地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

おとことおんな


どうも。ニートです。


今日は珍しく関節痛がどこも痛くありません。こんなに両手両足が何事もなく動かせることが有り難いと思った日はありません。やっぱりこういう有り難みって自分で経験してみないと分からないもんですよね。

しかし月イチの血祭りが予定より1週間も早く来てしまい、重い生理痛によるホルモンバランスの乱れとこれまでの積み重ね(?)による免疫力低下(多分)が重なって今めっちゃ体がだるいです。何にもする気が起こらない。気分の高揚とか全然無い。動いたとしてもすぐ疲れる。今までに無いような無力感と倦怠感。これは酷い。「無」ってこういうことなのか、と。私の体は一体どうなってしまったんだ…?



はい。
最近はロビンホリックに陥った途端、私には空前の(?)バンドブームが来ております。今はバンド好き期。


THE YELLOW MONKEY祭りが始まりました。
マジで色々タイミング的に私の好き度とピッタリすぎて泣ける。新アルバムの宣伝ウィークが始まって私は嬉しい限りです。


朝起きて携帯を触ってたらYouTubeに3月末にシューイチに4人が出ていた映像を上げている人がいて、普通に嬉しくて見てしまった。ただのお茶目なおじいちゃん4人じゃん…可愛いなおい…ってなってた(笑) ロビン様のベストソング「LOVE LOVE SHOW」とか運命だね!!!私も丁度先日この曲が可愛いって話したばかりだよ!!!「作れと言われて1番難しいのがお気楽ソング」とかめっちゃ笑うわ。ロビン様の全力のお気楽ソングが「LOVE LOVE SHOW」とかそれでもカッコいいからね???「"がんばっちゃうもんね"とか言ってるんだよ?」って、うんもうそれがお茶目で好き。


でもなぁ…こないだ全曲シャッフルでTHE YELLOW MONKEY聴いてたら謎のクソ曲が出てきてネタ班の血が騒いでしまったよな……。

なんだこの曲は…………!!!!!!!!



で、今日は「MUSIC FAIR」に出ててまたなんかトークがお茶目なおじいちゃんかましてて「何だよこの微笑ましいおじいちゃん達は〜〜〜(褒めてる)」って1人でほんわかした気持ちになりました。それでも歌はキッチリカッコよくキメてくるからあざといわ〜〜。ホントあざといわ〜〜〜。SPARKもI don't knowもフルで歌ってくれて有り難かった。勿論録画しました。

次のツアー、めっちゃ参戦する予定なので楽しみにしています!



ようやくCD音源で「名もなきヒーロー」聴けました。

病院へ行く車内でエンドレスリピートして聴いてて「今の私にピッタリな曲じゃん…」って普通に感慨深くなりました。結構この曲私の中でキーポイント曲になる気がする。

名もなきヒーロー

名もなきヒーロー

(何回音源貼るんだよおばさん)


なんというか…本当に今まで色んなことを思った上でこの曲が出来上がったんだな、っていうのが物凄く伝わってきたし、今時のストレートな前向きソングみたいに「頑張ろうぜ」とか「進んで行こうぜ」とか「前を向いていこうぜ」とか言ってるわけでもなく、この曲のポイント的部分の歌詞である「生き延びて会いましょう」っていう言葉が改めて突き刺さったよね……。滝さんもWaltz on Line Liveで「バンドマンがそんなストレートな言葉を言ってもね〜〜〜」ってのほほんとした感じで言ってたのが天使すぎた。

なんか…「人生良くなくたって別にいいじゃん、良くないのも人生のうち、まあとにかく生きてこうぜ」みたいな感じで何というか…捻くれ者感が程よく出ていて「あぁ〜卓郎さん〜」ってなった(笑)


ロッキンの卓郎さんのインタビュー読んだ時に、今までの9mmとこれからの9mmの話してて、改めてこの4人で9mmを続けていくという選択肢をしてくれてありがとう、っていう思いしか無かった。

今別のバンド界隈で色んなニュースが飛び交っていますが、色々ありながらもこうやって「続けていく」という選択をしてくれている9mm Parabellum BulletTHE BACK HORNと、色々あったけど「これからはずっと続けていく」と言って虜にさせてくれたTHE YELLOW MONKEYにはホントに感謝しかありません。続けてくれるということがファンにとってどれだけ嬉しいことか。すばるだってそう。今までも色々思うことはあっただろうけど、別の形で「音楽を続ける」という選択肢をしてくれていることがとても嬉しいし(今のところ音沙汰全然ないけど)、剛さんだって今までも色んなことに悩んだだろうけど「やっぱり音楽は続けていきたい」という選択をしてくれていて。KinKi Kidsだって「色んな形で続けていきたい」という選択をしてくれてるわけだし。だからとにかく私の好きなアーティストは皆色々考えて考えて悩んで葛藤した結果今の結論に至っているという人が本当に多くて。やっぱそういう人たちって凄く魅力的に見えるんですよね。


