地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

芸能人とファンの距離感

 

どうも。

本日3回目の記事更新。何回更新するんだよ、って感じですよね(笑)

今日休みで暇だったんで久しぶりにゆっくり出来たから沢山更新したくなっちゃいました。

 

 

いやあ、またひとつ大変な(?)ニュースが流れてきましたね。

嵐の二宮さんの熱愛報道ですか。何となくやばいということは分かっていました。

今回の件で沢山「担降り」というものをされそうな勢いですね。ファンじゃないけどさすがに今回の件は「おいおい…(笑)」って私もなりましたよ。

 

【※以下私の独断と偏見が入る為不快になる方もいるかもしれませんがそこは自己責任で読んでください】

 

 

改めて「芸能人」と「ファン」の距離感について考えた。

 

今回の二宮さんの件で思ったのは「嵐って本当に"国民的アイドル"と公言していいのか?」ってこと。「国民的」なんて言葉は世間一般のイメージだけで言っているものだし本人たちは全然「国民的」なんて考えてないと思うけど。勿論今の嵐の人気っぷりは抜群だしファンクラブ会員数も200万人を超えてきている物凄いグループであることには間違いないんですけど。実際ファンが不安定すぎる気がする。その200万人っていうのも一人で何名義も持っていたら…とか考えるし(それは他のグループでも有り得るけど嵐に関しては特にコンサートが全然当たらないって聞くから)、実際今回の件でファンを沢山失望させたりしてファンを辞めちゃったりしているし。何だか分からないけど私の中での「国民的」って「どんなことがあってもその人たちをずっと好きでいてくれる人が沢山いるような存在」だと思うんですよね。アイドルだから恋愛なんて有り得ない…って思う気持ちも分からないでもない。みんなのものであってほしい存在がある日突然誰か一人だけのものになることは応援し続けてきたファンからするとショックだとは思う。でも私からすると「それでも応援できるような存在であるか」ってのが大事になってくると思うんですよね。基本「私は"一生"嵐を応援し続けるんだ」なんて言葉は殆ど信じていません。(笑) そんなもの好きになった一時的な衝動だと思うんだよね。そりゃあ好きになった瞬間は恋人同士で付き合い始めた時と一緒で「この人と一生付き合いたい」と思うもんだ。でも時間が経てば倦怠期というものも来るだろうし、下手したら別れるかもしれない。"一生"という言葉ほど信用できない言葉はないと思ってる。人間心変わりもあるだろうしそうやって言う人ほどこういうことがあったら担降りしちゃう傾向にある気がするんだよね。

 

そういう意味では嵐以降にデビューしたグループって結構不安定だと思うんですよね。活動時期的にはベテランの域に突入しようとしているグループもあるけどまだまだ「発展途上」って感じ。でも「若さ」って「発展途上」と紙一重だと思うから、そこは踏ん張り時なんじゃないかな。その「発展途上」を乗り越えていかに「多くの人に愛される存在になれるか」だと思うんですよね。まあ嵐も若いって言えるような年齢じゃなくなってきてるけど

だってSMAPも木村氏が結婚した時も騒然としたけど彼らも結局解散するまでずっと「誰もが認める国民的アイドル」だったじゃん。「そんなの関係ないくらい愛される存在でいられるかどうか」だと思うんだよね。

 

というかそもそもこの「担降り」という概念がよく分からない。経験してないからかもしれないけど、私は別に自担や好きな人が熱愛しようが結婚しようがその人の活動にいい影響を与えるか今の活動を継続してくれるのであればいいんじゃない?って思う人なんだよなぁ…。そう思える自信しかない(ただそういう報道以降あまりにも極端な恋愛ソングしか歌わないとか書かないようにしかならなくなったらちょっとおいおい…とはなるけど)。

 

前に友達に「もし剛さんが結婚したら倒れるっしょ?死ぬっしょ?私は光一さんが結婚したら倒れるな~」って言われたけど…その時は「そうだね、死ぬかもしれないね」なんて言ったけど正直私は何も思わないかなぁ。(笑) 別に「結婚したんだおめでとう」くらいにしか思わない。(笑) だってそれはファンが決めることでもないし本人がそうしたいって思ったんだったらいいんじゃない?って感じだから…。本人とどうこうなりたいなんて思いは一切ないし…。これっておかしいのかな?前にも書いたけど「自担には早く結婚してほしい」んだよ私は。敢えて言うなら剛さんは光一さん以外の人と結ばれたらショックかな

 

 

というかこの「担降り」という概念、ジャニーズだけじゃないんだよね。どの芸能人にも有り得る話だと思うんだよね。言い方が違うだけで。「担降り」と言う言葉がジャニーズの中でしか使われないだけで。私も好きなアーティストで何回か経験しましたよ。

 

 

まず特例でMr.Children。申し訳ないけどミスチルくらいのモンスターバンドになったらボーカル桜井さんをアイドルかのように好きになっている桜井信者と言えるような人も沢山いますよ。実際Thanksgiving25ツアーでそういう人を沢山見たそんな彼は好きになった時には既に結婚もしていて子供もいて幸せな家庭を築いていたパターン。逆にそういう方がいいのかもしれないね。「結婚してたんだ」っていう諦めが出来るし。むしろ左薬指に指輪付けてたら「あ~~~奥さんいいな~~!!」ってなるし(笑) 人気が爆発的になる前にそういうものを既に築き上げている方が。まあ桜井さんは色々あったんだけどでも家庭を築いたからって今の活動に支障が出ているわけでもないしむしろいい方向に進んでるから全然いいんじゃないかな。まあそもそも相手はアーティストなんだからそれでファンを辞めるなんておかしな話なんだけど。

