地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

人とは違う映画の楽しみ方〜映画「ニート・ニート・ニート」を観た


【※ネタバレありますお気をつけ下さい】



どうも。


前回記事を一つあげたのですが、最近暗い記事しか書いていなかったのでたまには明るい記事を書こうと思って消しました。自分こんな暗い記事しか書けないの?と嫌になったのもあります。



というわけで久しぶりの明るい(?)記事です。



久しぶりの2連休です。
何も予定を入れていない2連休だったのでどうしようか…とずっと考えていたのですが、結局決まらなかったのでせっかくの2連休だから最近寝てばっかりしかいなかったからなんか自分のしたいことを好きなようにしよう、と思い、じゃあやりたいことはなんだ?と考えた時にまず出てきたのが

  • とにかく人に会いたくない(人混みを避けたい)
  • 静かな場所に行きたい
  • 運転したい
  • 映画観たい


前半ネガティブですが(笑)

まあとにかく人に会いたくないってのは、最近本当に人と関わるのが怖くなっちゃって誰かと話すのも嫌になってきてたのもあったので出来ることなら誰とも関わりたくない。というかまあ1人だからこそ本当に1人で出来ることを探しました。静かな場所ってのも…もう騒がしい場所が嫌すぎて(笑) 我が住居(?)埼玉には静かな場所が沢山ある…はず!と思ってとにかく静かになりたかった。最近色々とバタバタしてたこともあって。


そして運転。昨日仕事で運転をせざるを得ない機会があったのですが、まあうちの職場の軽のワゴンが車高が高くて運転がしやすいのです。やっぱ運転楽しいわ〜〜と思って運転したくなりました。辺鄙な田舎に異動になったら車欲しいな。運転の何がいいって1人の空間が永遠に続くことですよね。自分しかいない空間ってのがたまらない。そしてどこまでも行ける。行きたい場所にヒョイっと行ける。自分のやりたいように。つまり自由の極み。あとは時間に縛られなくなること。公共交通機関でどこかへ行くとなるとその時刻を気にしなきゃならないけど、車だとその心配が全く無くなるのが最高。仕事の運転でも基本は1人で運転なので大声で歌うたいながら運転してたりします(笑) やっぱ私「自由」「解放感」をめっちゃ重視してるタイプだわって思う。…そんなわけで運転がしたくなったのです。


そして最後。今回の記事のタイトルにもなっているメインテーマ(?)映画を観たい。

そうです皆さん。

11月23日より映画「ニートニートニート」が公開になっています。

映画「ニート・ニート・ニート」公式サイト


はいここで皆さん注目(?)です。
私は映画の何を楽しみにして観に行ったでしょうか。


そう、主題歌です。


本を読んだ話 - 地球外生命体の日々

9mmに恋して - 地球外生命体の日々

…まあこんな感じで以前からテンション上げて記事を書いていたのですが(笑)

とにかく劇場で大音量で9mmが流れることが嬉しい。


それを目当てに埼玉はどこで公開されるのかなぁ〜?と劇場検索をしてみると、

…うん、なんか物凄く微妙な場所にある劇場しかない。

何だろう…いい例えが出てこないけど京都でいうと、四条(というかMOVIX京都)周辺じゃなくて伏見とか宇治とか丹波とかその辺でやる感じ。とにかく中心街では公開してないってことです。且つ電車で行くのも微妙…って感じの場所ばかりだったので、そこで車ですよ。ただ埼玉の地理状況が4年経っても分かってないのでどこにどれがあるかとかあんまり分かってないけど(浦和美園と春日部は何となく分かるけど)もう一箇所車で行きたいなと思っていた場所があったのでこの中でそこに行きやすい場所を選択した結果、南古谷に決定しました。



思ったよりも早く着いてしまったけど、とりあえずチケット購入。「ジャニヲタって思われんの嫌だな…」なんて思いながらもカバンはsankakuくんのカバン(笑)で、でも9mmのラババン付けてったし…付けてったし…(震え声)とりあえず「私ジャニーズを観に来たんじゃないので!!」オーラを出した(つもり)。…いやもうそのチケット買った瞬間に「あ、この人Jr.好きなんだな」ってもしかしたら店員さんには思われてるかもしれない。待ってお姉さん。それは誤解です。私は主題歌を聴きに来たのです。万が一、いや、億が一でもジュニアにときめくなんてことはきっと今の私だと無いと思います(失礼)。そんな心境で観ました。



客も私含め3人だけ。
そのうちの1人がまさかのお婆ちゃんで「エンディング爆音流れるよ?大丈夫?いける?」なんて勝手に思いながら見てたけど…何を目当てに観に来たんでしょうかねぇ…。内容もお婆ちゃんが見たらブチ切れそうな内容なのに(笑)




以下感想且つネタバレです。





まあ感想としては、原作を読んだ身からすると

え、そこで終わる?

