地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

そうだ、はをみがこう〜こんな時だからこそ歯は大事にしようの巻

 

 

どうも。ニートです。

 

某タバコCMで「人の時を思う」とキャッチフレーズしておいて、「人の時を思うならCMすんな」と毎回いい感じ風のCMを流してきてることにイライラしている私です。

 

 

 

さて、突然ですが皆さん、

 

歯は綺麗にしてますか?(笑顔)

 

 

個人的に歯って、就活の次くらいに目に見える現実と向き合うことだと思ってるんです。それくらい「ヴッ……」と胸を抉られる現実だと思ってます。しかしやっぱり人って失敗あってこその経験は凄く大事だなぁとつくづく思います。

ブログでも何度か私の歯の治療について書いておりましたが、私が毎日やってる歯のケアでも紹介しておこうかな、と。

まあ私のケア方法は、正直毎日ディズニーランドホテルに泊まってるレベルのVIP待遇してると思うんで、「そこまでやるか!?」と思われるかもですが、まあこれも私の失敗があったからこそやっていることなので…。ただ、やれば確実に歯は綺麗になります。実際5ヶ月程毎日やって、先日歯医者に行って歯のチェックしてもらったら「綺麗です!」って言われるくらいだから、綺麗にさせる自信はあります。まあ、参考になればと思います。むしろこんだけやって「汚いです」って言われたらマジで自害するレベルです。

 

こんなコロナ騒動の時に「歯が痛い!どうしよう!歯医者行きたくない!」ってなりたくないでしょ????私もやだよ????絶対やだ。

もう痛えよ、って人はいますぐ歯医者に行きましょう。現実と向き合いましょう。酷くなったらもっと大変だから。

 

まー今回は私の体験談含め、家でも出来る歯のケアを紹介しようと思います。やっぱ歯は大事だよ〜。

ちょこちょこブログでも書いてるけど、まとめる〜。

 

事の始まりは約1年前、私は前回歯医者に行ってからもう数年ずっと行っておらず、歯磨きもクソテキトーにやってたので(時々めんどくて歯磨きしない日もあった)、口内汚染が多分めちゃくちゃ酷くなっていました。「磨かないとなー…」と思いつつ、「めんどー…」と思ってやらない日もあったりと、そりゃあもう虫歯でき放題の環境をスクスク育てていました。

 

そんなある日。

私に謎の全身神経痛を襲います。

それはもう歩くことも、なんなら立つことも、寝返りを打つことすら痛すぎて動くのが辛いくらいの神経痛が私を襲いました。

しかし不思議なことに、痛い箇所が日によって違いました。ある日は腕、ある日は足、とか、そういう感じ。

最初はメンタル系なのかな…?と思ったけど、これはもう痛みが酷すぎると思い、神経外科に行ったのかな?整形外科か神経外科か忘れちゃったけどとりあえずそこに何とか行きました。

 

まあそこの医者が若干オネエ系の医者で(笑)、自分の症状を行ったら開口一番、

 

「ねえ、口開けて?」

 

とオネエ口調で言われました。

「????」と思ってとりあえず口を開けたら、

「あー…これは、歯医者さんに行ったほうがいいよ♡」と言われました。

この神経痛の原因が口内環境が汚いせいだと診断されました(どんだけ汚かったんだよって感じですよね)。

更にそれにプラスして、口内環境が汚すぎて喉の奥に「膿栓」という、極小ポリープ(まあ喉にへばりついた膿みたいなもん)的なやつがポツポツ出来てるから、今は大きな影響は無いけど、それも取ってもらった方がいいかもね〜口臭の原因になるからね〜なんて言われてダブルパンチをくらい、そこでまずメンタルが死にそうになりましたが、逆に私はそこで「そうか…歯を綺麗にしたら、こんな神経痛ともおさらば出来るのか…」と思ってその日に歯医者に行きました。医者はしごです。医者はしごとかめちゃくちゃ嫌だったけど、とりあえず歯を綺麗にしてもらおうとたまたま近所に歯医者があったのでそこに駆け込みました。

 

最初は「歯のお掃除をして欲しい」と言いましたが、まあそこの歯医者で歯を見せたら「27の歯茎じゃないね…ヤバイよ」とトリプルパンチをくらい、メンタル死亡しました(爆笑)。まあ、現実から目を逸らしまくっていた結果だからもう仕方ない…これを機に綺麗さっぱりしてもらおう…と覚悟を決めて歯医者に通いました。

