地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

涙が止まらない


どうも。


何故だか全く寝られません。そして涙が止まりません。ずっと泣いてます。


あまりにも寝られなくて睡眠導入剤を飲もうとしましたが、今から飲んだら仕事に支障が出そうなので飲むのはやめておきます。


今日は心療内科に行きました。
最近は心が安定してきてるので、今飲んでる薬を継続して飲んでみて様子を見てみようとなって、また同じ薬を貰いました。


「出来ないものは出来ないって、ちゃんと言いな。我慢しててもいいことないよ」と言われました。



今日、久しぶりにお酒を飲みました。
まだそのお酒が残って興奮状態になっているせいなのか分からないけれど、今もそのお酒の力で書いてるのかもしれません。そして今もそのせいで泣いてるのかもしれません。もしかしたら朝起きたら消してるかもしれません。けれど今日思ったことをとりあえず書いておきます。



今日、職場の人に連れられて歌舞伎町のとあるショーパブに連れて行ってもらいました。歌舞伎町なんて行ったことないし増してやショーパブなんて経験も無かったのでとにかく緊張しました。お酒の力が無いとそこの人とお話出来ないくらい緊張しました。別にいやらしいお店とかではなく、まあニューハーフの人とかはいるけど大胆でセクシーなショーを見せてくれるんだけどまあダンスがとにかくクオリティーが高い。とても見ていて楽しかった。また一つ自分の知らない世界を発見できた気がして楽しかった。まだまだ私には知らない世界がある。色々知りたい気持ちはある。





でも。






そこのショーパブで働いている一人の女性が私達に話しかけてきた。明らかに関西弁だったので「関西の方ですか?」と問いかけた。その人は兵庫出身の人だった。バリバリの関西弁で、本当に楽しくて面白くて、私もその人と話してる時だけは自然と関西弁になって話していた。その瞬間だけ、本当に「あ、今私自然に笑えてる、自然に話せてる」ってその時思えたんです。連れてきてくれた職場の人とも仲はいいんだけれど、何故か話していて関西弁が出ない。何故だかは分からない。勝手に自分の中で分別がついてしまってるのかもしれない。それからショーが始まってからもその人をずっと見てて。その人がショーをしている人の中で誰よりも元気で、誰よりも笑っていた。ショーが終わってからもその人と関西弁で話して、その瞬間が本当に楽しかったんです。




前からずっと言ってますが、何故か私仕事になると関西弁が出ないんです。イントネーションはたまにおかしくなりますが、基本は標準語です。仕事相手が関西弁ならこっちもまあたまに出るかな、って感じですけど職場が埼玉だから関西人もそんなにいないしそんなに自然とはやっぱり出ないんです、何故か。でもなんか今日その人と話していて「やっぱり私関西弁を話している瞬間が一番生きてる心地がする」って心の底から思ったんです。



しかも何故か最近地元の友達からやたらと「久しぶりに会おうよ」という連絡がめちゃくちゃ来ます。それが全て「私が埼玉にいるせいで全然会えない」という理由から疎遠になりがちだったのに、向こうから連絡が来ることがやっぱりとっても嬉しくて。人に会いたくないなんて言ってたけど、やっぱり連絡が来るのはとても嬉しくて。嬉しい。本当は嬉しかった。でも会えない。私だけ遠い地にいるから。向こうの友達が楽しそうに遊んでる姿を見るととてつもない絶望感が襲ってくる。



それと同時にやっぱり増大するのは「帰りたい」という気持ち。



そもそも私は都会に出たいなんて願望も無かったし、今の会社に入ったのも地元に近い場所に一度は配属させてくれるという理由があったから入社したのに、希望を出して3年以上経つのに未だに異動の知らせも全く無さそうだし、前の店長は「私を早く関西に帰らせてあげたいな」という気持ちはあったみたいだけど、店長が変わってからは私のことは全く知らないだろうし私が今どう思ってるかなんて知ったこっちゃないって感じだろうから当然希望を言ったって通してくれるかなんて全然分からない状態になってしまった。そんなこと企業なら全然あり得ることってのは分かってるんだけど、いつまで経っても私は埼玉にいるという事実がとにかく寂しくなってきて。研修の時にも「皆さんの希望勤務地の希望は大体通ってるはずです」なんて誰かさんが言ってたけど、私の希望はどうなってるんだ、と。転職エージェントさんにも「地元に帰って仕事が出来るようになるのか?」なんて言葉も貰った。確かに仕事面だけで言うとそうかもしれない。地元に帰ったら仕事がバリバリ出来る保証なんてない。でももうそろそろ話が違ってきてるとは思う。



それが決定的になったのがつい先日のこと。



先日母親から突然連絡が来た。

「爺ちゃんの容態がかなり悪くなってきてるから、一度帰ってきて」と。


私はその時初めてもうかれこれ1ヶ月ほど前くらいから爺ちゃんが入院して、もう長くないと医者から宣告されて、ご飯も全く食べなくなって、病気とかは無いみたいなんだけど今は殆どベッドから出られない状態ということを知らされた。家族で知らないのは私だけだった。


