地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

「33分探偵」とかいうやばいドラマを観た&自分の「恋愛観」「価値観」

 

どうも。

昨日とは打って変わってジャニーズのお話をさせていただきます。

 

 

33分探偵」というドラマを観ました。

www.fujitv.co.jp

 

私これまでジャニーズの出てるドラマってあんまり観てこなかったんですよね。SMAPが大好きだった頃は結構観てましたけど、それ以外はあんまり見てないかなぁ…。なのでそれくらいドラマには疎い私でしたが、とりあえず剛さんのドラマなんか見てみようと思って(実は私有名な金田一もちゃんと観てないし未満都市も観ていないというなかなかクソ俄か野郎なんですよね)見つけたのがこの「33分探偵」。

予習をちょこっとだけしておこうと思ってWikipediaでとりあえず調べるじゃないですか。あらすじだけでも…と思って。

それを読むまではね?タイトルだけ見て「ああ、何かどんな事件も33分で解決できちゃう凄腕探偵役でもしてたのかな」なんて想像していたわけですよ。

作品の流れの大半は、「事件が発生 → 状況から犯人がすぐに判明 → 六郎だけが疑問をもち33分間捜査を行う(この間、他の事件関係者が次々に容疑者に仕立てあげられる)→ しかし、結局のところ犯人は最初に判明した通りの人物であった」 という形を取る事が多い。まれにこの構成を逆手にとって真犯人が別に存在するケースがあるが、その場合でも犯行の動機や手段については的を外している(たいがい、実際は六郎が考えたものより至極単純なものである)。

33分探偵 - Wikipedia

 

ん????????????????

 

とりあえず、観てみよう…と思ってYoutubeにあった動画を拝見。

5話まで見たんですけど、とりあえずやばい。色々ヤバい。

いやもう本当にWikipediaの記載通り。

 

とりあえず事件が発生して、最初から明らかに犯人も分かっていて解決出来る状況であるんだけれども、あまりにも解決までの尺が短すぎるからどうにかこうにかして33分色々無茶苦茶な推理をして何だかんだ絶対無実だと分かっていながらも周囲の人をとりあえず犯人扱いしたりして尺を長引かせるけど結局犯人は最初から分かっていた人だった

 

っていうことを毎回繰り返す、色々カオスなドラマです。

いやあ…何で剛さんのことを知ろうと思って最初に見たドラマがこれだったんだろう、私……(笑)とりあえずずっと笑ってた…。

剛さんの役名が六郎っていう名前なんですけど、クソみたいな推理を毎回するんですよね…「なるほど」のことをいちいち「なるほろ」って言うのはちょっと可愛かったですけどね。(笑) 六郎の移動シーンのCGがチープすぎて笑えます。今時そんなやっすい加工あるかよ?ってくらいチープです。それを何もかも凄い真顔で(なぜか)真剣に取り組もうとするから余計に笑えるのです。

 

一番やべえなって思った推理が、ある人が誰かに殺されて犯人はどうやってその人を殺したのか?ということを考えた時に「犯人は何か鋭利なものを刺されて死んでいるのが分かっている。で、多分犯人は料理人だから冷凍庫に入れてカチカチに凍らせていた魚を隠し持っていたアーチェリーで厨房から被害者に向けて撃ったんだ」ともうこの時点で既にやばい推理が成立しているのですが、その料理人は勿論否定。「俺はアーチェリーなど持っていないし、大体その日冷凍庫に入っていた魚はカツオだけだ」ととりあえず無茶苦茶な推理にも反論してくれます。周りも「カツオはさすがに撃てないよね…カツオなんて撃てるわけないよね…」ととりあえず突っ込んでくれます。しかしそこで探偵六郎が「フッフッフ……」と不気味な笑みを浮かべ、「アハハハハハハハ!!!!」と何かを閃いたかのように突然すごい勢いで笑い出します。そしてその後に超どや顔で放った一言がこれ。

 

「そのカツオは瘦せ細ってかなり鋭利になっていた!!!だから撃てた!!!!」

 

 

と、もうこれはこれは自分の推理が完璧だと言わんばかりの自信に溢れる顔で言うのです。勿論誰からも賛同は得られません。むしろ「何言ってんだこいつ?」みたいな顔で見ています。それがしょうもなさすぎて笑えます。ちなみにこの料理人は犯人ではありませんし、アーチェリーなどどこにもありません。勝手な六郎の憶測です。

あとはこのドラマ、佐藤二朗さんが出てるからその時点でもうやばい感じがプンプンしますよね…。あの人マジで意味不明だけど好きです。(笑)