まあ私の場合、最初に書いたような歯への怠惰ぶりだったので(笑)、奥歯がほぼ全部アウトでした(爆笑)。

全部アウトはアウトだったけど、結論から言うと奥歯(上下合わせて8本)の歯間に虫歯が出来ていたのと(笑)、そのうち1本だけ神経抜かなきゃ無理ゲーな歯があったっていう結果で、それを聞いたら今までの自分の怠惰ぶりから考えたら私的には「あれ?まだマシなんじゃね?」って逆に思いました。奥歯全部抜歯の覚悟で歯医者に臨んだので(笑)。「あれ?驚かないの?」と歯医者さんに言われましたが、正直思ってたより100倍マシな状態だったので「あんまり…(笑)」としか答えませんでした。

 

ちなみに膿栓に関しては前もブログで書きましたが、マジで出来ないに越したことはないです。あんな地獄二度と思い出したくないです。虫歯治療の1億倍嫌でした。

まあ簡単に言うと、喉の耳掃除バージョンみたいなことをやられる(つまり喉の奥を耳掃除みたいなやつでえぐられる)ので、永遠に吐き気の嵐でまじで死ぬかと思いました。気持ち悪すぎてガチで号泣してたら先生(♀)が「みんなこうなので安心して下さいね〜♡」と優しく言ってきて「もう二度とこんなことしたくねぇ…絶対次からは口ん中綺麗にする…」と心に誓いました。

しかし膿栓に関しては誰でも出来る可能性があるらしいので、まあ、出来たら頑張って下さい♡

 

んでまあそこから半年くらい歯医者に通いました。

 

あ、ちなみにひとつ言っておくと

歯医者って言うほど痛くないっていうことです。

なんか「歯医者は痛い」ってイメージがあるけど、まあ歯医者によるかもだけど私は長い時間痛いと感じたことはほとんど無かったかな。

但しこれは、あくまでも神経に遠い虫歯治療をした場合のみ、です。神経に近くなればなるほど当然神経も反応するので痛いです。でもまぁ痛い…というか、基本麻酔をして治療するので痛みはないのですが、なんというか独特のしみる?的ないや〜な感覚はあります。全身に鳥肌が立ついや〜な感じ。

襲われるのは延々とあのみんなが嫌ういやーな「キュイーーン」という歯を削る機械音で、それを聞いて「あれ…もしやこれ私この後痛くなるのか…!?なるのか…!?」という恐怖感のみ、です。大体そう思ってる間は痛くありません。私の場合、8割の治療が痛くありませんでした。歯医者さんが事前に「ちょっと痛くなるかもですよ〜」と言ってくれてはいたけど、言うほど痛くありませんでした。

 

まあ8割は痛くない治療で終わったのですが、1本ちょっとばかりふかーい虫歯があったのと、1本神経抜かなきゃいかん歯の治療があったので、それは結構痛かったです。どっちの方が痛かったか?と言われると、意外と前者の方が痛い時間は確実に長かったです。

 

歯の神経を抜く治療って、神経を抜くための準備と、抜いた後のケア(抜いた穴を塞ぐので綺麗にしなきゃならない)をしなきゃならんのとでそれだけでめちゃくちゃ歯医者に行かなきゃならないんですよ。4〜5回はその1本のために行った気がする。それがめんどかったくらい。痛いな〜と思ったのは神経抜く瞬間のみだった。なんかフニャフニャの血だらけの2cmくらいの長さの(意外と長いと思った)クリオネみたいなやつが歯から抜かれるわけですが(これが神経)(抜いた後「これが神経ですよ〜」と記念に(?)見せてもらった)、それはさすがに神経に触るので痛かった。タワテラで落ちる瞬間みたいな嫌な感じがしました(笑)。でもその一瞬くらいかな。あとはもうそこは神経が無いので何も感じなくなります。

 

それに比べてふかーい虫歯の治療は長い時間神経に近いところであのキュイーンと鳴るいやーな機械を使って削られていくので、あれは痛かったですね。さっきも言ったけど痛い、というかしみる感じ?がずーっとしてちょっとキツかったですね。

