地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

気を遣わないこと

どうも。

私には不思議な現象が起こります。


人によって話す方言が違う現象です。



私は生まれも育ちも関西です。
友達、家族、その他プライベートで親しくしている人たちには普通に関西弁です。
でもそれが職場の人と話すとなるといきなり標準語に変わります。何故か。自分でも何故そんな現象が起こるのかは分かりません。でも自然と使い分けてしまいます。お客さんの子供とかに話しかける時は子供とどう話していいのか分からないので自然と関西弁のイントネーションになって「あ!関西の方なんですね!」とたまに言われます。まあこんな話を過去にした記憶があるんですけど…。


まあそれでね。何でこんな話を突然するんだ、と言いますと

今日からうちの職場に久しぶりに同期がやってきたんですよ。


それが別に態度に表していたわけでは無いのに周りからは「めっちゃ嬉しそう」と言われまくりました。いやそりゃあ久しぶりの同期って嬉しいやん…?もう1年以上同期と今の職場で関わって無かったから嬉しいやん…?「ずっと同期がいなくて寂しそうだったから仲良くしてやって」と店長にまで言われた…。私そんな態度に表れてたか!?寂しいとは言ってたけど…たしかにここ最近の私の態度は死んだような暗い表情だったけど「良かったね!!同期じゃん!!」とやたらと言われました。なんか周りからは「もっと素直に嬉しがれよ〜〜」と言われているような気がしました。私そんなに嬉しそうに見えたのかなあ…?


その子も大阪の子だからあれよあれよと出てくる関西弁。仕方ないじゃないか、その子が生粋の関西人なんだから。(真顔) 私の普段職場で殆ど使うことのない異常なほどの関西弁に周りの「???」な視線がヤバかった。それがちょっと快感だったでもホント不思議なことにその子と話してる時"だけ"関西弁で、職場の人と話すときは普通に標準語になるんですよね…マジで意味分かんないよね。うん分かんない。私も分かんない。でも久しぶりの職場での関西弁があまりにも新鮮で感動した…。


その子と関西弁の話題で盛り上がったんですけど、その子は生粋の大阪人だから関西弁が強い子で普段からキツめの関西弁なんですけどやっぱりそれが注意されたことがあるらしい。「皆の前で話すときくらい標準語で話しなさい」と。で、私も客に怒られたことがあるという話をした時に2人して


関東人冷たすぎん?


と口を揃えて言ってしまった。(笑)
「標準語」が世の中の中心なのは大いに分かるんだが、これもやっぱり「must」な世界ですよ。「標準語でなければいけない」ってさあ。ただの押し付けなんだよなあ。何だかなあ。
逆に関西に来て標準語話してたらぶっ●してやるからな!!!って言ってやりたいわ、そいつに。(爆笑)


なんかさぁ、これ多分誰も一生分かってくれないと思うけど、その子と話してる間が本当に嬉しかったんだよね。言葉で言い表せないくらい凄く嬉しかったんだよ。
分かんないと思うけど「ああ、自分の知らない間に無理してたんだなあ」ってなんか思った。知らない間に気遣ってたんだなあ、って。


そりゃあ普段から仲がいい人には気遣う必要なんか無いから普通に関西弁で話すわけですよ。そんなの普通ですよ。でもそうじゃないわけ。「気を遣わなければならない場所での普段の感じを出すこと」ってホントどんだけ気楽で楽しくて嬉しいことか…。「だったら普段から関西弁出しゃあええやん??」って思うでしょ?出ないんですよ。自分でも理由は分からないけど、他人から見ると「無理してんだなあ」って思うみたいです。私的には無理してる感じはなかったけどさ。それがいつのまにか「無理してる」になってたみたいです。



ここからまたちょっと気持ち悪いジャニヲタ精神をまた発揮してしまったんですけど、その子と話した瞬間「相手を弁えて関西弁を出す堂本光一」の存在がパッと頭に浮かんで死ぬほど彼の気持ちが分かった(ような気がする)。彼もまた気を遣う場面では標準語(チックなイントネーション)で話し、その中でも特に相方の前(とか割と親しい人の前)だけ関西弁を出す…っていう使い分けを無意識なんでしょうがされているように思います。何でか知らないけど出ないんですよ。ホントに。なんか見てて分かるもん。彼も多分「標準語を話したくて話しているわけではなくて、勝手にそうなっちゃう」感は凄くある。そりゃあ理想は剛さんのようにどんな場面でも関西弁をサラッと出すことですよ?あわよくばエイトのようにうるさいくらいにでも出来ないんですよ。


だからこそそういう場面で話す関西弁の私って「私」って感じがするから凄く嬉しいんですよね。なんか剛さんにデレデレしちゃう光一さんの気持ちが今死ぬほど分かってテンション勝手に上がってる(笑)


色んな人にめっちゃバカにされたけど(笑)
今日は「"自分"がいる」って感じられたから嬉しかった日でした。


いい4月の幕開け。