地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

まとまりのないはなし


どうも。

こんなクソブログに読者が35人くらいいて笑った。全く宣伝もしてないただのクソジャニヲタ&バンド好き&根暗野郎の何も得しないブログなのに。有り難いお話ですわ。読んでくれてる人いるのか分からんが、いつも読んでくれてありがとうございます。



最近時々全てのことがどうでもよくなる時があるんですよね。「私なんでこんな毎日毎日疲れてるんだろう?」「何で勝手にネガティブになってるんだろう?」「私何してんの?」と、全てにおいて冷静になってしまう時があります。全てのことがバカバカしくなって、何も考えなくていい、時間がゆっくり流れている、そんな場所に消えてしまいたいなんて思う時があります。


仕事帰りにいつも空を眺めています。私の今住んでいる所から晴れてる時は星が見えるのですが、星を見てる時間って本当に心が落ち着きます。星が見えるってことはそれくらい空気が綺麗ってことだし、暗闇に見える光ってなんか素敵じゃないですか。時間を忘れて見られるというか。時の流れがゆっくりに感じるというか。オリオン座が年中綺麗に見えるんですよ。小学校の時、夏休みの課題で「夏の星座を毎日観察する」みたいなものがあって、まあ実家はそれはそれは田舎なので空がとてつもなく綺麗だし、星もよく見えた。生まれ変わったら星の研究したいな、と思うくらい星に夢中になってた。でも壊滅的に理科が苦手だったから諦めた。(笑) ホントはプラネタリウムとか行きたいけど「あんなもん寝るわwwww」と言われるばかりでなかなか行けず…。



時代も変わって、SNSが発達して、周りの友達も「インスタ映え」「ツイッターでの承認欲求」というものに異常にしがみつく。私も最初はやってたけど、そんな世界に疲れて辞めてしまった。まあ元々SNS向いてない芸人なのは分かってたけど。でももう「インスタやってるのが当たり前」「ツイッターやってない方がおかしい」若者はそんな括りに縛られる。そんなものよりもっと自分の目で見たもの、出来事をもっと大事にしようと思わないのか。ツイッターやインスタを辞めて特にメリットがあったわけではないけれど、辞めた身から言わせてもらうと周りの意見が嫌でも目に入ってくるのが嫌だと言いながらSNSを見ちゃうのって何なの?嫌なら見るの辞めたらいいじゃん。私も長い間ツイッターで仲良くしてる人がいたから辞めるの迷ったけど結局一回辞めてみたら案外辞められた。固執する必要なんて全くないな、って思った。


ライブだって前までは色んな人と出会いたい!沢山の人とお話したい!って気持ちは強かった。けど最近はもうそんな気持ちは全く無くなった。ライブも殆どぼっち参戦。このあいだのNICOとケリーさんが久しぶりに誰かとライブ行った感じ。前に「若い奴がそんなこと言ってていいのかよ」って言われたけど、こっちとしたらそんなこと言っちゃあ悪いかよ。って感じ。最近のライブの風景は殆どの人がSNSで出会った人と集まって会話している雰囲気。悪いとは言わないし昔私もそんな感じだったから否定はしないけど、最近の私はそれが息苦しくて、ライブに行くのをためらってしまう部分がある。でもライブに行けば最高のパフォーマンスが見られる。だから"息苦しくなっても見たい景色があるか"が私の中で重要基準になっている。


新参者だから敢えて言わせてもらう。

このあいだのケリーさんのライブで驚いたのが"ケリーさんの昔の曲にはファンの間で振り付けがある"ということだった。普通に振りなんて無いもんだと思ってたからビックリしちゃったよ。昔からのファンの人(多分)はそれはそれはもうノリノリで踊っていたけど、私と同期は「なにあれ?????」状態だった。「好きに楽しんで下さい」って本人が言ってたから別に私はその人たちに合わせる必要もないや、と思って適当にノッていた。「その曲だからこう踊らないといけない」なんて誰が決めた?




一回何もかも捨て去ってどこか世界の果てに逃げ出したい、って思う。自分がアイドルやバンドが好きってことも、考えすぎな性格ってことも、何もかも空っぽにして静かな所に暮らしてみたい。感情なんて全て失くして、無になりたい。一回記憶喪失になりたいなあ。



闇深いぞ、私。
前から分かってたけど。





キンキとエイトから誕生日カード?みたいなのが届いてた。すばるが真ん中で笑ってた。衣装が全員真っ赤だった。静かに泣いた。