 

まあそんな感じで半年ほど通って、一旦は私の歯の中はリセットされました。おかげさまで私の奥歯は銀歯だらけになりましたが(笑)。

 

問題はここからですよ。むしろここからがスタートですよ。

ここからの予防がとりあえずめちゃくちゃ大事。

マジで歯医者さんに言われたことを忠実に守ってる私、えらいぞっっっっ☆〜(ゝ。∂)

 

私には「もう絶対あんな思いはしたくない…」という信念が根付いたので、とにかく口内環境を綺麗にする事を気を付けています。

 

で、こんなことがあった私のケア方法。

 

①普通に歯磨き(少々雑でもOKとしている)

これは起床直後(朝食前)と就寝前の2回してます。

前までは朝食後に歯磨きをしていましたが、ヒトは寝てる間に口内に莫大な量の細菌を発生させるらしいので、そのまま朝食べちゃうと細菌も体内にドーーーンとしちゃうらしいので、出来れば朝起きてすぐに歯を磨いて下さい、と歯医者さんに言われたことをちゃんと守ってます。全てはあんな思いをしたくないがためです(笑)。

 

あ、ちなみに歯の磨き方も歯医者さんに教わりましたが、特に奥歯は磨きにくいので、口を少し閉じて磨くと歯ブラシが奥まで届きやすくなるのでそうして下さい、と言われたのでそうやってるのと、歯茎に対して歯ブラシを少し斜めにして磨くと歯と歯茎の間の歯垢が取れやすいらしいので、それも実践してます。

 

そこで使っているのが、全歯医者が共通に勧めている無敵の歯磨き粉。

↑これ。

どこの歯医者のカウンターに絶対置かれている(と思われる)無敵歯磨き粉。世界の(?)コンクールさん。

オカンも歯医者で働いてた経験があって、これを使ってることを言うと「そんなええもん使ってんの!?そこまでする!?」と言われるくらいの無敵歯磨き粉です。歯医者業界で知らない人はおそらくいないと思われるくらい勧められている歯磨き粉だと思います。

値段も1本1000円で買えない値段でもないし、1本で普通の市販の歯磨き粉くらいの量は普通にあるので長く使えるため、これでまず歯を磨いてます。

 

②別の歯磨き粉で前歯の表面を磨く

まあこの無敵歯磨き粉、特に歯茎に効果抜群で無敵なのは無敵なのですが、1つ大きな弱点があって、それが研磨剤が入ってないことです。これが無いとどうなるか?というと、どれだけ毎日磨いても磨いても前歯の表面がどんどん黒ずんでいくという意味不明なことになってきます。

この「黒くなっていく」というのはですね、虫歯とは違って、例えば日常生活でよくペットボトルのお茶を飲む機会が私は多くてですね。それを飲むと歯にお茶の色素が付着するんですよ。それが原因で歯がどんどん黒ずんでいくのですが、私の場合、これを使い始めてから1週間後にはもう前歯がめちゃくちゃ黒ずんできました。「なんで!?!?」と歯医者さんに相談したら、まあそういうことみたいなのです。

 

そこで歯医者さんから勧められたもう一つの歯磨き粉がこれ。

↑これ。

CMでもちょくちょくやってますね。これには研磨剤が入っています。

最初は歯医者さんから試供品を貰って、それが市販のやつの3分の1くらいの量があり、まあまあの量あったので、コンクールで歯全体を磨いた後、これで前歯の表面を磨いています。これをすると確かに今まで黒ずんでた歯が黒ずまなくなりました。

二度手間だしめんどいなーって時々思うけど、私の中の「もうあんな思いはしたくない…」という思いが強すぎるので(笑) この2段階作業はどうしても外せなくなっています。歯茎無敵歯磨き粉した後に研磨剤で表面磨けば歯の表面はとりあえず綺麗になるだろ、と思ってやってます。

 

でまぁ、ここでとりあえず歯全体(主に表面)のケアは終了。

しかしここからがめちゃくちゃ大事。

 

③糸ようじ(歯間ブラシ)

これがマジで大事。マジで。

 

高い歯磨き粉、高い電動歯ブラシなんか使う必要なんて一切ない。つーかむしろ歯磨きはざっくりでいい。

それよりも100均の糸ようじさえ毎日やってりゃ歯は絶対綺麗に保てる。

これはマジで言い切れる。

ここをめんどいって思ったら、もう歯周病路線まっしぐらです。マジで。

 

