地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

 

 

どうも。ニートです。

 

 

今日はたまには真面目な話でもしようかな、と。

ニートの真面目話とかいらねえよ!って感じですが(笑)。

クソしょーもない自分話ですが読みたい方がいれば。

 

 

ずっと言ってませんでしたが、一年前くらいから実は自分のやりたいことが出来ておりまして。

ちょっと言葉にしたらやる気出るかなぁ、と思って書いてみる。

 

 

ワタクシ、心理カウンセラーになりたいな、という夢が実はずーーーーーーーっとありまして。

臨床心理士…まではいかないけど、もう少しフランクというか、なんというか、ランクが下?というか、まあそんな感じ。臨床心理士ほど専門的じゃない…と言ったら語弊だけど、まあそんな感じ(笑)。

 

 

何だろう、個人的にこの1年以上続いてるお休みを無駄にはしたくないと思ったのと、個人的にこのお休みを全然後悔していないし(むしろ休んでいいと思った)、この経験をむしろなにかプラスに出来ないか、とずっと考えておりました。

 

で、まあ私一応接客業をやっている身でして、一応4年は接客業に勤めていたもので、そこで得た経験は少なからずありました。

何だろう、接客業に就いても別にお客様を相手にすることはそんなに苦では無かったんです。お客様のお話をまずは聞いて、お客様の声に合うような提案をして、そしてお客様と一緒に納得した商品を選ぶ、という一連の流れに関しては全然苦では無かったし、むしろ楽しいと思うくらいでした。

例えば「僕の家は今こういう状態なんだけど、この状態を何とか出来るものってある?」といった声になるべく色んな選択肢を提案する、みたいな。

勿論いいことばかりではありませんでした。上手く提案できず、お客様からクレームを貰ってしまったこともありました(中には理不尽なクレームの人もいたんですが)。

まあ、成功も失敗も含めてこの接客業やって「人の話をきちんと聞く」ということがとにかく大事だということを結構沢山学ばせて頂いたんですよね。これによって私も沢山の成功と失敗を繰り返しました(失敗の方が多かった気もするけど)。

「そんな簡単なこと?」と思われそうですが、これが出来ていない従業員を日常生活でよく見かけるんですよ。意外と。「これありますか?」「あります」で終わっちゃう店員は個人的に嫌いなんです。「これはこちらにあります」まできちんと言える人が好きです。軽い職業病かよ(笑)、ってくらい、なんか従業員の対応とかめちゃくちゃ気になっちゃう人でした。というか、です。

 

 

で、まあこれまでの自分の人生を振り返って、色々考えたんですよ。

そもそも私は大学時代、腐るほどライブに行きまくった奴なんですが(笑)、そのおかげで全国にお友達を作ることが出来ました。就活で悩んでた時、アドバイザーみたいな人にESを考えてた時のネタにも最早この出来事を書いた企業もありました(というか今の会社でも若干書いた)。「これの何が評価出来るんだよ?」って感じですが、人って「出来ないことを出来るようになる」っていうことがなかなか出来なくて(これに関してはわかりみしかない)、元々私はマジで自分から話しかけるのがめちゃくちゃ苦手だったんですが、ライブでマジで話しかけまくって全国各地に友達をめちゃくちゃ作ったっていうエピソードがあり(笑)、「そういうの意外と使えるんだよ」と言われて今の企業で話したらまあ通ったっていうエピソード付きなんですけど(笑)。でも確かに自分が会社で働いててどんな人と働きたいか、って言われたら「人の話をきちんと聞ける人」かな、って私は思います。変な高学歴アピールとか凄いエピソードアピールとか要らないから、「何でもいいから自分の苦手なことを出来るようになった人」「人の話をきちんと聞こうとする姿勢を持っている人」が私は好きだなぁ、と思います。自分の意見をバチバチ言うだけの人よりも、そういう人の方が絶対働きやすいと思う。私は。

 

で、まあこういうことも今の会社で働いてて学んだことで、あとは自分の友人関係も思い返しました。

私はどちらかというと人の話を聞く方が多くて(まあ自分の意見をあまり言えないという大きなデメリットもあるが)、そっちの方が性に合ってるかなぁ、とずっと思ってました。

まあでも聞くだけじゃなくて、ここ最近、友人関係であまり上手くいかなくてすごく悩んで…という時期が続いていて、それは自分に原因があるのでは…?と改めて自分の人への話し方をもう少し振り返りつつ学びたいなぁと思ったのがキッカケのひとつ。

 

