地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

嵐に対する私の違和感


どうも。ニートです。


THE BACK HORNの武道館公演のチケットが届いた。バックホーンで紙チケットなのは本当に久しぶりで驚いた。最近のバックホーンは殆ど私は電子チケットだったので紙を手にしてライブに入った覚えがない。久しぶりに封を開ける感覚を楽しんだ。席を見てみると、多分ネット検索して出てくる座席表そのままであれば結構いい席だと思う。かなりいい席だとは思うけど、まあそれは会場に入ってみないとなんとも言えない。




というか!嵐!!!

ファンじゃないけどマジか!!ってなったよ!!驚いたけど、でも最近の嵐を見てると結構可哀想だなあって思う部分も正直あったかな。ファンじゃない奴が言うなって感じの人は別に見なくていいけどさ。



まあ以下からファンでも何でもないイチ一般人から見た嵐の意見なので「外野が口出すな」って方はまあ別に見なくていいです。私もすばる事件の時は外野発言には色々ムカついたけど(笑)こればっかりは一度書きたかったことがあったので。今回のことというか、今までの嵐のことっていうか、まあそんな感じのこと。これも単純にイメージだけで話してるから一つの意見なんだな、くらいに思って頂ければ。



あのー、結論から言うと「まあいいんじゃない?」って感じです。ショックだけどさ。



なんか花男くらいからかな、嵐の人気が爆発的になって私の周りのみんなもそれに乗っかってか知らないけど嵐嵐と、もうとにかく嵐ブームになって、ファンクラブの会員数が異常なほど膨れ上がって、まあそれは本当に凄いことだし素晴らしいことなのかもしれないけど、でもなんか私はずっと「なんかそれでいいのかなぁ…」って思ってた。


何ていうか、嵐のファンの人のブログとかたまーに読んだりとかしてたけど、勿論「嬉しい!好き!」って意見が大半だけど、なんかやっぱり中には「社会が無理矢理世間に"嵐は国民的アイドル"というイメージを持たせようとしている」「どんどん"ファンが本当に求める嵐"とかけ離れていっていて寂しい」という意見もあって。私はそれに結構共感した。


別に嵐自身は自分たちが「"国民的アイドル"にならなくてはならない」とは思ってないよなあ、って。勿論「みんなに好かれるアイドルになりたい!」って気持ちはあったかもしれないけど、正直次のドームツアーの発表を聞いた時「世間って残酷だな」って思った。私はね。「いやいや…幾ら何でもこのスケジュールと公演数は…本人たちを殺しにかかってるだろ…」と。え、思わなかった?私だけかな???なんかでもSNSとかチラッと見ててもわーい嬉しいーとかそういう意見ばっかりで、そりゃあ嬉しいけどさぁ…20周年のドームツアーした直後にこの異常な数のツアーがまたすぐにやりながらメディアをこなすって…いや本人たち死んじゃうよ…って思ったけどなぁ。



どう考えても今の芸能界は嵐に頼りすぎている。テレビで何かあれば嵐を使っておけばみんな見る。そんな雰囲気が出てたように思う。正直本人たちがパンク状態なんじゃないか?って思ってた。番組も沢山持たされ、ツアーもドラマも沢山こなし、ホントいつ休んでるんだ?ってくらい嵐を見ない日は無い。それでもファンは盲目だから嵐が見られる!好き!っていう気持ちがどんどん増してその「沢山出てくれるメディア」が「普通」という感覚になっていく。私はそれが一応イチ社会人としておかしいとは思っていたが


ただ、その一方でファンの方のブログを見ていると「嵐らしさが出ていないような気がする」という意見もあった。「VS嵐」「嵐にしやがれ」などの番組を持っているけど、昔やっていた「嵐の宿題くん」とかそういう方が"嵐らしさ"が出てて良かった、っていう意見もあった。今よりももっともっと"素朴"な感じ。やっぱり嵐の一番の良さって"素朴な雰囲気"だと私は思ってる。別に国民的とかいうイメージなんて無くていいから、とりあえず"素朴さ"をもっと引き立ててほしい、っていう意見もちょくちょく見かけるようになっていた。KinKiがブンブブーンをやり(ロケ嫌いの2人に敢えてロケをやらせてブーブー文句言いながらとりあえずうだうだロケするっていうクソみたいな内容だけどKinKi2人のキャラが引き立ってていいと思う)、エイトがクロニクルをやり(エイトの本来の面白さが引き出されるような所謂"しょーもなさ"が全力で発揮されている番組)、最近だったらHey!Say!JUMPの「いただきハイジャンプ(これも所謂"しょーもない"をテーマにして個性を引き立ててるように思えていいと思う)」…っていう、あのなんというか"そのグループの良さが引き出されている番組"ってのが嵐はどんどん減っていって、「"国民的アイドル"というイメージを持たせるための番組」みたいになっていたように思う。何かあればすぐに「国民的とはなんぞや」と言われ、その「国民的アイドル」の代表格ともいえるSMAPとすぐに比較され、なんか全て本人たちが望んでないような形である意味"国民的"になっていったのかなあ…なんて思ってた。曲だって物凄い数出すし、ホントに嵐を見るとずっと「うーーーーーーん………………………………とにかく可哀想」としか思えなかったんだよなぁ。それでも彼らは"プロのアイドル"だから与えられた仕事は全力でこなす。そして「嵐ってやっぱすげぇなあ」と思う。でも何となく「別に"国民的アイドル"に無理になる必要もなくないか?」なんてずーーーーーーっと思ってた。でも何故か世間は「トップアイドル」を決めたがる。「SMAPの次に国民的になれるのは誰か」をこの個性重視なご時世に決めたがる。メディアが本当に無理矢理そうさせようとしている感じが満載で腹が立っていた。


