地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

2018年上半期振り返り

どうも。


梅雨が明けました。晴れてます。暑い。死ぬほど暑い。多分部屋の中の方が外より暑い。でもエアコンはつけたくない。頭が痛くなる。だから扇風機で凌いでるけどこれはさすがに暑いからどこかに逃げようかな。


今日ははてなブログのお題に答えてみようかな、と。


今週のお題「2018年上半期」


今日から7月。7月も色々ある月だ。


2018年上半期は色々私の中で革命が起こりました。
そして色々迷いました。悩みました。




まず大きかったのはKinKi Kids(堂本剛)にハマりだしたこと。コンサートに行って以来ジワジワとハマりはじめ(ただコンサートに行った時はこんなにハマるなんて思ってなかった)、いつの間にか好きになっていた。これもブログで再三言ってるけど、KinKi Kidsの好きになり方が今まで好きになったアーティストとは違って、KinKi Kidsを好きになる自分がどうしても好きになれないしこうなるなら辞めた方がいいって何度も思ったけど、残酷にも好きになっていく気持ちは止まらない。ずっと辛くなりながら好きだった。何でこんな辛い思いしながら好きにならないといけないんだ…って自分を責めまくったけど、そろそろ「それも自分だ」って思わないといけないのかも。じゃないといつまでもこのままだ。


KinKi Kidsにハマったのも私の周りに意外と好きな人が多かったからかもしれない。友達も実は好きだったとか、昔好きで出戻ってきたとか、昔好きだったとか、ジャニヲタのきっかけがキンキだったとか。世代なんだろうな。何より私をコンサートに導いてくれた同期がENDRECHERIのライブに連れて行ってくれたことも大きかった。昔からのファンとど新規ファンとの温度差をめちゃくちゃ感じた座席だったけど(笑) それでもあのライブは私にとって大きな意味を持つライブになった。


彼らの発言や行動や考え方が日々自分自身を刺激してくれていて、私も何となく変わりたいなあと思えてる。…変わらないとなあ。色々。









そして忘れてはいけない自担のこと。

もう何を書けばいいのか分からないけど、なんて言えばいいのかも分からないけど、今は素直に応援したい。エイトのFCの有効期限も切れた。更新はしていない。だけれども最後にエイトのコンサートを応募して当てた。これも何かの縁なのかな。コンサートを当てて有効期限切れるってある意味すごいよね…(笑)



エイトからすばるがいなくなるのが分かったとほぼ同時にKinKi Kidsにハマったのも本当に何かの縁なのかなって。


アイドル事情はこんな感じ。




バンド事情は相変わらず。

9mmもバックホーンもゆるーいペースでライブに行った。相変わらず好きだった。彼らに対しては好きが冷めることは大きな事件が無い限り多分ない。9mmも今後ワンマンツアーに行く予定してるし、バックホーンも20周年記念ツアーにも行く予定だし、武道館も当たれば行きたいし(武道館は絶対行きたい)。彼らの音のない世界を生きることは最早考えられません。夏フェス行きたいなぁ。







プライベートは、すごく悩み迷った半年だった。

多分この時期って色々将来について悩んでしまう年頃なんだろうな。ある程度仕事の内容や会社にも少しずつ慣れてきたときにふと立ち止まって「あれ、私この会社にずっといてていいのかな」って考える。勿論働いてるからにはそこで従事しないといけないのは分かってるんだけど、この先今の会社でどういうことがしたいか、どんなビジョンがあるか、それが全く描けなくなった。だったら今の会社を退いて新しい会社に赴いた方がいいのかもしれないが、それはそれで「逃げ」のように思ってしまうし、こんな私のことだから新しい会社に行ってもまた同じことを繰り返してしまうんじゃないか…何より仕事で成し遂げたいことがない。何がしたいのかが分からない。そもそも私は転職をしたいのかも分からない。なんて考えたりするとなかなか動けない。結局私もビビりなんだ。そんな自分がどんどん嫌になっていって、今すごくフラフラした状態にいる。私はどうしたいんだろう。どう生きていたいんだろう。そればかり考える日々。



