランクはあったけど少しは会社で働いていたら、そろそろ「自分の今後のキャリア形成」についてと「人間関係の見直し」ってやつを考え始めるわけですよ。そりゃ自分の中の価値観は諸行無常、盛者必衰と言われるように常に変わるわけですよ。ましてや私はメンタルやられた系女子なので尚更。「ただ楽しい」ってだけの付き合いが段々しんどくなってくるんですよ。

 

なんか自分がメンタルやられた系女子になってから本当に色んなことを考えたり悩んだりしたけど、今色んなことを振り返る機会をたくさん作ってるんですけど、なんというか、今までのメンタルやられたことも含め、色んな人生の失敗を経験して(笑)、これからの私の人生において大事にしなければいけないことは「しんどいと思ったことは無理してしないこと、"こんな私でも生きてていいんだ"と思える環境を自分で築き上げていくこと、自分の心と上手く付き合っていくこと」ということだと思ったんですよね。

勿論「無理はしない」とは言っても仕事の面では多少無理しなきゃいけない時はあると思います。でもなんというか、「限界と思うまで無理はしてはいけない」ということを今回の休職で嫌というほど分かったので、そこを肝に今後仕事をしていく上で大事にしようかな、と思ってます。分かりやすく言うと、今の私は飲み会で飲みすぎてトイレでリバースしまくってる状態って感じです(笑)。だから「そうならないように自分はどうすればいいか?」ってのを最近よく考えてます。例えば仕事だったら、難しいけど合わせるだけじゃなくもう少し我儘になってみる、だとか、とりあえず「出来ない」と思ったものはとりあえず「出来ません」って言ってみる練習をしてみようかな、とか、そんなことを復職後してみたいなと思ってます(一応そう言った思いは紙に書いて会社には提出済みなんですけど)。少し上司に反論したいな、と思ったらしてみようと思ってます。怖いけど。少しずつ、出来るようになる練習をしてみようかな、と。とにかく「しんどいな」となるべく思わない努力をしないとな。って感じです。酒を飲み過ぎないようにしないとな、という感覚と同じ感じです。

 

そして今一番困っている(というか悩んでいる)友人関係。

なんか、「自分がしんどいな」と思った付き合いは怖いけど、寂しいけど、ちょっと距離を置こうと思っています。友達付き合いは長けりゃいいってもんでもないと思ってるし。

あと、「自分が我慢したこと」によっていいことって一つも無かった。その結果自分もしんどくなりすぎて、結局疎遠になっちゃったことが殆どだった。

「楽しいだけ」を貫くがために自分が我慢する付き合いを続けるくらいなら、もっと自分のことを受け入れてくれて、お互いに尊重しあえる関係になれる場所を見つけていこうと思い始めています。そもそも今の自分の状況をみんながみんな受け入れてくれるとは思ってないし。

まあ完全に絶つわけではないけど…。

 

まあなんでこう思ったかと言うと、新しい出会いがちょっとあったから、なんですよね。

それこそイエローモンキーのライブで声をかけた人とも仲良くなれたし、今ちょっと色々やってて色んな出会いがあって、そこでいい意味で刺激をもらえたりとかしてて、「こんな私でも生きてていいんだ」って思える機会が少しずつ増えてきたんですよね。

 

自分が病気になって凄く辛かったのは「病気に対して理解してくれる人が少ない」ことだったので(実際自分がメンタルやられたって話をしたら疎遠になった友達もいた。多分どう接していいのか分からなくなっちゃったんだと思う)、今私は『「メンタルやられた人=ダメな人」では絶対ないし、むしろ頑張り屋さんだから何かきっかけさえ与えてくれれば凄くプラスの方向に働くんだよ』ということをもっと社会に発信していきたいと思って色々動いています。まだ動きたてなのでこれといったことはお話出来ないのですが、まあそんな感じで動いていると、案外こんな自分を受け入れてくれる世界ってのは結構存在するんだなぁ、と今凄く思っています。

 

だから何というか、別に病気のことを分かってほしいとまでは言わないけど、病気だからと言って弱者的な目とか差別的な感じとかで見ないでほしい、ということをとにかく伝えたいって思いがめちゃくちゃありまして。

