地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

葛藤


どうも。

すみませんでした。


昨日の記事がキモすぎて自分でも鳥肌立ってます。久しぶりにめちゃくちゃキモい記事を書いたなーと。やっぱりジャニーズの沼に浸かっていく自分が受け入れられない。単純に気持ち悪い。おかしいなあ。エイトの時はこんなこと微塵も思わなかったのに。


昨日もやること無さすぎてヒトカラに行ってきたんですよ。キンキにハマってるから歌うんだけどそのキンキを歌ってる自分が気持ち悪すぎてなんかあんまり楽しめなかった。好きだけどそれに自分の気持ち悪さが比例してくるのマジでしんどいな…。でも不思議なことにそういう現象が起こるのがキンキだけなんですよね。エイトとか歌っても別になんとも思わないし、何ならバンド歌ってる時とかも全然なにも思わないしむしろ「これが本当の私なのかもしれない」と思うくらいです。「キンキを好きになっていく私」がとてつもなく受け入れられない状態なのマジで謎。何でこんなことになってしまったんだろうか…。



やっぱりこのジャニーズにはまっていく自分は嫌いだ。「そんなことしてる場合じゃないだろう私」と思うのと、大事な何かを沢山失っていきそうで正直怖い。


「じゃあやめちゃえばいいじゃん」って思うじゃん?私もやめられるもんならスパッと辞めてますよ。とっくに。でもやめられないからこうやって悩んでるってことをわかって欲しい(ただのワガママ野郎)。


まあ正直言うと今の状況的に「楽しいことを考えようとしたら音楽(ジャニーズ)しかない」っていうのが本音かもしれない。他に楽しいことを探す気力もない。音楽が好きな自分は別に嫌いじゃないけど「ジャニーズ」が好きな自分が本当に嫌い。何より生活の中心がジャニーズになってしまいそうで怖い。(既になりつつあるから尚怖い)


何を好きになるにしても「自分にとってそれは何か意味があるのか」を考えてしまう私にとって、このジャニーズの沼というものは「非常に無意味なもの」と捉えてしまうわけです。本当に無意味だよね。一生手の届かないものに投資しまくるって自分にとって何の意味もない。貰えるのは一時的な喜びだけ。過ぎ去れば何も残らない。なのに自分はその一時的な喜びを手に入れる為だけに投資する。何も残らないのに。こんなに虚しいことはありますか。何でキンキを好きになった途端こんなに重く考えてしまうんだ私!?エイトの時は殆ど思わなかったのに!?…多分あれかな。「色んなジャニーズに手を出そうとしてる自分」がマジで無理になってきてるのかな?…何でもっと楽観的に考えられないんだろうね私?


最近人付き合いに疲れて、人と話すのがどんどん怖くなってきて軽い対人恐怖症っぽくなってる自分にとって「何も話さなくても楽しいもの」ってやっぱり安心するんですよね。だからこうやって1人でブログにただただ共感を得ようともせず綴る。人付き合いに疲れすぎて色んな人との関係を自分から絶ってしまった。「自分とは話さない方がいいよ、今の私と話しても何も楽しい話題は出てこないよ」と思って。相手には申し訳ないんだけど。それくらい人との出会いに疲れて新たな出会いを諦めかけているくらいメンタル腐ってきてます。でもそんなんでいいのか私?もういい歳してそんなコミュ障でいいのか?恥ずかしいと思わないのか?と思う自分がいたりする。「何とかしなきゃ」と思えば思うほど無理が出て来る。もう分かんないね。自分でも分からない、どうしたらいいか。正直最近心が穏やかな日ほどいいことがないから「自分は心穏やかにいちゃダメなんだ」って思ってしまうんですよね。今日も心は割と穏やかな方だったんですけど案の定いいことなくて。あーやっぱそういう運命なんだなって。んで毎晩仕事帰りに「あーこのまま消えてもいいかなあ、誰か車で轢いてくれてもナイフで誰かに刺されても別にいっかなあ」なんて空見上げながら思うのが日課


ヤバイね。激重だね。


それでもジャニーズ全般にハマってるわけじゃなくて、こんなメンタルでジャニーズWESTとかSexy Zoneとか見たら死ぬほどギラギラしてるからただただ疲れるだけなんすよ。好きとか嫌いとかじゃなくて単純に「合う合わない」の話。ジャニーズWESTなんて最初好きだったのにコンサート行ってだんだん萎えちゃった人間だからヤバイよね私。決してコンサートが悪かったわけじゃなくて単純に私と合わないなあって思っちゃったのが悪いんだけどね。もしかすると10年後くらいにWESTのことをまた好きになってるかもしれないしそればっかりは分からない。前に書いたかもしんないけどWESTのギラギラ感を見てボロボロ涙出てきたもん、何故か。初めてコンサートであんな泣いたよ。しかも泣いたの彼らが登場した時だからね。意味分かんないよね。自分でも分からない。コンサートに感動して泣いたとかじゃないの。「ギラギラしすぎてて私とは合わなさすぎる……」というめちゃくちゃ謎な理由で泣いたからね。そしてそれとは対照的に疲れてる時に聴く落ち着いたKinKi Kids。頭がおかしくなる9mm Parabellum Bullet。ちょっと大人になったエイト。死ぬほど沁みる。そして聴けば聴くほど余計に疲れる。…ただの負の連鎖。(爆笑)


もういっそのこと全ての「好き」を放棄する方が楽なんじゃ…と思うけど、多分放棄してもいいけどそれ即ち私即死を意味すると思うからそれはさすがに出来ない。どうしたいんだ私。


本当はKinKi Kidsも好きな自分をもっと受け入れたい。愛とかもっと語りたい。でもそんなことを話せば話すほど自分のことを嫌いになっていくから出来ない。「何してんの私…」と真面目に凹む。ネット見てたら自分よりもヤバイジャニヲタなんて腐る程いるし、「彼氏がいても絶対コンサート優先するし彼氏よりジャニーズに投資する」みたいなヤバイ奴もいるし多分私はそうはならないしなりたくもないし、もうちょっと現実見ようとは思うタイプだけど、「そんなことをして許されてるのって自分に自信が沢山あるからなんだろなあ」とも思う。ちょっとだけ羨ましい。まあ私は当分彼氏など出来そうにもないけど。人付き合いを諦めかけてるので。ジャニーズを好きになって一体何の得があるんだろう。そしてそもそも何故趣味に損得を求めてしまうんだろう。何故こんなにも趣味を無駄と感じてしまうのだろう。虚しさを感じてしまうんだろう。

「フラワー」の歌詞で「若いくせにさ 哀愁たっぷりで やるせないよね」って歌詞があるんだけど「…なんかすんません」ってなった。(笑)



「偶像」って本当に残酷な生き物ですね。
頭痛い。