って感じでしたね。原作とは変わった部分はまあありましたけど(原作の方が色々クズっぷりがやばいし原作ではキノブーの車が途中で無くなって月子の運転でパクったヤクザの車に変わるとかいう設定とかあった)とりあえず終わりそこ?って感じ。


映画では最後の最後にレンチが「しゅっぱーーーーつ!!!」って言って車走らせて終わるけど、


いやいや、「しゅっぱーーーーつ!!!」じゃねえよ!!!!


って心の中でめっちゃ突っ込んだ。(笑)

ちゃんと月子ちゃんを施設の人に会わせてあげろよ!!!そこが最後一番泣けるのに!!!!って突っ込んでしまったわ。まあ2時間の映画に集約すると色々無理なのは分かるけど、そこはカットしてほしくなかったなぁ。月子の弟くんの事実が早い段階で分かったのも衝撃だった。あと月子ちゃん(の役の人)普通に可愛いし。「こんなブスが!?!?」ってレンチ言ってたけど可愛い子じゃないか…なんて思ってた(笑) 私の中の想像だと月子ちゃんもっとブs((ry


でもさぁ、Jr.の子も演技上手かったよね。
なんか昔の嵐の相葉くんとか二宮くんとかのヤバイ演技見てるから(某未満都市と某放課後ドラマ)Jr.の子でも演技全然出来てんじゃん…ってなったね。まあだから映画の主演に選ばれたんだろうけどさ。


やーでも、北海道の雄大な大地を伸び伸びと運転している姿を見て余計に運転欲が湧いたよね。あんな道めちゃくちゃ運転したいわ。片道複数車線ある渋滞しかしないクソみたいな道なんかより周りが大自然に囲まれたああいう道をひたすら運転したい…ってめっちゃ思った。



オープニングで流れた曲と最初にレンチがキノブーの車で爆音で流してたものがJr.の2人の子が歌ってる曲っぽくて、ファンはそこに「ヤバイ素敵♡」って萌えるポイントになるんだろうけど(詳しいことはわからないけどエンディングでそうやって出たから多分間違いない)、私が萌えた…いや、燃えたのは最後のレンチが「しゅっぱーーーーつ!!!」って言った後ですよね。


エンドロールで爆音でキャリーオン流れた瞬間「あぁ〜〜〜〜〜」って1人でテンション上がったよね。


これが聴きたくて私はこの映画を観に来たのです…とそこでようやくジャニーズのイケメンを見てるようなキュンキュンした気持ちになり(笑)噛みしめるようにキャリーオンを聴いていました。客も3人しかいないし周りにも誰もいなかったから1人で手拍子したりウハウハしてた(笑) もうエンドロールに「9mm Parabellum Bullet」「作詞:菅原卓郎」「作曲:滝善充」って出てきた瞬間に「あぁ〜〜〜〜〜〜」ってなりました。そこが一番映画でテンション上がりました。(笑)


でも笑ったのがキャリーオンの曲の尺が短すぎてフルで流してもエンドロールの半分も終わらないっていうハプニング(?)があったのでその後普通にサントラ的なのが流れるのかなあ…って思ってたらまさかのキャリーオンのストリングスバラードバージョン(?)みたいなのが流れて「え?え?え?え?え?なにこれなにこれ???」って1人で興奮してました(笑) 卓郎さんの歌は無いけど、なんか急にステキなアレンジに変わったからそれはそれはテンション上がりましたよ。そこでJr.の子の曲を流す方が何億倍も需要ありそうなのに敢えてキャリーオンのアレンジバージョンを流してくれてありがとうございました。


…私は何を観にきてるんでしょうかね。(笑)


もっと「レンチくんかっこよかった♡」とか「タカシくんのスーツ姿めちゃくちゃ良かった♡」とか「キノブー根暗役でもイケメン♡」とか言えたら可愛い女の子なんだろうけど特にそれもなく(笑) 「だれか…1人でもいいから"エンディングで流れた歌カッコいい"って呟いてないかな…」って思ってヤホーのリアルタイム機能で調べてみたけどまあ相手は天下のジャニーズ様なので呟いてる人なんかいるわけないってもんですよね。ええ。分かりますよ。仕方ないですね。そんなこと呟いてるよりも主役くんの方が何倍も出てたし曲も流れてたしそこにキュンキュンしに行くのが普通なんだろうがってのも分かりますよ。でもまあ…いいですそこは。