この半年で周りの友達がかなりの割合で結婚したり妊娠したりした。結婚自体に憧れてるってわけでもないけど、そういう姿を見ると人生を真面目に考えてるんだな…って思ってまた自分が嫌になる。



昨日、職場の人とご飯に行った。みんなそれぞれ合う合わないの性格があるんだなってつくづく思った。私も私で自信がなさ過ぎて弱気な姿勢とか本当はダメなんだけど、かと言って強気になんてなれない。それも何処かの誰かに良くないって思われてるかもしれない。もっとやらなきゃ、もっとしなきゃ、って思うほどダメになっていく。なんて弱い人間なんだろう。




最近自分が好きだって思えるものが増えている。仕事とは関係ないんだけど。



「天の川見に行きたくない?」


とその人に誘われた。
星を眺めるのは好きだったので「行きたい!」と素直に言えた。
流れ星になにか願いをしたいものだ。


「プールに泳ぎに行かない?」

とも誘われた。
体を動かすことは嫌いじゃない。

どんなに仕事で嫌なことがあっても、寝る前にストレッチをして体を動かして汗を流すと気分がスカッとする。その感覚がたまらない。相変わらず毎日ストレッチは行っている。筋肉を追い込む感じがたまらない。マッチョになりたいわけではないんだけど(笑)



海も好きだ。広い世界が好きだ。
いつか泳いでみたい。広い海の中を泳いでみたい。
静かで、周りに邪魔するものが何もなくて、綺麗な世界が広がっているようなそんな場所を泳ぎまわりたい。




ここに来てやりたいこと、やってみたいことが沢山出てきている。仕事とは全く関係ないことなんだけど、「何でもいいからなんか一つ自分で頑張ってると思えるようなことをやってみたい」思いが最近すごく強い。「こんなクズでも心の底から頑張った証」が欲しいのかもしれない。でもそれは仕事とは全く関係ないからこんなことやって意味あるのかな…って思うけど、いいか悪いかじゃなくて、やってみることで何か自分の中で大きな意味を持つのであればやる価値はあるんじゃないかなって。何でも「それをやることで将来に繋がるのか」とかよく考えてしまうけど、もちろんそれは大事なことなのかもしれないけど、やっぱり私は「今を大事に生きること」の方が合ってるみたい。今は今を大事に生きられてないから悩み苦しんでるんだろうな。なにかと将来や未来のことと結び付けられることが個人的に苦しい。未来のことなんて誰も分からないし、どうなるかなんて分かるはずもない。考えるのは大事なのは分かってるんだけど…。この考えっておかしいのかな?




とにかく私は「もう少し自分に自信を持つこと」が大きな課題となっているようだ。何でもいいから何かを成し遂げて自分に自信をつけることが今後の私の課題なのだろうな。色々考えすぎなんだろうなぁ。



何もない人間でも努力は出来る



光一さんのこの言葉が凄く好きだ。好きというか刺激された。私はもう少しこの言葉を信じて、「自分に自信をつけるなにか」探しをしていきたいと思う。



前も言ったけど「"どうでもいいこと"をひたすら真面目に考えてる人」が私はめちゃくちゃ好きなんだろうなって思った。タモリ倶楽部とか見ててマジでしょーもなすぎて好き。ああいうことを追求してるのめちゃくちゃ好き。なんかそういう見方が欲しいなって。「そこ追求する?(笑)」みたいな。その方が人生楽しそうだし。だって誰が地方でしかあまり食べる頻度のない筍の皮を剥くためだけの機器を本気で発明しようと思うよ?(笑) そういう感覚好き。普通に生きてる人より何百倍も面白い。




とにかく「自分を好きになること」に今後はもう少し尽力したい。そこから何か始まるかもしれない。趣味でも何でもいい。身につくかつかないかも分からなくてもいい。とにかく自分の中で何か学ぶことがあるのなら。そんなものを探していきたいな。自分自身の基礎固め。





っていう、2018年上半期でした。



いやほんと暑い。

夏が来ますね。