地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

身内がボロボロになっている話


どうも。ニートです。


今日、初めて地元の心療内科に行きました。
今までの経緯や今現在の状態、これからどうしていきたいかなどとりあえずお話しました。


先生はいい人…というかザ・関西人だな!っていうようなめちゃくちゃ面白い人で、話の波長が合うっちゃ合う人で「これは受診したいな」って思えた先生でした。


しかし…私の埼玉生活で通っていた病院を先生も知ってたみたいで(しかも悪い意味で)、まあ診断書くれなかった事件のことや先生と何度か揉めた話をすると「何となく"ヤバイ"とは患者さんからもちょいちょい聞いてたけど…ホンマにヤバイんやな…普通そんな病院ないで(苦笑)」と普通に驚かれた(笑) あ、そうなんだ、ってそこで普通に思ったよね。私も初めての病院だったし「病院なんてそんなもん」とは思ってたけどどうやら違うらしい。でもやっぱり産業医が「今すぐに休め。そして診断書を貰ってこい」と言ってるのにしかも証拠もあったのにくれる気配がないってのはどう考えてもおかしいと言ってました。


しかも1つ愕然としたのが、私が今1日2回、朝晩食後に1錠飲んでいる薬があって、それを見て先生が「さらに言うと…今あなたの飲んでいる●●という薬、それは心療内科でも結構スタンダードに出してるやつやしそれはあなたにも合っている薬ではあると思う。やけどその薬、1日1回しか飲んだらあかんっていう薬やねんで」と、言われた。


え?
ってめちゃくちゃデカイ声で言ってしまったし(笑)


つまり…あれ??前の病院ヤブ医者フラグ???


って思ったね。で、その病院で貰ってた睡眠導入剤も確かにそれを飲めば深い眠りにつけるんですが次の日まで効き目が続いてぼーっとすることがあるって話をしたのですが、「うん、効きすぎて合ってへんのやな、ホンマ殿様営業やな……ヤバすぎやん……」と普通に驚かれた。ただこの薬、どうやら中途覚醒をしない為の薬なので私がここ最近悩んでいる時々目が醒めたり眠りが不安感でめちゃくちゃ浅くなって悪夢をめちゃくちゃ見たりする症状を抑えるのがメインだから、睡眠導入剤とはまた違って一応適してはいる薬らしい。ただ処方の仕方が適当すぎると言われた。


私めっちゃヤバイ病院通ってたフラグじゃね????


まあ…ホントに最近はその病院に行くのがストレスだったからなぁ…。「ああまたあの先生に冷たくあしらわれるのか…」って。「それもなんか流れ作業的な感じで診察していかはんねんろ?ホンマヤバすぎやわ…」と、とりあえずヤバイとめちゃくちゃ言われた(笑) でもそれって普通に考えたらおかしいよなぁ…って今更になって気付くという。


んでとりあえず今飲んでる薬の量を減らして飲むか、思い切って違う薬を飲んでみて様子見てみるかどっちがええ?と言われたので後者を選んで比較してみようと思った。


なんかとりあえず埼玉生活でのずっと通ってた病院には行かない方がいいのかなあって思ったのと、何というか…そのずっと通ってた病院が「とりあえず」とか「しゃーなし」感がホントに半端なくて患者の声を全然聞いてくれない感はあったし、ホントに流れ作業感しかなかったし(診断書貰えない事件の時も揉めてる途中で「そろそろ次のお客様が来ますので…」みたいな感じでスタッフさんが言いにくるしそれもめちゃくちゃ腹が立った)でも私も初めてだから全然分からないしとりあえず地元に帰ってくるときに中途半端な時期に病院を変えると手続きが面倒だからってことでとりあえず通ってはいたけれど…。


なんか私は今日行った先生の話を聞いて、私は正しい診断を受けて正しい治療を受けたいって思った(てかそれが医者の仕事であり当たり前のことだと思ってたんだけどなぁ)。んで正しい治療を受けて、きちんと「もう私は仕事に行ってもいいかな」って思える状態で会社には復帰したいって思った(その為の休養だったはずなのになぁ)。


今書いてる診断書も私は「適応障害」と書かれているけれどそれも本当なのかどうか分からないし分からないままとりあえず感マックスで薬もずっと飲んでて何となくモヤモヤ感しか残らない感じが休み始めてずーーっと確かにあった。


