地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

友達はいつでもいいもんだ


どうも。
昨日今日とさいたまスーパーアリーナではBUMP OF CHICKENのライブだったようです。

あ、私が応募して悉く外れた公演じゃん。

と、笑顔で帰っていくファンの方々を見て思い出しました。(実はずっとこの公演を応募していた人)


あ〜BUMP見て思いっきり泣きてえ〜〜
藤くんの声聴いて泣きてえ〜〜〜


と思ったので帰りはずっとBUMP聴いてました。違う意味で泣けてくるわ。




はい、そんなわけで。
昨日は初めて吉祥寺に上陸しました。

京王線に乗る機会があんまり無かったので…乗っても下北沢行く時くらいにしか乗らなかったけど、友達が案内してくれるということだったので行ってみることに。


その前にCDを返しに渋谷に行ったんですけど。

ほえー…打首さん武道館公演するのね…凄いね…おめでとう………




で、返し終わって吉祥寺に行きました。

吉祥寺って東京の中でも割と住みやすそうな街だな、と思いました。程よく都会って感じでした。雰囲気も割と落ち着いてたし。


まずはラスカルベーカリーに行きました。可愛い。


パンを買って、目の前にあった公園で食べました。

ラスカルのチョコクリームパン。可愛いけど、おでこにコブが出来ていて殴られた後みたいになっててちょっと可哀想な感じだった…(笑)


食べていた公園で色んな家族が子供と遊んでいて、見ていてめちゃくちゃ和みました。平和の象徴って感じ。割とパパと子供が遊んでる姿を多く見た気がします。平日はお仕事でなかなか子供と遊べないから、週末は遊ぼう…と思ってる方が多いのかな。いいパパたちだ。


その後は吉祥寺をプラプラ。

とあるものを見つけました。

あーーーーー!!!!そういえばーーーー!!!!となりました。

ブンブブーンでやってた「はちゅカフェ」。そういえばアレ吉祥寺だったな…!と見つけて軽く感動。
最初番組を見てない時に職場のキンキ好きさんから「爬虫類のカフェがある」という話だけ聞いていて素直に「気持ち悪そう」という感想だけ持っていましたが、番組を見てみたら意外と爬虫類が可愛かった。ヘビはヤバかったけど。いつか行ってみたい。今回は見るだけで終了。


その後駅前をプラプラしていると、某デパートで「ショコラストリート」っていうチョコ販売ブースを設けていたそうで、見てみることに。


可愛い。星の王子さまムーミンとコラボしてるチョコがただただ可愛かった。そして買ってしまった。自分用に。(笑)


その後は商店街をプラプラして、時間が少し余ったので井之頭公園に行くことに。なんか友達曰く、この公園は天皇が国民に与えた(?)土地らしい。井之頭公園も初めて行きました。


そしたらなんか池の水が全て抜かれていてあまり見栄え的にはよろしくないような姿になっていました…池の中の清掃でもしてるんだろうけどね。汚そうだし。


井之頭公園の池の周りをぐるっと歩いて、飲みに行きました。井之頭公園から歩いてすぐの所にあった「ソラゼノン」というところ。3連休初日なのにお客さんがそれほどいなくて落ち着いて過ごせました。嬉しい。でも店内がなかなか強烈でした。


このお店はビルの6階にあるんですけど、まずエレベーターを降りた瞬間等身大の北斗の拳ラオウ様が立っていてめちゃくちゃビビります。そして壁面にはこういう北斗の拳のイラストによく分からないセリフが書かれている絵画が沢山掛けられていました。なんだこのシュールなお店は。


まあそんな感じでゆったりしていたんですけど、側から聞いてたら"かなり頭のヤバイ人"の会話をしていた気がします。(笑) 自分なかなかに病んでるなーって思った。(笑)


まず私のブログ読んでて私が羨ましいと言われた。いやこの結構なクソブログに何の魅力があるんだ…?って思ったけど、「まだ人に求められることを諦めてないから羨ましい」と言われた。そこ羨ましいのか…というかどこから感じるんだ…って思ったけど、友達はその辺を既に諦めているらしい。「人に期待するのはやめた」って…それは私よりも重傷じゃないか…??って思ったけど、私も人を見るときまず疑いから入るから人のこと言えないなーと。「人を信じる」なんて到底出来そうにないかな。


