地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

遠征


どうも。

いや〜〜!!!行ってきました!!夢の対バンライブ @仙台PIT!!!

新幹線の終電の関係で最後までライブ見られなかったですけどね☆☆☆(大号泣)


まあそもそも新幹線の切符を買った時点で「これは多分ライブ全部見れないな」と何となく分かってたんですけどね。終電の時間が異常に早かったから。まあ仕方ない。遠征の運命だ。それでも最高でした。行けて良かったよ。



前々から私がこのブログでちょくちょく9mmとバックホーンへの気持ち悪い愛を語ってるのはご存知かと思います。今回その2組が対バンライブをするということだったのでビューンと行っちゃいました。好きなものが見られるのであればどこへでも行きますよ。


前日にキンキ沼を拗らせている友達とLINEで「バンドのライブに行っちゃったらあーやっぱりバンド好き…ってなっちゃう…?」とLINEがきて、「多分ライブ行った後はなるけどすぐにまたキンキうわ〜ってなってると思うよだから安心して」とは言ったものの。


無理。バンド最高。無理。



前回バックホーンのワンマンに行ってからやっぱりバックホーン好きだわ…ってなって、そして今日の9mmとの対バンですよ。そりゃあ好きになるでしょうが。ゴメンね。(謝る意味もよく分かんないけど)


自分の好きなアーティストが同じステージに立ってたらそりゃあ好きってならない!?!?なるでしょう!?!?ならない!?!?(必死)


そもそも9mm Parabellum BulletTHE BACK HORNはなんとなーーく曲の感じとか雰囲気とかが似てるからこの2バンド好きって人結構いるんですよね。そのうちの1人が私。あとここに凛として時雨が追加される感じ。で、この2バンドも仲が良いから時々対バンしてくれるんですよね。私が就活してる時も「決闘披露宴」というクソダサいネーミングの対バンツアーをしてくれて、就活とか関係ねえよって感じで行ったよね。懐かしいな。多分どっか探したらチケット眠ってると思う。多分。(笑)



まあそんなわけで、私は学生時代に色んな所にライブで飛び回ったクソ野郎なんですけど、仙台のライブハウスに行くのは何気に人生初だったんですよね。仙台のライブ(?)はエイトのリサイタルが初めてでした。それくらい東北にはあんまり行く機会が無かったんですよね。


いやあこの東北新幹線という現代の素晴らしい公共交通機関の開通によってめちゃくちゃ東北に生きやすくなったんですけどね。なんせ高い。 新幹線って何でこんなに高いの?飛行機でさえLCCだったら安いのあるってんのに…。もうちょっとコスパ良く出来ないもんなんですかねぇ。

初上陸仙台PIT〜〜!!ライブハウスにしてはアクセスがめちゃくちゃ良い。仙台駅から電車で5分、隣駅の長町駅というところで降りて徒歩5分。近い。キャパは1451人(スタンディング部のみで)。はじめてのライブハウスはワクワクするぞ!どんなライブハウスかな〜ってドキドキするぞ!ちなみに仙台PITの東京バージョンが豊洲PITです。豊洲にあります。ちなみにまだ行ったことありません。


仙台に着いてから気付いて忘れてたことがありました。

寒い。

埼玉と同じ気分でめっちゃ薄着で行ったらめっちゃ寒かった…。そうですよね。東北ですよ。まだ寒いに決まってるじゃないですか。



ジャニヲタの皆さんには理解できないライブのルールというか雰囲気がロキノンライブの中には沢山ありまして。まあそれは後日詳しく書くとして。今回のライブについてですよね。


開演前やることなくてぼーっとしていると隣にいた男2人組の会話が聞こえてきてそのうちの1人の発言を聞いて「おっコイツとなんか気が合いそうだな」という気持ちで会話を盗み聞きしていました。(笑)


まず「俺はバックホーンの中だと今めちゃくちゃ『ペルソナ』が聴きたい、聴くまではファン辞めない」と言っていて握手したくなりました。


私もまさにそうです。『ペルソナ』という曲がバックホーンにはあるのですが、その曲が本当に大好きで(多分)ファンからも高評価な曲でめちゃくちゃカッコいい曲なんですけどなんせライブで全然やらない。バックホーンはどんなライブでも基本いつもベタ曲に「それやる!?」みたいなコア曲をブッ込んでくるから素晴らしいんですけど、にしても『ペルソナ』は全然やらないんですよねえ。何故iTunesにこの曲だけ登録されていないのか…検索しても出てこなかったので是非「アサイラム」というアルバムに収録されているので興味ある方は借りるなり買うなりして聴いてみて下さい。ボーカル山田将司氏が作詞作曲してる曲で死ぬほどかっこいいのにライブで全然やってくれない幻(?)の曲。私もこれを生で聴かない限りはファン辞めないぞ〜〜〜!!!学生時代腐る程ライブ行ったのにどこでもやってくれなかった。悲しい。