なんかそう思っていると状況は違えど、堂本の剛さんとか滝さんとか、何かしらの病気と闘っている人の気持ちが少しは分かるというか。だからなんか、苦しいし辛いし出来ない自分にイライラしちゃうけど、それでもみんな「今自分が出来ること」を探して生きているのが凄く私の心に響いたというか。

なんかとりあえず「みんな頑張り屋さんなんだ、ただ少し気持ちの伝え方が下手くそなだけなんだ」ってことをもっときちんと理解して欲しいなぁ、って凄く思うんですよね。世の中ポジティブな奴だけが成功するわけではないと思ってる。私の好きになったアーティストは皆「自分が納得出来る生き方をしているか」を探しているように思えるから、なんか私もそんな姿を見て「頑張れるかな」って思える。

まあそんな感じで、今そういう思いでちょくちょく動いていて、きちんと「自分はメンタルやられた系女子だけどそんな自分でも社会に貢献することができるんだぞ」っていうことを証明したくて色々勉強し始めています。日本はまだまだメンタルやられた系の人に対しての対応がクソすぎるっていうことを自分が色々経験したから尚更。とにかくこの経験は失敗だったと思いたくなくて。むしろ今後の人生の糧になる気しかしないな、と思いたくなったんですよ。

 

で、そんな悩み中な時に将司さんが1本の動画に出演した。

【100人のLIVE LOVERS】山田将司(THE BACK HORN) | LIVE LOVERS – 音楽を愛する人々を繋ぐライブ・ラバーズ

これ、私すごい嬉しくて。

だって、ベストライブにあの日の熊谷公演を選んでくれたんだもの。

私のバックホーンの時はあの日の熊谷公演で止まってます。

私もあの時最前列で「コバルトブルー」を泣き叫びながら歌いまくってて、あの日は本当に色んな感情でぐちゃぐちゃになったけど、それでもなんかあの時すっっっごく、「ああ、なんてライブハウスっていう空間は素敵な所なんだろう」と思った。みんなが色んな思いを共有して、一つになって叫ぶことが出来る。あの時間は本当に終始胸が熱くなったなぁ。みんな「山田将司大好きだぞ!!!!!バカヤロー!!!!」って改めて思ったと思うな。

いやなんか振り返ると私の行くライブそういう感情ぐちゃぐちゃ系ライブにちょくちょく遭遇するんだよなぁ…。滝さん事件が発覚したあの野音公演といい、今回の熊谷といい…。

 

なんかこういう動画をみたりとかしてたら、「こんな私でもなんか出来ることあるんじゃないかな」って思えてきてさ。馬鹿みたいだけど。チョロいファンでしかないけど(笑)。

みんな苦しんでるけど、「今の自分に出来ること」を見つけようとしている。だったら私もこの経験から何か出来るんじゃないかな、と思えたんですよね。しくじり先生みたいになってきたけど(笑)。

 

別に私は前向きになったっていう自覚はありません。ちょっと一歩踏み出してみようかな、って気持ちになっただけです。まだ前向きになるのは怖い部分があります。

だけど、今は少しその目標に対して少し頑張りたいという想いが芽生え始めているので、その思いを大事にしたいなぁと思って生きています。

別に特に凄いことはしていません。「こんな私でもいいのか」って思える場所を探しているだけです。なかなか大変ですけど。

 

友人関係の価値観の変化っていうものもまあ生きてたら多少は発生してしまうのかな、ともう半分諦めてとりあえず今はその夢に向かってちょっと頑張ってみようかなと思った2020年夏、でした。

だって多分9mmとかバックホーンなんて「万人受けはそもそもするつもりもない。分かってくれる人が分かってくれてたらそれでいい」ってスタンスできっと動いているだろうから、私もそれは見習って、色んなところから刺激を貰って、そしてまずは明日滝さんにキュンキュンしたいと思います!!!久しぶりの滝さん!!!写真挙げられるだけで嬉しい!!!

 

てな感じの、深夜のぼやきでした。

おわり。