地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

最近思ったこといろいろ


【※今回の記事割と暗いしかなり支離滅裂です】


どうも。

最近人との対話が怖いです。前も書いたけど、仲良くしてた人と会話する時も「今の私と話しても何も楽しくないから話さない方がいいよ」と思ってしまって相手になかなか暖かく接する事が出来ません。そのせいで人が誰も寄ってきません。いつから私はこんな惨めな性格に歪んでしまったんだろう…。なんか悲しい。でも基本的に相手のことを前より疑うようになってしまった。信用出来なくなってしまった。出来ないというよりかは、信用する気が無くなってしまったのかもしれない。こんな自分をどんどん嫌いになっていくし、友達は皆元気そうに振舞ってて話すのも疲れるし、かと言って1人になるとそれはそれで悶々としてしまうし自分でもどうしたいのかよく分からない。


あれだけハマっていたKinKi Kidsも「自分には重すぎる、やっぱりキラキラした世界に住むアイドルを好きになることは自分が嫌いになっていくだけだから辛い」という思いから好きな気持ちが落ち着いてます。やっぱり自分には「重い」バンドを聴いてる方がしっくり来るのかなあ、なんて。今の自分は何かを好きになることすら難しいようだ…。好きになりそうなアーティストに自分の心が拒否反応を示したのは初めてだ。昔から好きなアーティストは心置きなく聴けるのに。こんな理由ではすごく勿体無い気がする。でも決して嫌いになったわけではないしむしろ今でも好きでいたいという気持ちはあるけれど、聴くと自分が嫌いになっていくだけで聴いてて疲れてくるからちょっと休息。


なんか今の自分は幸せになる資格なんてないんだろうなあとつくづく思う。幸せになれるようなことを何もしていないから。何もしていないのに幸せになろうだなんて無理な話だからね。つまんなくしてるのは自分自身だからね。自分でももう何が幸せで何が本当の自分なのかサッパリ分からない。一番若者らしくいられる時期にこんな落ち込んだことばかり考えていていいのか私。ホントつまらない人間だ…。




話変わって、ジャニーズはまた別ですけど、私は基本的に「イケメン」や「美人」が嫌いです。見るだけだったら勿論イケメンや美人はいい存在ではありますが、ブス代表の私からするとやっぱりどこかそれを武器にして余裕かます姿が垣間見えるのでそれが無理です。やっぱり見た目にコンプレックスを抱えている人間からすると自分にないものを持っている人は羨ましさからなのか妬みに変わります。


同期に美人でスタイルが良くて性格もサバサバしている女の子が1人います。その子は「可愛い」というよりかはどちらかというと「美人」の分類に入るような子で、多分これまで男の子にかなりチヤホヤされてきたんだろうなあ、と思います。(バカな)男の同期は何人かその子が綺麗だからという理由で気に入ってる人もいると思います。女から見てもその子は本当に美人で細身で「これはモテそうだな」と言える容姿なので羨ましい限りなのですが、この間ひとつ気になることがありました。


研修の時にたまたま同じ班になって、その子がどうやらセクハラ?のようなことを受けている、という相談をされました。その子は敢えて色々と証拠を残していて、その証拠たちを私たちにいくつか見せてきました。「私はこんなセクハラを受けている。もう嫌だ」と。そこに女の子の同期は他にも何人かいて、その子たちが口を揃えて「嫌なら内部告発すればいいじゃん、証拠もあるんだし」と言います。でもその子は言います。「そうなんだけどね…。」と何故かはぐらかすのです。そこに私は違和感を覚えました。そんだけ嫌だ嫌だと同期に話しておいて肝心なところに言わないのってそれって「セクハラされてる私が可愛いからチヤホヤされてるんだよ羨ましいだろ」と言われてるようにしか思えないんですけど…。その子も私みたいに言いたいことがモゾモゾ言えないようなタイプじゃないしむしろ言いたいことはハッキリ言うタイプの子なのに。言わないといけないところには言わずに私たちにだけ言うって正直そうとしか捉えられないんですけど。何となくそういう子なんだろうな、っていうのは他の人も何となく感じていて。「今までずっとチヤホヤされて苦労してないからチヤホヤされているのをいいことにそういうことをするんだろうな」という話は思い当たる節があったので前々から他の人とも話していました。本人は勿論無意識だろうけど。要するに美人はプライドが違う意味で高い。無意識に「悔しかったら私のようにチヤホヤされてみろ」と訴えかけてくるのだ。実際職場でもその子とご飯に行きたいという男の人は沢山いるらしい。ホント男もバカだなあと思うし、その子もその子だなあと思う。


こういうことをする人がいるから美人は嫌われていくんだよ。美人に対するイメージも下がるんだよ。美人でも振る舞いとかがやっぱり素敵だなあと思える人は素敵に思えるのに…。






最近UNISON SQUARE GARDENがかなり好きです。彼らの楽曲が本当に素晴らしい。新しいアルバムも借りて聴いたけど、曲が本当に良い。


新しいアルバムに入っている「君の瞳に恋してない」はここ最近ずっとリピートしています。曲は可愛らしくてキャッチーな曲調なんだけど、それがなんだかクセになる。これを聴いて最近何故か泣きそうになる日々。

UNISON SQUARE GARDEN「君の瞳に恋してない」 - YouTube

このアルバム、他にもいい曲があって私が好きなのは「MIDNIGHT JUNGLE」という曲。激しさもあるけどその中にちょっと大人な雰囲気と色っぽさが漂う曲。曲のテンポがちょっと掴みづらいけどそこが良い。これライブで聴いてみたいなあ。

MIDNIGHT JUNGLE

MIDNIGHT JUNGLE


あとまた別のアルバムでいいな、と思った曲が「アンドロメダ」という曲。これが本当に優しくていいんだ。この後に繋がる「フルカラープログラム」がまた良いんだ。

アンドロメダ

アンドロメダ


「Cather In The Spy」以降急激に私の中での株が上がっている彼らの曲はどんどん好きになっていく。やっぱり私の中で背中をそっと押してくれる存在はバンドなのかな。今の心の状態でアイドルを新たに好きになることは私にとってハードルが高いのかもしれない。勿論アイドルはアイドルで違った魅力があって好きなんですけどね。



久しぶりにバンドのライブに行きたいと思った。どうしようもなくなっている自分に心の底から「生きろ」と訴えかけて欲しくなった。その一言が欲しい。「こんな私でも生きてていいんだ」と思いたい。