アサイラム(初回限定盤)

アサイラム(初回限定盤)


あとは「周りに9mmとか聴く人が減ってきて"イマドキサウンド"のバンドを聴いてる人が殆どで話が合わなくなってきた」「今回のアルバム、"がんじがらめ"は皆好きだと思うけど"閃光"はちょっと笑っちゃう」っていう話もしてて「わかる」と心の中で1億回くらい言いました。(笑) やっぱみんな好きだよね〜〜!!そしてやっぱいないよね〜…。いないんだよねぇ〜…。



まあそんな話を聞いていたら開演。まずは誘われた側の9mmのパフォーマンス。登場前のSEのAtari Teenage Riot「Digital Hardcore」とか100回くらい聴いてるのにいつも鳥肌立つわ…。9mmといえばこれ。「9mmが出てくるぞ〜〜!!」って感じがして好き。

Digital Hardcore

Digital Hardcore


今回私は整理番号がちょっとだけ良かったので割と前の方で見れました。色々場所を探しているうちにボーカル真ん前の4列目くらいのところまで前に来てしまったんですが、幸いそこに柵があって良い感じに腕を置けたのでめちゃくちゃ見やすかったです。そして近い。こんな近さで見るのいつぶりだろうか…?さすがに近いし見やすいからバンドマン見ちゃうよね。惚れ惚れしちゃった〜〜!!!



9mmはCDJ以来。3ヶ月ぶりくらいか。休みが取れたら今後何回か9mmを見る機会はあるんだけどなぁ…休みが取れるかなんだよなぁ…。チケットは確保してるんですけどね…。距離が近いから出てくる感想がバンドマンのビジュアルの感想しか出てこなかった…。あ、ちなみに今回は滝さんの出演はありませんでした。


卓郎さんめちゃくちゃ脚長い(背高いし細いし足長いしめっちゃスタイルいいんですよねこの人)。
和彦さん(ベース)いつの間に髪切ったの。あなたいつぞやのライブで床につくくらいまで伸ばすとか気持ち悪い発言してたのに。
サポートギターのfolcaの為川さん、近くで見れば見るほど卓郎さんに顔が似てた…(笑)
ドラムかみじょう氏は相変わらず。


セトリに関してはベタ曲揃いでした。まあそうなるよね。カッコ良すぎたから全然良かったんだけど。「ロンググッドバイ」やってくれて嬉しかったよ。でもあれは滝さんに弾いて欲しかったなあ。「太陽が欲しいだけ」やると思ってたけどやらなかった。うーんでもやっぱり何かが足りないんだよなぁ…。音とパフォーマンスが足りない…。サポートギターだから仕方ないんだけどやっぱり音に重みを感じられなかった…。

最後にやった「ハートに火をつけて」で赤い照明に変わった後に卓郎さんが横向いて上から目線で下にいる客席を睨むように見てニヤっと笑う仕草が最高に色っぽくて死んだ。なんなのあの人。あんなの罪だ罪。(笑) ドキドキ止まらなかったわー。



ひとつ書き忘れてた。
仙台だけの昔からの特別サービスを初めて味わいました。

ベース中村和彦のMC。

彼は仙台出身ということでいつもライブで宮城公演の時だけマイクを持って話します。それ以外の土地ではMCは一切喋りません(滝さんの一大事ツアーの時は流石に喋ってたけど)。なんかマイク持って話す姿がかなり新鮮でした…。


そしてバックホーン。電車の時間と闘いながら観てました。結局途中退場せざるを得なくなったんでしましたけど。(号泣) いいよ…。ワンマンで見たからいいよ…。悔いはあるけどないよ……………。そう言い聞かせるよ…………。セトリワンマンと殆ど変わらなかったもん………。


でも!!!!マジで良かった!!!山田将司麗しすぎた!!!!なにあの人あんなに麗しかったっけ!!!無理!!!ってなった(笑)

栄純大先生は何しても天使だったし岡峰氏はとある曲で意味不明なダンス踊り始めて笑っちゃったしドラムの彼の方は相変わらずシンジマツダだったし(?)バックホーンマジで好き〜〜!!!ってなった。



なんかね、ライブハウスって基本1人で参戦してる人が多いんですけどライブが始まると皆頭がおかしくなったかのように暴れ狂うのが好き。自分の中の何かを爆発させてる感じ。


どうしよう。今後バックホーンを見る機会が無い。つらい。彼らに「生きろ」と訴えかけられてないと私死んじゃう気がする。(笑) それは大袈裟ですけど。



とにかく

THE BACK HORN デビュー20周年おめでとうございます〜〜〜!!!!!!大好きです〜〜〜!!!!!