地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

ブログを書く意味について


どうも。ニートです。


最近よく見かける記事がありまして、私はそれに疑問を呈しております。


「面白いブログを書くには」



はて?

ブログって面白い記事を書かないといけないのでしょうか?
ブログって面白い記事を書くべき世界なのでしょうか?
何でそんなに「面白い記事」にこだわるのか?っていつも思います。


私的にブログってその時に自分が思ったことをそのまま書けばいいもの(常識の範囲内で)だと思ってたので、なんかその「面白い記事を書くべき」っていう概念に驚いております。


そりゃあ、面白いと思われた方が閲覧数も増えて読者数も増えるから人に見られる機会は大いに増えると思います。だけど「面白い記事を書かなきゃ」っていつも思い続けるとそりゃあいつかネタ切れしてブログ更新を怠るよね。毎日面白い事なんて起こるわけがない。って私は思う。しかし何故そこまでして閲覧数・読者数の増加にこだわるのか、私には全く分かりません。私のブログは自己満足でしかないので自分がこうって思ったことをそのまま書いてます。たとえ今私のブログの読者数が0になったとしても、私はこのブログを続けていくと思います。別に読みたい人が読んでくれればそれでいいので。


私も楽しいことがあればそれを書くし、気分が落ち込んだらそのことも書くし、ただの今の自分の気持ちの吐き出し場所にしているだけなので、ジャンルなんてバラバラです。


その「面白い記事を書くには」っていう記事でよく書かれてるのが「読者ターゲットを絞るべき」と書かれています。これも「はて?」なんですよ。そりゃあもう「自分はアイドルが大好きだからアイドルの事しか書かない!!!」って決めた人だったらそれはそれでいいと思います。でも絶対他のことも書きたいなって思う時もあると思うんです。人間ですもの。感情ってもんが沢山現れてくるはずなので。よくアイドル記事で見かけるのが「アイドル以外の記事を書いてすみません」と謝罪しているもの。…これもどうなんだ、って私は思いますけどね。「別に良くないか?」って私は思うんですけどね。だからなんか…気持ちがネガティヴな時に書いた記事でも大体の人が謝ってることに私は違和感を覚えています。何で謝るの?別にその時思った感情なんだからそのまま書きゃあいいじゃん。って思うんだけど、大体の人がネガティヴな記事では謝ってる。ネガティヴになることってそんなに悪いことなの?楽しい記事しか提供しちゃいけないの?何をそんなに怯えてるんだ?炎上すること?悪口を言われること?よく分かりません。


私は何度も言っていますが、バンドも好きだしアイドルも好きだし旅も好きだから書く内容もバラバラだし無駄に色々考えすぎちゃう人間だからネガティヴな記事も書いちゃうし読者ターゲットなんて絞っていません。そもそも「特定のこういう層に読んで欲しいなあ」なんて思いながら書いたことなんてありません。バンドの記事なら特にバンド好きさんに読んでもらえたらいいなあって思うし、アイドルの記事だったらアイドル好きさんに読んでもらえたら嬉しいなあ、とかちょこっと思うだけです。別にそれで何か得になるかって言われたら何もないですけど(笑) ブログって人を得にさせるためにあるもんじゃないでしょ、そもそも。ブログを本業としている人ならまた話は変わってきますけども、趣味程度でやるくらいならそこまでこだわる必要も無いんじゃないかと。「ふーん」で終わればいい世界なんじゃないかと思ってます(それはそれで冷たい)。


だから書きたいネタは個人的には今結構あるんです。でもその大半が結構どうでもいいことです(笑)


だから…何故そこまでしてブログの閲覧数・読者数にこだわるのか全くわかりません。何故沢山の人に読んでもらいたいのか?何故そこまでして多くの人の目に入れてもらいたいと思うのか?あなたは有名人にでもなりたいんですか?私は絶対なりたくありません。だからそれもある意味「承認欲求」の一つだと思っています。「出来るだけ多くの人からの共感や評価を得たい」それだけなんだと思います。ふーん。(笑) 私はもう路地裏のドブの下くらいで生きているような、それこそコソコソ細々と生活していたい人間なのでそこにこだわりたいという気持ちは全くありません。だからはてなブロググループとかにも登録してないし、なんか辿り着いた、って人でなんか面白そう、って思ってくれた人だけが読んでくれたらいいかなあと思ってます。日によって書く内容なんてバラバラなので。


私が好きなブログは、ジャンル問わず何か思ったことを出来るだけ簡単に、シンプルに書き綴っている人です。難しい言葉を多用している人とかあんまり好きじゃないです。「私こんだけ頭いいんだよ、知識あるんだよ」っていうマウントを取っているようにしか見えないので。別に人生アホでもいいじゃん。でもあまりにも頭悪そうな記事とかもあんまり好きじゃない(笑) 「こいつ絶対頭の中常にお花畑だわ」と思った記事もあんまり好みません。まあその分人生楽しそうとは思いますけどね(笑) まあ例えば記事に絵文字を使う人。99%女子にありがちなんですが、「❤️」とか「😍😘✨」とか多用する人とか見ると「なんか頭悪そう…」って思っちゃう(笑) 男で使ってたら引く。


だから…何で一般人がそこまでして影響力のある人間になりたがり、共感や評価にこだわるのかがいまいちよく分かりません。匿名で相手に顔が見られないからこそ、そういった影響力の大きい人間になりたいという欲が出てくるのでしょうか。影響力のある人間になって、どうしたいのでしょうか。何を成し得たいのでしょうか。皆「ただ沢山の人に見てもらいたい」っていう欲だけで記事を書いているだけだからブログが続かないんじゃないでしょうか。元々ブログをやっている当人が影響力のある有名人とかなら話は別ですが、ただの一般人がそれにこだわる理由がイマイチ分かりません。


だからインスタとかもある意味「マウント」の世界で怖いな、って思うんです。ただ日々の何気ない写真をあげる世界だったら良かったのですが、いつしか「私の生活はこんなに充実してるのよアピール大会」としか思えなくなったから私はやめた。とにかく全人類が「インスタ映え」にこだわる世界になりつつあって怖い。



私は現実世界では他人の目をやたらと気にしてしまうクソな人間だからこそ、ブログだけは他人の評価を一切気にしない世界でいたいなあ、と常々思っております。だからこれからも書きたいなあって思った時に書くし、書くネタも日によってバラバラです。



おわり。