でもまあ…原作読んでも映画見ても共通して思ったのはレンチみたいなぶっ飛んだ奴に振り回された方が根暗や真面目くんは変われるのかもなぁ…ってことだったよね(結局人任せにはなっちゃうんだけどさ)。映画の中でレンチが「金なんか無くても笑ってりゃ人は寄ってくんだから何とかなるんだよ」って微妙に真面目に話してて「私は金とか名誉よりも自由や楽しみが欲しいんだな…」ってつくづく思った。勿論生きていくにはお金は必要だけど、牧場で働くニート3人を見てなんか羨ましかったもん。そこのシーンは本も映画も同じだった。汗を流した後に食べるご飯は美味しいし、頑張った分だけお金が出るって言うのもそういう働き方だと分かりやすく出るからいいよね、って。






まあこんな感じで映画を観終わって、次の目的地に行くために速攻でお昼を食べて行きました。なんてったって次の場所が片道2時間かかる場所だったので(笑)


まあ秩父の「羊山公園」ってところに行ったんですけど。


なんか静かでいい場所ないかなあとネットで探してたらそこがヒットしたので行ってみようと思いつきで行きました。





その前に一つ小話。



車を運転してて思うことは、「運転してる人って法定速度守ってる人いるのか?」ってことです。

道路には必ず法定速度が定められていて、原則その法定速度以上で走行するとスピード違反と見なされます。その理論は勿論正しいです。無事故の為に定められたものなのですから。でも…本当に法定速度で走っている人なんかじじばばの運転する車(むしろ田舎だと法定速度以下すぎる時もある)かトラック(一部)くらいしか見ないぞ…ってくらい走行してたら思いますけど、一般車ではあんまり見かけない気がします。意外とトラックって法定速度守ってんだよなあ…って思うけど、なんせ車両がデカイし前が見えないからなるべく後ろにはつきたくないんだよね…。信号とか見えないんだもん。「今赤なの?青なの?」みたいなことしょっちゅう。


秩父に行くとき、山道をひたすら走行していたのですが、山道なので片側1車線且つ追い越し不可車線の道が永遠と続いており、法定速度はずっと40kmでした。私は4〜50kmくらいの間でひたすら走行していました(ちょっとでもアクセル踏むとすぐにスピード出ちゃうからヒヤヒヤしながらそのスピードを保っていましたが)。そしたら後ろから来た1台の車に死ぬほど煽られたのですが、私は一度ど田舎でクソ飛ばしてスピード違反のネズミ捕りに遭った身(爆笑)。


ハハハハハ!!!!!知らねえよ!!!!!
嫌なら抜けよ!!!!!!!!
そしてスピード違反で捕まっちまえ!!!追い越し不可車線で追い越した罪で捕まっちまえ!!!!!!!!!!何なら対向車とぶつかって事故ってしまえ!!!!!!!



…という極悪非道な心を持ちながらひたすら運転してました(笑) だって私悪いことしてないもん。煽るてめえが悪いんだ。つかウネウネして割と危険な道が多い山道で煽んなボケ。イライラは勝手にしとけ、という精神がスピード違反をして以来身につきました。人間悪いことをしないと反省しないってこういうことなんだなって思いました(笑) でも悪いことしてなくてもパトカーが通ると身構えてしまうのは癖になってしまった(笑)


いやあ、運転していると本当に色んな人を見るし性格出てるなあって思います。
私も運転が上手い方ではないしむしろ荒い方だとは自覚しておりますが(笑) ビックリしたのが山道のトンネルに入る前に十字路交差点があって、そこに信号があって赤信号になっていたので停止線で止まったんですね。そしたら後ろからものすごい勢いで私の車を抜いて普通に赤信号なのに進んでっちゃったんですね。片側1車線なのに。右折レーンはあったけど追い越し不可車線だったのに。


は?


ですよ。

「え、あなた今信号見えてますか?視覚障害ですか?色盲ですか?何ですか?今信号が何色か分からないんですか?教習所…いや、小学校…いや、幼稚園から信号の知識習った方がいいんじゃないですか?」

っていう思考が一瞬にして頭の中をよぎり、平気で抜かしていった車に呆れてしまいました。何なら「横から来た車とぶつかって事故ってしまえ」くらいまで思ってました(笑) だって赤なのに平気でスピード上げて追い越し不可車線で追い越したお前が全てにおいて悪いんだもん。悪いことした奴には悪いことが起こっても仕方がないでしょ。っていう、車に乗ってると常々そう思います(笑)