 

まあこんな感じで「しょうもないの連続」なのでそういうのが好きな方はおすすめです。(笑) 私の最初のチョイス間違えたな。無難に金田一とかにしとけばよかったな。(笑)

 

 

 

 

 

話は変わりまして。

これも剛さんのお話になって申し訳ないのですが、Youtubeを色々漁っていると某番組に剛さんが出ていて、そこでそれぞれの「恋愛観」についてお話しされていたんですよね。

別に剛さんが可愛かったとかそういう話はどうでもいいんですけど、私基本的な恋愛観は剛さんと近いものがあるなあ、とちょっと思ったんですよね。で、自分の「価値観」「恋愛観」って何なんだろう?って最近よく考えるようになったんですよ。

 

そこで話していたのは、まあこれは剛さん自身が色々大変な思いをしたからこういう意見を持ってしまうようになったのかもしれませんが…まず自分が女の子と接する時にどういう基準を持って接するか?という話題になった時に「その子は本当に僕とずっと一緒にいたい、ついていきたいという思いを持って接してくれているのか、それとも僕の資産や立場目当てで接しているのかっていうことを凄く分析して判断する。でもそれは相手の目を見れば分かる」と言っていました。アイドルって大変だなぁ…って思ったけど(笑) とりあえず「計算高い女は嫌い」だと。私も大っ嫌いです。「色仕掛け」「ぶりっこ」「テクニック」そんなもの使っていく方が面倒くさいです。でも世の中の男はそういう女に弱いからすぐコロッといっちゃうんですよね…(笑) その辺の感情が本当に女からすると理解出来ないんですよね。「男は単純」という言葉をよく聞きますが、だからこそ女は男に対して疑い深くなっちゃう生き物なんだと思います。でも男はその疑い深い性格が「面倒くさい」と。あとは「キャッキャキャッキャ無駄にしてる子も苦手」とも言っていましたがこれも凄く分かります。無駄にキラキラしてる子、はしゃいでる子とかと絡むと正直めっちゃ疲れます。 いつぞやの某番組で剛さんが「僕の感情はもう仙人の域に入っちゃってるんで(もし結婚するなら)仙人みたいな女の子と一緒にいたい」なんて言ってて誰からも賛同を得られてませんでしたけど私はめっちゃ分かりましたよ。(笑)

なんかこの年でそんなキラキラとかキャッキャとか全くしていない私だから本当にいいのかよ…なんて思っちゃうときもありますけど、仕方ない…。

 

もし私が結婚したいと思う相手に求めるものは、「優しい」「面白い」「一緒にいて楽」とかそういうありきたりな意見は無しにして(それはまず大前提にあるとして)、

 

  • 一緒に物事を真剣に考えてくれる人
  • ちゃんと会話をしようとしてくれる人
  • 好きなものを好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言ってくれる人
  • 恋愛に割と不器用な人
  • 無駄に意識高い系じゃない人
  • 夢の国に楽しく行ってくれる人
 
こんな感じですかね…これは理想が高いんでしょうか?顔とか無駄に不潔じゃなければ別になんでもいい。勿論最低限の身だしなみは整えておいてほしいけれども、顔は私がブスだから相手もブスで全然いい。(笑) むしろイケメン苦手だからさ…。
恋愛に不器用な人」っていうのは、相手が無駄に女慣れしているとすっごい疑い深くなっちゃう気がするんですよね。無駄に心配性なんで。だから相手も不器用なくらいがお互いにギクシャクして試行錯誤できそうだからいいのかな、なんていう恋愛経験少なめ系女子の言う戯言ですけどね…。「無駄に意識高い系じゃない人」っていうのは、もうとにかく全ての物事を物凄く前向きにとらえて「俺はどんどん頑張っていくぞ!!」というスタンスを常に維持している人は、話しているこっちが疲れちゃう。別にそう思うことに関しては全然悪いとは思わないけど、私は「少し欠陥のある人」の方が好きかもしれないです。完璧な人間なんて殆どいないんですけど…でもそういう人って自分のそのスタンスをこっちに押し付けてこようとする人が多い気がするんですよね。「俺はこんなに頑張ろうとしているのに何故お前は同じように思えないんだ!?」って。勿論そう思うことは大事です。大事だとは思いますけど、人間だれしも持っている価値観というものは違うわけで。ピッタリ全てが合う人なんて殆どいないと思うんです。なのにそれを無理矢理同じように持っていこうとする人に疲れちゃうっていうお話。
 
