地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

KinKi Kidsが今年コンサートをやらないと決めた話


どうも。


まあタイトルのお話なんですよね。
昨日の夜、FC公式メールでお知らせがきました。


正直悲しいとか寂しいとかそんな感情は最早湧いてこなくて、「それでいいよ」って思っちゃった。「毎年年末年始にドームでコンサートをやらねばならない」っていう無駄な縛りなんか作らなくていいと思うんだ私は。



もうね、KinKi Kidsからも「大切なお知らせ」って来るとは思わなかったし、何ならそれ見ただけで「あ、今年ドームやらねえな」って分かったわ。そして2018年色々ありすぎたせいで最早「大切なお知らせ」に何も動じなくなったしショックも受けなかった。正直お知らせ来た時お前小喜利やってないでゆっくり休めやとめっちゃ突っ込んでしまったわ



前から言ってるけど2人は2人のペースで活動してくれたら別に何でもいいです。特段「KinKi Kidsの2人がどうしても見たい!!!!」っていう感情も私にはあんまりありません。とにかく好きなことして楽しんでる姿を見てる方が私はよっぽど幸せなのです…………(まあそれが光一さんの場合KinKi Kidsとしている時に結構見るってのはあるけど)が。



色々バタバタしててまだ剛さんの出てたSONGSを録画はしたけど見れていないのですが…友達から「剛さんが東大寺のライブで泣きながら歌うたってた」と聞いて割と衝撃を受けております…。もうそんなん聞いたらもう見れないわ私。しかも泣いた曲が「街」でしょ。絶対私も見たら泣くわ。一体どんな理由で泣いたのかは分かりませんが…耳の病気を患って思うように行動できなくなってしまった自分を責めてしまったのとと地元で大好きな音楽に囲まれながら舞台に立ててることの感動が入り混じって泣いてしまったのか…?



最近本当に「そこにいてくれるだけでも幸せ」という事を色々実感しています。
エイトの自担の脱退から始まり、9mmだって滝さんが決して万全ではないけどライブの不定期出演ながらもステージで今出来る全力のパフォーマンスを見せてくれたり、剛さんだって耳絶対キツイのにソロコンとかしてくれたり。


もうな…最近は極端な話応援してる人が生きてくれてるだけで何でもいいとまで思い始めてきたんだけど…正直つれえよ。見ててほんとつれえよ。「みんなほんと無理するなよ…頑張らなくていいよ」って思う機会が2018年あまりにも多すぎる。エイトも、9mmも、キンキも。みんな思った。いや、もうなんか辛いわ。こんなことならもう好きな気持ちを全部捨ててやろうかとも思ったけど、なんかもう感情がぐちゃぐちゃ。私の中で半分感情が死んだ。(笑)


友達と「Φ」のDVDを酒飲みながら見てたけど、友達はキャーキャー騒いでた傍ら、不思議なことに私は何もときめかなかった。今9mmの気分とか全く関係なしに。酒飲んだらわーきゃー騒げるかなあと思ったけど、酒を飲めば飲むほど「Φ」の映像が冷めて見えた。2人は画面の向こうでただひたすらイチャイチャしてるんだけど、何だろう?「私別にこういうの欲してない」って思ってしまった。なんか今見たらあまりにも「ビジネス的なイチャイチャ」にしか見えなかったんだよね…。別に2人が仲悪いとか私自身がキンキに冷めてしまったとかそういうわけじゃなくて、とにかく単なる「ファンを喜ばせるためだけのパフォーマンス」にしか見えなかった。なんかねぇ…そういうのじゃないんだよね、今の私が見たい2人の姿は(まあでも光一さんはマジで嬉しそうにしか見えなかったけど)。



まあ、何はともあれ今回は全然休んでくれてもいいんだけども…(むしろ休め、今まで頑張りすぎなんだよ)、もし今後、KinKi Kidsとしてこれからも活動していきたいと思うのであれば、どういう形での活動になるんだろうか?待ってくれてるファンの前に現れ続けたいと思うのであれば…。新曲発表するのはいいけど、それをファンの前でどういう形で発表するんだろう?結構2人とも悩みに悩むんだろうなあこれは。



私の中で「そこにいるのが当たり前」説は完全に崩壊してるので、もうね、こればっかりは誰も悪くないし、誰も責める必要はない。勿論KinKi Kidsに会えないのはファンとしては悲しいし寂しいけど、私は2人のペースを見守りたいと思います。





あのー、どうか剛さん、自分のことを責めないで下さい。別件ですが、2年前9mmを野音で見た時、滝さんが思うように腕が動かなくなってしまって、本人がとても悔しくてイライラしていて、その後のライブもかなりイライラしながら弾いてたのがファンからも見てて痛いほどわかって、お互いにそれが辛くて辛くて、結局彼はライブ活動を一旦休むという行為を取りました。でもファンは当時それで納得したのです。「もう休んでいいんだよ、無理しなくていいんだよ」って。それでもその後、今彼に出来る最大限のパフォーマンスは何なのかということを考えながら、私たちの前に現れ続けてくれています。この間の9mmのライブが本当にそれが伝わってきて、それがとても感動しました。だから剛さんも剛さんのペースで活動してくれたら、生きてくれていたらそれでいいです。それが休むという行為でも、私はそれを全力で受け入れます。私はその選択を責めるつもりは微塵もありません。だからどうか…「自分自身が楽しめている」という感情を無くさないでください…。光一さんもそんな剛さんをどうか優しく受け入れて守ってあげて下さい…。


…というお話でした。
眠いからまた寝る。