「あんたは今埼玉におるからこんなこと話したら遠いとこにおるから心配するだけやろし今まで言わへんかってんけど、ごめんな」


母親からそう言われた。その日それがショックでショックでとにかく自分を責めた。私だけ。私だけが事実を知らなかった。知らせてくれなかった。それもこれも全部埼玉という遠い地にいるから。爺ちゃんがそんな状態にいるのに、私一人だけなんか浮かれて、しかも一人で勝手に病んで、一人で勝手に弱くなって、本当に自分何してるんだろう、って心の底から思った。自分が知らない世界で、向こうは向こうで時は流れているということ。それが悲しくて、とにかく虚しかった。


最近色んな友達から出産報告とかを受けてるけど、爺ちゃんのその話を聞いて、「生まれる命があれば、消えていく命も当然あるんだな」なんて思いました。



爺ちゃんにも帰るたびにずっと言われていた。
「はよこっちへ戻っておいで」と。
母親も、いつも帰省して別れる時には泣いていた。「また帰ってきて」と。



そして職場のパートさんからも最近嫌という程言われる。


「年末年始は実家に帰らないの?」


勿論帰りたいです。
帰れてたらとっくに帰ってます。
そんな休みをくれるなら下さい。帰れないからこうやって寂しい年末年始をいつもいつも迎えてるんです。それを分かってて言ってきてる気がしてとにかく腹が立つんです。あなたたちは家が近いからそんなことを軽々しく言えるんだろうけど、私は事情が違うんです。もうそんな感情しか湧いてこなくて。そんな自分も嫌になってきて。だったら転職しろよ、って思うかもしれないけど別にそんな理由で辞めたいってのもなんか違うなあとは思ってる。矛盾してるんだけど。


でも、なんだか辞めたいなあってなってきた。
私を一番苦しめてるのってもしかしてずっとこれなんじゃないか、って。


その後の回答で「帰れないっすね〜」なんて軽く交わしてたら「あらかわいそうに…」っていつも同情される。その同情もまた腹が立つ。別に同情されたくて言ってるわけじゃないし同なくていい。というかそもそも帰れないの分かってるんだからその質問をしてくるな。



確かに都会って何でもある。欲しいものは簡単に手に入るし、アクセスもいいし、とにかく便利。そういうものに憧れて田舎から都会に出てきた人間なら絶対にキラキラした世界に見えるでしょう。でも別に私はそんな世界に行きたいからこっちに来たわけではない。たまたま埼玉に配属ってなっただけだから埼玉にいるだけ。ただそれだけ。私は田舎生まれ田舎育ち。静かで、自分のペースで、ゆっくり、自分が面白いと思ったことだけをただやっていたいだけ。今日もカフェに入ったら周りの人の殆どがビジネスの会話をしていた。殆どがビジネス用語だったからバカな私は何を言ってるかは分からなかったけど、私はそんな会話が、そんなコミュニケーションを人としたいわけではない。M&Aだの、何とかファンディングだの、クラウドなんとかだの、そんなもん知ったこっちゃない。そんな生き急いだ世界で生きていくこと自体に疲れた。都会は何もかもが生き急いでる。それが本当に疲れる。別に最先端を行きたいわけでもない。新ビジネスを立ち上げたいわけでもない。私は世界の片隅で狭い世界でのんびり暮らせたら、それだけで幸せなんだと思う。だから私は社会人にそもそも向いてない人間なんです。


さっきまで剛さんの「プラトニック」をまた見てたんですけど、そのドラマで言ってたけど

「"生きること"と"ただ生きていること"は違うんです」

って言ってて、ホントその通りだって思った。



こっちはこっちで友達は一応いるし、ライブも行きやすいし、不便ってことは今の所ないんだけど。やっぱりどこか馴染めない。勝手に自分がそう思ってるだけなんだろうけど。多分馴染む気もない気がする。なんか関東独特のクールな雰囲気に最近飲まれてる気がしてそれも凄く嫌。私別にスマートになりたいわけじゃないし。ただアホなことを言ってしょーもないことを話して下らない話して笑い合いたいだけ。腹の底から笑いたいだけ。私頭悪いからさ。




自分の幸せは自分で掴むしかない。人任せにしていたらダメ。それは分かってる。



それでもやっぱり私は、帰りたい。
ワガママなのかもしれないけど、心の余裕がもう少し欲しい。もう全然無いんだと思う。そう思うと涙が止まらなくなってきた。




私、なんで埼玉にいるんだろう。
というか、いつまで埼玉にいるんだろう。


泣いたって現実は何も変わらないのにね。
もう朝になっちゃうよ。


あー。もうなんかどうしようね。
ワガママだけぶちまけたからとりあえず寝る。