で、今日会社の保健師さんに電話で相談した。

地元に帰って治療は受けるって話はしていたけれど、私今のプランで埼玉に帰る予定だったら地元の病院に通うのは次が最後なのね。で、なんかせっかく正しい治療をしてくれようとしてる病院に出会えそうで様子も見てくれそうな病院に当たったのに、次の一回で最後になるのが何となく納得いかないというか…なんか今まで通ってる病院よりかは全然正しい治療をしてくれそうなのに、次で終わりかよ?ってなって、しかもそこの病院は先生がその先生しかいなくて尚且つ予約も比較的取りやすいんですよね。診断書も次の分出しますよーって言ってくれたし…。だから…「もう少し地元で正しい治療を受け続けたいのでこれで終わりってのもなんかアレなのでちょっと休職を延長したいのですが…」と言うと「いやもうそれが大賛成だから全然そうして下さい。医者ときちんと話し合ってきちんとした診断を受けて、治ったよって言われたら復帰すればいいし、もう少し治療が必要だねって言われたらそのまま治療を受けてていいと思う。とりあえず前の病院が微妙すぎるから(笑)」と言われた。


確かに私の最近のメンタルはストレスのない環境にずっといて、前に比べると落ち着いてはいるし、楽しさとか色々取り戻しつつある。だけどなんていうか…自分が納得出来る治療をやっぱり最後は受けたいなって思って…。今までモヤモヤしながら何となく通い続けた病院も何だか嫌だったので…。ただやっぱり延長ってなるとそれなりにまた会社にも迷惑をかけるわけで…「まだ休むのかよあいつ」とかめっちゃ思われそうでそれの躊躇いがめちゃくちゃありますね…。皆には3月末って話でお話はしてたから3月末までかな、って私も思ってはいて治療はしていた。だけどなんか…やっぱり自分が納得出来ないとやだなーって最後は思っちゃうんですよ。それってダメなことなのかなぁ…って…。やっぱり休めば休むほど躊躇いと焦りはめちゃくちゃ出てきますね。「早く復帰しなきゃ、早く復帰しなくちゃ」って。今日も延長どうしよっかな…ってなった時も躊躇いしかなかった。ただまあ会社的にも再発されると困るからどうせがっつり休むなら納得出来るまで休んでほしいとは思ってるとは思う。んでまた「仕事しよ〜」くらいの気持ちで来てくれたらそれでいい、とは上司は言っている。私もそんなに休みたいわけではないし、店の人間に多大なる迷惑をかけてはいるとは思ってるけれど、そんなことを考えている場合じゃない…って思うと、復職するときには最初は慣れてる職場に一瞬いて、それからどこかに異動とか希望しようかなあとか考えてたけどもし延長になったら…そのまま異動の方がいいのかな、とか考えたり…。なんかもう迷惑をかけた人たちの顔を見るのがとてつもなく辛すぎて…。だったら心機一転新しい部署で私の事情を何も知らない職場に行った方がまだストレス感じなくて済むのかなあとか何だか色々考えてしまった…。



ただね、母親も私よりずっと酷い精神病でホントに弱ってるわけさ。今日病院帰りに車で送ってもらってる時にさ、

「これは会社によると思うんやけど…私の働いてる会社は社員は3ヶ月以上病欠でも何でも休んだら、クビになんねん。…あんたんとこ、大丈夫か?」

と言われてとてつもなく不安になったわけです。というか落ち込んだ。「あ…私この家に居ない方がいいのかな…」とか「なんか…"そんなに休んでんじゃねえよ"って言われてる気がした…」とか思ってめちゃくちゃ落ち込んでます。一応「それは全然大丈夫」とは言ったけど…なんか「お前ズル休みしてね?」って親から言われてるような気分になった。めちゃくちゃ凹んだ。なんか一瞬「明日にでも埼玉帰ろうかな…」とか思っちゃったもんな。私の居場所、無し!!!!!(爆笑) なんか前に見た悪夢が現実になってる気がする。っていうか母親自身が自分のことでいっぱいいっぱいになってるところに病人が1人増えるってめっちゃ迷惑な話だよな…ってかなり考えている。特に父親にはこんな娘で申し訳なさすぎるという気持ちしか湧いてこない…。


まあ年末年始休んだ時も祖母に「あんたほんまにそんなに休んでて大丈夫なんか?あんた…会社から期待されてへんのとちゃうんか…?」とかめっちゃ言われてめちゃくちゃ凹んだ。でも祖父が大変な状況にある祖母には絶対に自分の状況は言えなくて、結局言わなかったんだけどさ。なんかどんどん…責められてきてて…私の居場所イズどこ状態になっている………。「やっぱ私なんかが休んでたらダメなんだよな。ゴメンなこんなメンタル豆腐の無能なクズで」って最近また思うようになってきた。あー涙出てきた。マズイぞ。