もうねえ、常識って何?っていう思考ばかり巡りますよね。



あとこれは永遠の課題ですが「正義を取るか、適応を取るか」問題ですね。

勿論正義を取らないといけないんですけど、バイパスとか複数車線のある道を走ってるときとか特に思いますけど、殆ど誰も法定速度を守ってない。走ってて分かる。だって例えば片側3車線ある道で自分が法定速度で走ってたとしても隣の車線を走る車には一瞬にして追い抜かれるし、前の車との車間距離もめちゃくちゃ空いてくるし…そうなったときってさ、「自分が法定速度で走ってたら大量の車に迷惑がかかるから他の車と同じように走った方がいいのかな」っていう思考が働くわけですよ。本当はダメなことは重々承知してるんですけど。流れを円滑にさせるために敢えてスピードを上げるべきなのか、法定速度を固く守り続けて正義を保つか…いつも悩まされます。私はもうスピードを出すのが怖いので法定速度前後で走るようにはしてますけど(笑) 勿論事故を防ぐためには法定速度で走るべきなのは分かっています。けれども周りが最早そういうシステムで走っていないからそっちに適応すべきなのかな…って考えちゃったりもします。さっきみたいな山道での極悪非道思考もたまに働きますが(笑) なんかね…そんなに飛ばしてどうするの…?飛ばしたって着く時間って実際そんなに変わらないんだよ…?って見てて思う。難しいですよね。なんか法定速度で走ってた車を煽りまくってたイライラ人間が法定速度車を止めて殴りかかったみたいなケースも聞いたことありますしね。世の中どうなってんだホントに。頭おかしいんじゃないのか。つかそもそも煽るって何だよってな。煽るくらいなら抜かせよ。そして不幸に陥ればいい



…いかん、車に乗ると性格がめちゃくちゃ悪くなる。(笑) でもまあそんなもんですよ。でも運転は楽しいです。自分の好きなように、好きな音楽を聴きながら、ひたすらルンルン運転出来ますから。


ウォークマンを全曲シャッフルして聴いてたんだけど、自分の好きな曲しか流れないって最高だよね。特に車で聴くBLANKY JET CITYが最高にいいんだ。「左ききのbaby」とかもう最高だった。そういう楽しみもある。誰にも邪魔されない空間。

左ききのBaby

左ききのBaby







運転の話はこれくらいにして、2時間ちょっとかけて羊山公園に着きました。

16時ごろ着いたのですが、冬は日が短いのですっかり夕暮れでした。秩父の街がこんな感じで一望出来ます。

夕暮れは綺麗だったし、誰もいないし、とにかく静かだし、そんなに寒くもないし、空気も綺麗だし、なんて素晴らしい空間なんだ…と思いながら1人でベンチに座ってしばらくぼーっとしてました。こういう時間が永遠に続けばいいのに…と思ったのですが、日が暮れてからの山道はより危険度が増すので少しぼーっとしてから公園を後にしました。

ちなみに秩父の山はこんな感じ。
紅葉も終わり、枯れるかイチョウが並んでいるかって感じでした。奥の山は…もしかして雪降ってる?


そんな感じでまた2時間かけて戻ってきました。THE BACK HORNの「海岸線」がいい味出してた…全然海岸走ってないけど…むしろ山だけど…

海岸線

海岸線


帰りに晩御飯食べて帰ろうと思って回転寿司食べたいって思ってカーナビに登録したのはいいのですが、カーナビってホント残酷ですよね。場所は案内してくれるけど反対車線側とかさ、今回登録した場所も場所までは案内してくれたけど場所が中央分離帯のある反対車線側なの。


いや、それなら左側にすぐに曲がれるようにちゃんと案内してくんない????左手に場所が来るように案内してくんない???


ってカーナビの画面かち割りたくなりました。
でもまあ所詮機械は機械だし場所まで案内してくれるだけ良しとしよう…と収まったのはいいのですが、問題だったのは近くに上手いことUターン出来る場所が無いってことでした。結局目的地に着いてから10分後くらいにそのお店に着くっていうタイムロス。「いやいやいやいや…………」なんて独り言を言いながらひたすらUターン場所を探す時間。


まあそんなこんなで色々ありましたが…ドライブは楽しいです。別に私今まで失敗無く運転してきたわけじゃなくむしろ失敗ばかりしてきたのですが(スピード違反もしたしバック失敗して自家用車の後ろの窓ガラスバキバキに割ったし)やっぱり20万近く払ってわざわざ免許取ったのにそれをペーパーで終わらせるってかなり勿体無くない??って思っちゃうわけですよ。



まあそんなこんなで充実した1日でしたが、最近友達からの妊娠や出産報告ラッシュで自分何してるんだろう感がハンパなくて死にそうになっております!!!!!!!!!!!報告が辛すぎます!!!!!!!!!!いい歳して何病んで1人になりたいとか言ってんだよな…って考え始めたらまた闇深くなるから考えるのやめとく(今月出産報告3件目が今来たので泣いてる)。



というわけで今日も出かけてきます。


では。