なんかそのわだかまりも本人たちの中で正直あったと思う。「我々はなんのためにアイドルをやってるんだ?"国民的アイドル"になるためにアイドルをやっているのか?」ってなってたんだと思う。勝手に叩かれ、勝手に世間からイメージを構築され、そのイメージを崩さないように、ただ「国民的アイドル」になるために仕事をこなす。全て「世間が勝手に決めたこと」に嵐は従わざるを得ない状況だったのかな、って。それでパンクしたんだろう。なんか私にはそう取れた。


だから今回のこの活動休止という選択も致し方ないとは思ったよ。絶対こんな状況で個々がやりたいことなんて出来るわけないじゃん。それが本当に可哀想で。でもファンは「5人が見たい」「もっと嵐が見たい」という思いが増大する。勿論その気持ちは分かるんだけど、それはファンだけならいいけど、世間からも「嵐もっとやれよ」みたいな雰囲気が出てたのかもしれない。なんか…もう本当に私の中では「嵐ホント可哀想」としか最近思えなかった。特に次のツアーが決まってからは。


そして、別に解散と発表したわけじゃないし、今すぐに休止するわけじゃないし、それこそ沢山の公演が今年は待っているからファンは会える機会はまだあるんだし(多分私がファンだったら涙が止まらないけど)私も今そうだから「パンクしたら一旦立ち止まって考えてみる」っていう「選択」も良いとは思う。だから5人で考えて出した結論なのであればそれは仕方ないと思ってる。私基本自分で考えて決めた選択をした人なら「別にそれでいいんじゃない?」って全く否定しない人だから(笑) 今回の件がもしまたSMAPみたいな泥沼事務所の策略とかなら刺すけど だからKinKiが2018年はコンサートをしないって決めた時もすばるが脱退するって時も勿論最初はショックだったけど「自分たちで考えて考えて決めたことだったら別に良くない?」って思考になっちゃうんだよね(笑) だってみんな死ぬわけじゃないし。


もしかしたら次のツアーもこれが分かってたから決まったのかもしれないけどね。まあ明らかにツアーするスパンおかしいもんな。20周年の直後だもんな。それだったら本当にファンにとっては貴重にしないといけないよ。



だって聞いて聞いて????


私自担にさよなら言えないまま終わったからね????


ファンの方は会えるうちに会っておきましょう。彼らは消えるわけではないので。悲しくて寂しいかもしれませんが、多分話し合って考え合ってそれぞれ一旦個々でやりたいことをやろうってなって決まったんだろうし何より彼らはジャニーズに残るんだぜ?いいじゃん?全然この先も5人では見られないけど見られる機会なんていっぱいあるでしょうよ?ただ、後悔はしないようにね。(誰)



んで多分、またみんなが納得したら5人の嵐として戻ってくるよ、記事読む限りでは。解散はきっとないと思う。



詳しいことは私はファンじゃないから分からないけど、敢えてファンでもなんでもないイチ一般人が最近感じたことを書き綴ってみました。



さて。

嵐が衝撃的すぎる発表をして、ジャニーズはどうなっていくのでしょうか。タッキー社長が本格的にJr.を活躍させるように動き始めるのか、はたまたデビュー組の活躍を期待するのか。



また世間はそのうち「ポスト嵐」を決めたがるんだろうなあ。



世間って本当に残酷。



というか、本当に嵐の5人が幸せだと思う人生を歩んでくれれば我々も嬉しい限りなんじゃないですかね。




以上、びっくりした号外ニュースについてでした。
気に障られた方はごめんなさいね(笑)



では。