地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

本を読んだ話


どうも。


なんか最近ブログを投稿しては消し、投稿しては消し…を繰り返しています。何だろう…書いていたらネガティブな感情ばかり溢れてきちゃうからそれが本当に良くないなあと思いつつ、でもどこかに吐き出さないとやってられないなぁ…みたいな気持ちにもなります。



体調を崩しました。
先日から喉が痛くて「あれ、風邪かな?」と思っていたら昨日、仕事中寒気が止まらなくて食事も全然摂れなくてどんどんふらふらになってきて、でも熱があるとかそういう感じでも無かったんだけどとにかく体がしんどくて、帰って何も出来ずに速攻で寝た。13時間くらい寝た。そしたら体のしんどさは無くなった。まだ喉は痛いけど、食欲も普通に戻った。風邪?何なんだろう?病院に行くべきなのかな?と迷ってる最中です。もう少し寝たら治るのかなあなんて思ったりもしてるけど…病院に行くほどなのかなあ?なんて思ったりもしています。



さて。
久しぶりにまた本を読みました。
有川浩さんの「明日の子供たち」という本。

明日の子供たち (幻冬舎文庫)

明日の子供たち (幻冬舎文庫)

私は有川浩さんの作品がとても好きで、文章がいつも綺麗で読みやすくて分かりやすいからバカな私でもスラスラと読めちゃうんです(笑) その綺麗な文章にいつも引き込まれて色んな作品を読んでみたいなあと思っています。

児童養護施設にいる子供達と職員のお話なのですが、多分これ殆どノンフィクションなんだと思います(多少の演出は加わっているとは思いますが)。とにかく「児童養護施設にいる子供達は"かわいそう"と思って欲しくない」そういうメッセージが強く込められていました。言葉のひとつひとつがリアルで、児童福祉の難しさやコミュニケーションの難しさなど学ぶことが沢山ありました。私たちの知らない世界が沢山あって、やっぱり一般人からすると「児童養護施設に入っている子は"かわいそう"」とどうしても思いがちになってしまうけれど、「別に"かわいそう"なんて思って欲しくない」ってことをこの作品を通して学びました。有川さん自身も実際に児童養護施設に足を運んで色んなお話を聞いてこの本を書いたそうです。そうやって我々の知らない世界がまだまだ沢山あることを改めて知りました。是非みなさんにも読んでほしい一冊です。


誰にだって"可哀想"と思われたくないことはあると思います。私だってこの間の過呼吸で帰ってしまった話も"可哀想"なんて思って欲しくないです。その話は広まってしまったなら仕方のないことですが、それによって「あの子は可哀想な子」と思われることが一番嫌です。心配されたいわけでもないし、別に話を大袈裟にして欲しくないのです。言って欲しくないこと、聞かれたくないこと、嫌だと思うこと、誰にだってあると思います。だから私はその話を広めた子に「あんまり話をしないで」と言った結果、何故かその日から口を聞かれなくなりました。謎です。私のことを嫌いになったのでしょうか。さっぱり分かりません。でもやっぱり世間一般の「イメージ」ってのは本当に厄介なもので、でもそれは自分自身が経験しないと感じ得ないことなんだろうな…とも思います。なかなか難しいですね。だから私は相手がどんな状況であろうとも別に勝手なイメージを持つことを辞めています。何か極端な状況でない限りは(笑) その人にはその人なりの事情があるんだろうし。全ては仕方のないことだと受け止めています(受け止めているつもりになってるかもしれないけど)。


そんなことを思った一冊でした。
非常に読みやすくて、色んなことを学べる一冊でした。




さて。
12月に突入しました。私は最初に言った通り早速体調を崩してしまったのですが(笑) ホント気温の急激な変化とか季節の変わり目とかで100パー体調崩すから体調管理しっかりしろって感じですよね。でもホント冬だけは無理。何をどうあがいても一回は風邪引く(笑)そして2018年も色々あったなあと。まあその話は後日するとして。


ニートニートニート」を先日観た話をしましたが、その映画に出演してたJr.の子が退所するらしいです。しかもユニットメンバー全員で。えぇ…って感じですけど、そうなったらこの映画はDVD化されないんですかね…?まあ別に私は原作の方が好きだったのでどっちでもいいんですけど、9mmの主題歌までもがお蔵入りになるってなったらなんだか複雑な感じになりますね…。「なんで主演の子が歌ってる曲が主題歌じゃないんだ!!」って文句言ってた人もいましたが、私は別にどっちでもいい(笑) ただ9mmがスクリーンで流れるって理由で観に行ったからもしそれが無かったら多分観に行ってない。


まあそんな話はどうでもいいんですけど、なんかここ最近でジャニーズ事務所の株が本当に下がってますよね。てか自ら下げてんじゃん?って思うくらい下がってる。もはやアイドルなんてジャニーズ事務所一強じゃなくなってきてるしさ。なんかそれも時代だなぁ…って思います。この土日も三代目JSB今市隆二さんのソロコン?がたまリーナで行われていたみたいで、イケイケのファンがキャッキャ騒いでいました。あんな人間だったら人生楽しそう〜なんて思う暇もなく昨日はしんどかったんですけどね(笑) 私はそのジャニーズ事務所一強みたいな風潮が結構好きだったけど、最早それはSMAP解散から崩壊してましたよね。今やもうただの闇事務所としか世間一般からは思われていない。先輩たちが築き上げてきたものが一気に崩壊していくのもなんだか悲しいですね…。


なんか何書いてるか分からなくなってきましたが、今はとにかくゆっくり休んで寝ようと思います。体を酷使しすぎたのかもしれないね。バカ。


では。