 

おかしな話って思うじゃん?いるんだよね。やっぱり"おかしな人"が。

 

また私の好きなアーティストで申し訳ないけど、9mm Parabellum Bulletのボーカル菅原卓郎氏の事件が非常に面白かったんですよね。本人はアイドルでもなんでもないバンドのボーカルですよ。少し前に彼は実は結婚していて子供もいるパパなんだ、みたいな記事がまさかのYahoo!のトップニュースに掲載されたんですよ。笑っちゃいましたよ。「何でYahoo!のトップニュースなんだよ(笑)」って。まあ正直世間一般に認知されているくらいの知名度なんて無い(バンド好きの中での認知度が高いだけで)のに。そもそもそっとしておけばいい話なのにわざわざ記事に書いちゃう辺りホント悪意感じたし何より本人がライブで謝罪してたのが意味分かんなかった。何で謝罪する必要あるんだって感じ。何も悪いことしてないのに。「お騒がせしてすみませんでした」って。まあ野音でネタにしてたけどね(笑) しかしその事件に関して本人が言及していたけど本人が言及したのがそのYahoo!で記事にされていた彼の自己紹介文で「アフロ頭が特徴」という所で「僕はアフロじゃありません、天然パーマです」と謎に訂正したことの方が話題になって他のバンドマンもそっちに言及した結果「彼は天然パーマのバンドマン」という方で認知されたっていう全く持って意味不明な流れになったんですけど(笑) その騒動があった時も大半のファンの感想が「卓郎さんの子供になりたい」「絶対幸せな家庭を築いていけそうだからむしろ幸せを祈りたい」というものでした。卓郎さん…見た目怖いけど本当に優しい性格なんだろうなあってライブ行くたびに思う。そういう所が好きなんだけどね。実際私もこれを聞いて全くショックは受けなかったんですけど、いたんですよ。過激派が。

 

この騒動が出て、「今まで卓郎さん大好きだったけど結婚してしまっていたら魅力を何も感じられなくなりました。画像を大量に保存していましたが、全て消去します。ファンも辞めます。すべてが無理になりました。今までありがとうございました」って書いている人を見つけて震えました…。そして「私もそう思います」と返信している人もいて失笑しちゃいました…。なんかおかしくない??アイドルならまだしも、相手はバンドマンだよ??何で結婚したらファン辞めるんだろう…?全然分からない…卓郎さんとどうこうなりたかったのかな??それって結局卓郎さんのことをアイドル視していたってこと…だよね…??それってお門違いな気がするんだけどなぁ…。世の中には色んな人がいるんだなぁ。「結婚してたんかい(笑)(笑)」くらいに笑い飛ばせなかったんだね。というか本当はどうでもいい話なのにね。

 

一番どうなったかが分からなかったのがゆずの二人。彼らも「国民的アーティスト」の1組だと思ってるけど、私がファンになった後に2人がほぼ同時に結婚しました。まあご存知の通りリーダーの方は前から今の奥さんと噂はあったんですけどあの時は本当にファンも沢山減ったんだろうなぁ…なんて思うけど、それより驚いたのがリーダーの結婚の少し後にサブリーダーが結婚したこと。当時「ゆずのオールナイトニッポンGOLD」を毎週食いつくように聴いていた私ですが、やっぱり2人の結婚のときはさすがに2人とも一言ラジオで言及していました。私も驚きはしましたが、やっぱりそこにはショックという感情はなくて。というか私はサブリーダー寄りのゆずっこなんですけどずっと付き合っていた一般女性の方と幸せな結婚をされたという話を聞いて死ぬほどキュンキュンしちゃったくらいです(笑) リーダーはまあいずれは結婚するだろうなあくらいにしか思ってなかったので特にショックも何も無かったんですけど…やっぱりショックだった人もいたんじゃないでしょうか。別に本人が幸せでいてくれたらファンとしては全然嬉しいんだけどなぁ…?

 

 

だから私もこうやってアイドルではないけれど好きなアーティストでの結婚報道ってのは何度か経験してるけど、アイドルってなるとそれとはまた違った感情が生まれるのかなぁ…。でも「担降り」する意味はやっぱり私には分からないや。渋谷さんが結婚しようが、剛さんが結婚しようが、本人が幸せだと思える選択をしてくれるのであればそれでいいと私は思うのだが…。まあそれは人それぞれだろうから何とも言えないかもしれないけどね。みんなアイドルとどうこうなりたいって思ってんの??マジで???

 

「せっかく沢山の金を貢いで応援し続けたのに恋愛や結婚なんてけしからん」って…それはあなたが勝手に好きになって勝手に投資しただけじゃん?勿論投資した額が大きいことは本人たちにとっても活動を続ける大きな糧にはなるとは思うけど…まあそれはもう話しても解決しない問題だからどうでもいいや。嫌って思うもんは仕方ないよね。

 

ただ、話は戻るけど今回の二宮さんの件はさすがにちょっと…って思っちゃったな(笑) ただでさえファンが不安がっているところに追い打ちをかけるかのようにこの報道されちゃったらファンも失望しちゃうわな。まあ別に私は嵐のファンでもなんでもないからどうなろうと別にお好きにどうぞって感じなんですけど(笑)←冷たい

 

人間なかなか上手くいかないもんですねえ。

人を好きになるって本当に複雑。面倒。