 
ちゃんと会話しようとしてくれる人」これって「当たり前でしょ」って思うかもしれませんが私は当たり前だと思わないです!!意外とこれ大事だと思うんです。
 
これは恋愛観とは少しズレますが、人間だれしも「相手の許せない行動」ってもんがあると思うんです。相手のすべての行動を許せる人こそ本当に仙人だと思うんですけど(笑) ちなみに剛さんは「レストランに一緒にご飯を食べに行ったときにレストランの提示しているメニューに敢えてアレンジを加える人は嫌。最初から”私はお客さんなんだから”というスタンスで言っているのがその人から滲み出てきてるように思えて凄く嫌」と言っていました。私は別にメニューにアレンジを加えること自体は何とも思わないけど、後半の「私はお客さんなんだから」スタンス云々ってのは接客業をやっている身からすると物凄く分かる。とにかく「上から目線で言ってくる人」は嫌ですね。
 
まあこんな感じで、私にも許せない行動ってのがあります。それはもう男女問わず、友達家族同僚友人…誰でもそうです。それは「自分と会って遊んでいるのにスマホをいじりながら話す」もしくは「スマホをずっといじっている」。(前にもこんな話をした記憶がありますが忘れちゃったので再度しようと思います)
 
別に相手が「私もするから全然していいよ~」なんていう人だったらそれはしてもいいんだと思います(まあ正直それもどうかと思いますけど)。勿論「触るな」とまでは言いませんが…でも普通直接会って会話しようとしている時にスマホをいじりながら話されると物凄く嫌な気分になりませんか?単純に「私といててもつまらないのかな」とか「そんなにスマホいじりたいなら家帰って一人でいじっとけよ」ってなりませんか?単純に人と会話しようとしている時にそういう行動を取るのって相手に「失礼」だと思うんですよね。だって「話すことを放棄している」という行動の現れじゃないですか?だから私も友達と遊んでいる時は極力スマホはいじらないように心がけてはいますけど、相手があまりにもそういう態度を取ってきたり、会話をしようという心がけが見えてこなかったりすると私もスマホをいじります。
でもやっぱりそういう行動を取る人って「自分が別に相手もスマホをいじることに対して何とも思わない」からそういう行動を取るんでしょうね…。それが信じられないんですけどね…。いつかこの世の中から「会話」が消えて行っちゃうんでしょうか…。
 
 
だから話を戻して「会話をしようとしてくれる人」って本当に大事だと思うんです!!エイトの「奇跡の人」の中でも「スマホじゃなくて俺を見ろよ 会話が一番大事やん」なんて言ってるじゃないですか…他にも最近のSNSを揶揄るような歌が色々出てきたりしてね…。まあSNSなんて上手に使わないと本当に疲れちゃうツールだと思うんですよね。私は上手に使えなかったので手放した身ですが。
 
 
あと私の中で「恋愛は不平等」だと思ってるんですよね。どんな恋愛も「愛されている方が有利で、愛している方が不利」これは絶対だと思うんです。
まず「愛している方」。例えば自分が告白した側だったら、たとえ付き合ったとしても「ちゃんと相手は自分のことを愛してくれているのだろうか」と常に不安になっちゃうと思うんです。どんなに愛情を注がれても、どんなに優しくされても、心のどこかでは必ず不安になります。「相手にとって好きでいてくれる存在でいたい」と思う気持ちがより強くなる立場だと思うんです。「嫌われちゃったら終わりだ」という感情がより強くなると思うんです。一方で「愛されている方」。こっちが本当にたちが悪い。無意識だとは思うんですけど絶対心のどこかで「自分は愛されているから嫌われることはまずない」という心の余裕が発生しているんですよね。だから相手にも寛容になれる。でもこれが歪んだ方向に進むと「嫌われることはないから相手に何を要求しても大丈夫だ」という感情が発生する。自然と「愛されている方」が立場が上になるわけです。
まあこんな感じで、要するにこの不平等な恋愛をどうやってバランスよく保つか、ということが重要になってくると思うんですよね。
でもやっぱり恋愛は自分が追いかける方が楽しいですよね…。まさに
 
あ~い~されるよ~り~も~~~
あ~い~したい
 
MA・JI・DE☆☆☆
 
ですね!!!
2018年私の恋愛運はどうやら自分から行動すれば出会いがあるいい年になる…という運勢らしいので、どこかに運命の人がいて見つかるといいな~!!
 
 
以上、おやすみなさい。