今日、母親が一瞬過呼吸で倒れた。

私自身も過呼吸には何度かなっているので特に驚きもなく「あ、過呼吸だ」くらいに思ってとりあえずそっと背中を撫でてあげてたんだけど、まあうちのアホ犬が突然鬼の形相になり「私の飼い主に容易く触んじゃねえ!!!!今大変な状況にあるのに!!!!」と言わんばかりにさすってる手にめちゃくちゃ強く吠えて噛み付いてくるわけさ。普段もうババアだから落ち着いてるのに。そして母親に近づいて母親の顔を優しく舐めるわけさ。なんか…私のお母さん、ホントに犬にすがりつくしか無かったんだな…犬しか頼れる相手がいなかったんだな…ってめちゃくちゃ苦しくなった。なんかもうホント色々ごめんなさい、ってそこでめちゃくちゃ思った。こんな親不孝な娘でごめんなさい…ってそこでめちゃくちゃ思ったから、実家にいるべきじゃないのかなぁ…とか思っちゃった。


「私はどうしたらいいでしょうか?」と言う意味も込めて父方の祖父の仏壇にお線香をあげた後、仕事から父親が帰ってきて色々相談した。父親にも前の病院の話をしたら「それはヤバすぎる(笑) 今すぐ行くのやめた方がええわ(笑)」と言われた。まあそうだよね。そんだけ言われたらヤバイんだよな通ってた病院(苦笑) で、父親は延長することも家にいることに関しても全然ええよ、って感じだった。有難いんだが…父親にも迷惑がかかっているような気がしてなんかもう…私ホント消えたい…ってなってきた。


そんなことをぐるぐる考えながら、まあ過呼吸がとりあえず落ち着いた母親と話してて「(この過呼吸)よくあるん?」と聞くと「週一くらいの頻度であるから気にせんとって」と言われて「いや、週一ってめっちゃ気にするやん」としか思えなかった。「でもパニック障害とは言われてへんねん」と言われた時、頭に思い浮かんだのは堂本の剛さんだったよね…。(めっちゃ不謹慎かもしれないけど)


いやもう、パニック障害も患って、突発性難聴にまでなってしまった彼に「KinKi Kidsとしての活動をもっとしてほしい」なんてワガママはとてもじゃないけど言えないわ。って思った。KinKi Kidsを続けていくという選択はしてくれてるけど、今でも発作が時々起こり、耳も不十分な状態でいる彼に「もっと活動して〜」なんて容易く絶対言えないわ。ってめっちゃなった。彼も1人の人間だよ。ファンのワガママとか言ってる場合じゃないよ。私は本当に自分にも周りにもこういった状態にある人を見て、自分でも経験して、人と接することの難しさだったりを少なからず学ぶことが出来て、もう絶対に彼に「もっと沢山活動して」なんて言えないわ。って改めて強く思った。むしろお前らどんな面下げてその発言してんだ!?あぁ!?って感じだわ。だから私は、剛さんが剛さんのペースで自由に楽しく活動してくれたらもう何でもいいです。って感じなのです。それがKinKi Kidsの活動でも、KinKi Kidsとしてじゃないソロ活動でも、とりあえず彼にはいつまでも笑っていてほしい。彼から自由を奪ったら、ホントに消えてしまいそうでその方が嫌だ。だから私はただそれだけを願います。


で…父親と話してる時も「まあ見ての通りお母さんもめっちゃ弱ってはるから、あんまり連れ回さんといてあげてな」と言われた。父親も私と同じ感じで、あんまり強く怒れない性格である(会社ではどうなのか分からないけど)。というか私だって出来るもんなら連れ回したくないし母親も弱ってるの知ってるから出来るだけゆっくりさせてあげたいとは思ってるから私1人が車を借りてどっか適当に出掛けたい、とは言ってるんだけど母親がどうも自分の車に傷がつかないかとかが心配なのかな(笑) 「ついていく」と言うわけですわ。うーん…って感じなんですが、結果疲れてるしなぁ…とか思ったりしてさ。あと私もそうだったけどずっと家に一人でいるってのもそれはそれでめっちゃ病む。だからあんまり「ついてくるな」とも強く言えないんだよね。実家の場所的にどこ行くにしても車が無いと行けないし。それで母親も私と同じ環境だったんだよな…ってなった。だから犬にすがりつくしかなかったんだよな…ゴメンな…って、今日の過呼吸事件を見て思った。



実家という安らぎの場所に行ける…って思ってたのに実家がとてつもなくしんどい状況になっていてむしろどうしよう状態が続いてます。ホントどうするかねぇ…。いやもうどうしようも無いんだけどねぇ…。辛いっすわ…。


明日雨だし。しんど。
私…社会に甘えすぎなのかしら…。
もうどうしたらいいのか分からなくなってきた…。


では。