糸ようじを毎日やってて思ったけど、そりゃあ日本人の3人に2人は歯周病になるって言われる理由が分かるな…と言われるくらいどんなに丁寧に歯磨きをしても必ず歯間には多量の歯垢が詰まっています。

だから私も歯間に虫歯が出来たりしてたんだ…と思いました。毎日結構な量の歯垢が取れます。

だから歯磨きだけで全てをケアしようと思ってては歯は綺麗にならないぞ、ってことを改めて経験しました。

ちなみに糸ようじは100均のやつ(私はダ●ソーの70本入のがしっくり来てるのでそれを使ってる)でやっておりますが、所詮100均のなので惜しみなく使ってます。とりあえず糸ようじに歯垢が付いたらor2〜3本の歯間掃除したら新しい糸ようじに替えてます。

 

ここで歯の表面、歯間をケアしてさあ終わり!と思いきや、まだ終わりません(笑)。

 

まだ私の本来の目的「口内環境を綺麗にする」ということが達成されていません。

ここまではあくまでも歯のケアのみ。私の中では部屋の整理をしてるけど、まだクローゼットの中を綺麗にしたレベルなのです。肝心の部屋全体がまだグチャグチャな状態なのです。

 

ここで最後の仕上げ。

 

④おくちクチュクチュする

これも大事。だと思ってる(笑)。

 

やっぱ口の中全体を綺麗にするにはおくちクチュクチュするのが1番いい!と思って、これも毎日2回歯のケア後クチュクチュしてます。

(医薬部外品)【大容量】 モンダミン プレミアムケア マウスウォッシュ [1300mL]
 

↑私はこれを使ってます。

なんでこれを使ってるかと言うと、なんか「プレミアムケア」って書いてるから歯の中もプレミアムになりそうだなと思ったのと(アホ思考)、液体が金色だから更にプレミアム感増して見えたから(アホ思考)ってのが理由です(笑)。

何よりこれだとトラベル用とかでコンビニに超ミニサイズが売ってて、どこかに泊まりに行った時でもこれが使えるからありがたいと思って使ってます。

まあとりあえず口の中綺麗に出来たら何でもいいや、と思ってこれをずっと使ってます。

このプレミアムケアは、アルコールタイプとノンアルコールタイプの2種類がありますが、違いは口の中がシュワシュワするかしないかの違いだけです(多分実際は他にもあるんだろうけど)。私はシュワシュワが嫌いなのでノンアルコールタイプを使ってます。

多分これは本当に歯のケアの最後に使うのが1番いいんじゃないかと思います。最後の洗浄的な意味で。

 

 

以上が、私のかれこれ半年以上毎日続けてる恐ろしいくらいの歯のケアです(笑)。全てはあんな思いをしたくないがため…………。最早執念とも言えるけど(笑)今ではここまでしないと落ち着かない体になりました。

しかしそのおかげで前はグジュグジュだった歯茎がしっかりと綺麗なピンクになっています。

 

だけどこれも言っておく。

どんなに自分で綺麗にしていても必ず限界はあるので定期的に歯医者に行って掃除してもらいましょう(治療後なら2〜3ヶ月に1回くらいがベスト)。

こんだけ私もやってるけど奥の奥はやっぱり綺麗にしきれないと言われたので、やはり自力でやるには限界はあるし、本当の意味での仕上げはやっぱり歯医者さんに行くことですね。そして何より歯医者に行くことを恐れないことが1番大事ですね。現実と向き合うのは嫌だとは思いますが、私は「これさえ治せば私の体は治る…!」という気持ちで通い続けていましたので。

 

少しでもこのご時世歯医者に行く回数を減らすにはこれくらいしてもいいのでは?と思います。

STAY HOMEだしやってみようZe☆〜(ゝ。∂)

 

ま、どんだけ自分で歯に気を付けていても、今の私は親知らずの恐怖があるので悲しくなるだけですが…(笑)。マジで親知らずの藁人形作ってやろうかな…(震)

 

 

以上、顔はブスでも歯は大事にするようになった奴の記録でした☆〜(ゝ。∂)

 

 

おわり〜。