だからまあ何が言いたいかというと、
「名もなきヒーロー」最高です、って話です(笑)
いやホント今の私にとても響く曲ですわ…。
野音で聴いたら泣くかも(大阪)。




最近某バンドが「男性限定ライブ」を行うことに対して女性が死ぬほどキレてるという話が炎上していますね。私も実際拝見しましたがまあ酷いもんだ。「これは男尊女卑だ」「今まで支えてたのは誰だと思ってるのか。女だろ。その女に感謝しないなんて有り得ない」とかまあ酷いもんですよ。別にこの話題に突っ込む気は無かったけど流石にこの「女優遇しろ」っていう考えを持ってる人には「お前頭おかしいんじゃないか」って思ってしまう部分もありますね。公式サイトを見てみたけどFC限定だったけど謝罪してたのヤバすぎる。何があったかは詳しくは知らないけど、「男だけ権利やって女は見る権利ないのはおかしい」と言うのは筋違いなんじゃないかと。

今も昔に比べたら女性が結構優遇されてる環境になりつつあるのにね。女性専用車両が出来たり産休育休とかあったりまだまだ発展途上だけど女性でも働きやすい環境作りとか一応してくれてるし(整っているとは言ってない)。そんなこと男性には殆どないんですよ?こないだ女性専用車両に化粧スペース作って欲しいとか色々要望書いてる人見てドン引きした。


私も女だけど確かに優遇されるのは嬉しいけど「女だからもっと敬え!!!称えろ!!!優遇をもっとしろ!!!」と言うのはおかしいんじゃない…?ってちょっと思うわけです。お前ら何様だよ、って。


あと単純に「同性から好かれるアーティスト」って凄いと思いませんか?私の好きなアーティストだって結構同性からの支持も多いです。そこが非常に魅力的。あとやっぱり同性の前で演じるほうが楽なんだろうね。あの…正直女転がすのなんて簡単ですよ(笑)「ちょっといいな」って思ったらすぐ沼に落ちるし(笑) だからアイドルってホントうまい商売だと思いますわ(笑) 個人的には男性をハマらせる方が難しい気がするんだけど…そこはちょっと女なもんで分からないんですが…とにかく異性からも同性からも好かれるって結構難しいと思うんですよね。ましてやバンドマンなんて人柄じゃなくて曲で魅了しないといけないんですから。だから単純に某バンドの男性限定ライブをドームでやるってのには素直に凄いと思いました。



なんか…もっとみんな平和に生きようよ。

何でそんなにマウンティングとか取りたくなるんですか。何でそんなに「私楽しいんです」アピールをしたくなるんですか。何でそんなに承認欲求に駆られるんですか。もう何事も個性個性って最近は煩くて鬱陶しいし…なんかもうホント疲れるね。だからTwitterInstagramもやる気が全く起きないんですよ。周りの話を把握しておかないと落ち着かないとかじゃなくて、もっと自分の感性を信じようよ…。なんかそういうのに疲れてやめたからなあ。この情報過多すぎる時代に。


時々「私も男に生まれたかったなあ」って思う時があります。男は男で大変なことはあるだろうけど、この女の粘着質な感じがとてつもなく苦手だし、カーストとか泥沼とか修羅場とか女らしさとか全部バカバカしくなる。そういうの全部取っ払って全てさっぱりした人じゃないと私多分一緒にいれないわ。だから正直…「女ファン」としてバンドのライブに行くのが凄くためらわれる時とか結構ある。「ここのバンド女ばっかじゃん。どうせイケメンだからだろ」って女が来るだけで勝手に思われちゃうじゃん。そういうのがムカつくし、そんなこと言われないようになりたい、って結構思う。某化粧品CMで「女の子ってホント楽しい!」とか言ってるやつ見るとテレビ画面割りたくなるし(笑) 「何が楽しいんだよ…」ってめっちゃなる(笑)


まあとりあえず話が脱線しまくりましたけど、なんかもうちょっと寛容な心は持てないのかい…?って凄く思ったし、自分は絶対にそんな人間にならないでおこう、と思いました。


「天国旅行」でも聴いて寝ます。
これを聴いた時「あ、THE BACK HORNでいう"コオロギのバイオリン"的立ち位置の曲だ」って思いました。大作。名曲。



おやすみなさい。

私も心の天国に行きたい………………。