で、最大のきっかけがこうやって休んだことです。

休んでからも学んだことは沢山ありました。

まず、自分に合った心療内科を見つけることに大変苦労する。

その時点でまず意味不明なのですが、医者によってはホントに「沢山患者いるからちゃっちゃと終わらせたい」っていうクソ思考の医者もいるんです(実際私も最初に通った心療内科で先生と喧嘩したくらいだからそれだけでめちゃくちゃ苦労した)。これがまずおかしいと私は思ったんです。「何でこんな奴らばっかなんだよ!?」と。とにかく患者の話を聞くというよりも素早く患者を処理する、みたいな医師ばかりなこと。でもまぁ医者はカウンセラーじゃないから、極端な話自分の症状を伝えて診断さえすればいい、っていう感じなのでこれは仕方のないことなのかなと思いました。

 

そこで出会ったのがカウンセラーという存在。

医者と話す前に、自分の身に起こってることや自分の思いなどを伝え、きちんと話を聞いてくれる人。保険適用外ではありますが、「これは…めちゃくちゃ有難い…」と思い、メンタル終わってた頃はめちゃくちゃお世話になりました。

そしてそのカウンセラーが意外とめちゃくちゃ少ない&予約殺到待ちという状況がどこでも発生しているということ。とにかくカウンセリングしたくても予約待ちで全然予約取れない。それが「マジか…」と思った瞬間でした。

 

で、最初はメンタルも死んでたんで何も考える気にもなりませんでしたが、徐々に「私もああいう風になりたいなぁ…」と思い始めてきました。

カウンセラーって、この先絶対永遠に需要あると思うし、永遠にできる職業だと思ったんです。

それもこれも接客業をやったり、悩む友人関係だったり、これまでの人生だったり、自分の性格だったり、それこそ今休んでることだったり…から学べたことです。休まないと自分がこれをしたい!なんて思えなかっただろうし、このお休みをなにかプラスに出来ないか、とずっと考えていました。相手への聞き方、接し方、話し方をもう少し改善せねば…とは前からなんとなく思っていました。

 

親にも随分前には相談してて、「いいんでない?」と言ってくれました。随分前になるのでちょっとやる気出さないとヤバいんですけど(笑)、それでこの度ちょっと本気出そう、と思って心理カウンセラーの資格を本格的に取りたいと思い、資格を申し込みました。

 

今もこの新型コロナでストレス溜まってる人とか沢山いるだろうし、そもそもSNSに簡単に「死にたい」とか言う奴にはイライラしかしなかったんですが(笑)(本当に死にたい人って死にたいって簡単に言わないんだよなぁ…とか思ったり)。

なんかそういう人の捌け口を少しでも作ってあげられたらなぁ、と思ってちょっと頑張ってみることにしました。お医者さんのような大それたことは出来なくても、ストレス大国日本のストレスを少しでも軽くしてあげたい。私のようにはなってほしくない。という考えはこのお休み期間割とずーーーーーーーっと考えておりました。

 

 

まずは心理カウンセラーの資格を取って、その資格の活かせるようなところで最初は働いて(資格取るところが就職口も一緒に探してくれるらしい)、ある程度余裕出来たら自分でカウンセリング事業立ち上げるくらい壮大な夢になってますが(笑) そこはまだ若いからいいよね!的なノリで(笑)、まあホントに最終的には地元(or近畿地方のどっか)でこじんまりとそういうカウンセリング事業が出来たらなぁ、という夢だけ出来ました。…まだ夢だけですが(笑) 日本を陰ながら救いたいぞ!!(?)

 

これだったら今働いている会社が嫌だから辞める、というわけではなく、今働いているところからも学ぶことは沢山あって、ありがたい事に自分に教えてくれた人も沢山いて、こうやって長い期間お休みも頂けて本当に感謝しかないのですが、このお休みも全て引っくるめてより自分がやりたいことが出来たのでそっちを目指したい…というと、結構円満になる気がする…ぞ…(笑)。まあでも、今すぐ会社辞めるぜ!とは多分ならない。お金ダイジ。

 

まあとにかく、難しいことは私には出来ないけど、話聞くくらいなら出来るぞ?って感じです(笑)。

ってことで早速通信講座が届いたのでまずはそれを頑張りたいと思います〜〜〜〜。

 

はー。自分のこと話すのあんま好きくないけどちょっと言葉にした方が自分にやる気出るかなぁと思って(笑)。

そろそろ自分の身は自分でなんとかしたい期に突入してる気もする。

本当は全部事後報告の方がカッコいいけど(笑)、まあとりあえずは資格取るぞー。っていう目標掲げることから始めてみる。

 

てことでSTAY HOMEを活かしてみるぜ〜〜。

久しぶりに脳みそフル稼働させてみるぜ〜〜。

 

 

おわり。

…自分で夢叶えたいぞ!!!!!!!!!!!(涙)

1年前からの夢だから…なぁ…。

 

…恥ずかしくなったら消すかも。