で、ひょんなことから私のここ最近のジャニヲタ化の話になったのですが、「ジャニヲタになるにつれて自分が凄く嫌になる」という話をしました。こう見えて実は凄く嫌なんですよ。ハマってきてる自分が。友達には「好きなことがあることはいいこと」と言われましたが、私の中では「素直に受け入れて好きになっていけばいいと思う自分」と「いい歳して好きなことばっか考えて何してんだよもっと現実見ろよと思う自分」がかなりせめぎ合ってる状態になってます。「行動する自分」と「考える自分」の両者がお互いの考えを曲げないせいでこういう葛藤がいつまでも生まれてしまう、という結論に至り、結局は「どちらかが妥協しないと終わらない問題」という話で終わりました。まあそうですよね。ちょっとだけ心の中でのモヤモヤが取れました。


でもその子も根本的な悩み(?)は私と変わりませんでした。ジャニヲタ化が進んでいる私の場合「分析する相手」は「ジャニーズ」に向けられていてその間で葛藤しているという感じだけど、友達の場合はその「ジャニーズ」が「自分自身」なだけで、決してその子は自分大好きナルシスト女〜みたいなクソ女というわけではなくて、単純に「自分自身を分析することにしか興味が湧かない、それを逸して別の相手を対象にして分析していくとなるとその相手に依存してしまうからそれが怖くて自分自身の中での分析で収まっちゃう」と言っていました。結局は2人とも今自分自身が抱えてる世界から逸脱するのが怖いだけなんですよ。(笑) 極論ね。


このそこそこヤバイ話が静かなカフェの中で無駄に白熱したおかげで離れた所に座っていたカップルが「アイツらやべえ話してる」って絶対思ってただろうけど、私的にはこういう物事を客観的に捉えて会話出来る友達って凄く大事だなあって思います。そしてそういう話が出来る友達はやっぱり大学の友達が1番多いんですよね。いい意味で筋の通ってるアホが多くて会話が非常に有意義だなあって1番思えます。上手く言い表せませんが。


物事を感覚的に話すことも時には大事だとは思います。深く考えない方が楽、みたいな時もあると思います。でもずっとそうだと何だか自分の中でモヤモヤしちゃうんですよね。「ホントにそれでいいのか?」と思っちゃう自分もいたりして。なんか深く考えたい時もあるわけで。それをちゃんとアウトプット出来る友達って大事。というかそういう友達しか私は要らないって思った。昨日話してて。後先考えず適当にわ〜〜〜っと感覚的にしか話さない人ってやっぱり惹かれないかな。私は。


まあたまにはこういう真面目(?)な話もしたいよね!!ってことですよ。ありがとう友よ。楽しかったよ。もうちょっとジャニーズ好きになっていく自分を受け入れてみようと思いました。




どうでもいいですが。

ここに来て何故か超今更なファンタスティポブームが来ています。懐かしすぎてずっと聴いてるわ。当時映画も何故か観に行ったし(内容は全く覚えていない)何故か実家にポスターもあるし(地元の友達から何故か貰った)トラジハイジが出てた時のうたばんも見たし(当時SMAPガチファンだった私はリアルタイムで見てた記憶あり)CDも借りて親の車で死ぬほど聴いてたから今でも歌詞全部覚えてるという奇跡が重なったこの曲(と映画)ですが実は色んな思い出がありました!!ファンタスティポ最高!!私の中での1番最高だと思うジャニーズ2人ユニットは修二と彰でも亀と山Pでもなく
トラジハイジだぞ!!!!

(ハイジくんの美声が聴きたいだけですすみませんそして意外とトラジくんって歌上手いんだと気付かされる曲ですそして地味にいい曲です)

あーホント懐かしい。懐かしいしかいえないこの歌。懐かしいからしばらくずっと聴けるわ。(笑)


何話してるか分からなくなってきたので終わります。それでは。