地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

人生初のKinKi Kidsのコンサートに行ってきた


※ネタバレしますコンサート参戦する人は見ない方がいいと思います



どうも。


タイトル通り、人生初のKinKi Kidsのコンサートに行ってきました。ツアー初日の16日の土曜日。素晴らしいの一言に尽きました。余韻が酷すぎてずっとキンキ聴いてます(単純)。



事の発端は、前回会社で研修があった時に隣だった入社前から割と仲良くしてた同期(♂)がひょんなことから堂本剛が死ぬほど好きという話になり、私も堂本剛好きなんだよ〜みたいなことを話したら「今度コンサートあったら行く?」と誘われたので「行きたい行きたい!」と言うと丁度いいタイミングでKinKi Kidsがツアーをすると発表があり、東京ドーム公演に誘われてそれが当たったのでお言葉に甘えて行かせて頂きました。その人は今年予定していた堂本剛の恒例の平安神宮公演が当たってウハウハしていたみたいなのですが、皆さんご存知の通り彼が突発性難聴を患ってしまいその公演が中止になり、払い戻しが発生して2日間ほど寝込んだらしいです(笑) それもあって今回のコンサートは余計に楽しみにしていたそうです。どうでもいいけどその同期が岡崎体育にめちゃくちゃ似てるんだけど誰かわかってほしい。でも誰も分かってくれない。つらい。


男のKinKi Kidsファンってのはあんまり聞かないですね。その人はファンクラブも入ってるし、何より堂本剛は神みたいに崇めている人なのでちょっと笑ってしまいました。


まあそんなこんなでKinKi Kidsのコンサートに行くことになり当日を迎えたわけですが、その同期も当日まで敢えてチケットを見ていなかったらしく、今朝座席を見て発狂したそうです。(まあこの話は後ほど)


お昼に待ち合わせして東京ドームへ向かったのですが、KinKi Kidsのファンは結構年齢幅が広かったように思います。若い子もいればおばちゃんもいたり。そして圧倒的女性率。今まで私はジャニーズはSMAP関ジャニ∞ジャニーズWESTのコンサートには行きましたが、ここまで女性が大半を占めているジャニーズは初めてだった気がします。本当にどこを見渡しても男がいない。同期が「男のキンキファンがいなさすぎて悲しい…」と嘆いていました。まあジャニーズって本来そういうもんなのかもしれないですけど、キンキって勝手に男のファンもそこそこいるのかなーなんて思っていたので驚きでした。



今回だけかもしれないですけど、キンキのコンサートは他のジャニーズのコンサートとはちょっと違うような気がしました。まず今回のコンサートはうちわもペンライトも一切無し。ジャニーズの定番グッズが一切無かったのと、グッズのバリエーションがかなり少なかったです。パンフレット、フォトセット、クリアファイル、トートバック、ブランケット、ポーチ、ダイアリーくらいでした。(多いように見えますがジャニーズにしてはかなり少なめでシンプルにまとめてる方だと思います)私も勢いでグッズを少し買ってしまいました。


開場して入ってみるとそこはもうコンサート会場だったのですが。


まさかのアリーナの前から2列目。


人生初のキンキのコンサートで東京ドームのアリーナの前から2列目とかどんだけ贅沢なんだよ…なんて思いながらテンションがかなり上がっていました。子供の頃からテレビでしか見ていなかった人がもうすぐ目の前に現れる…と思うと何だか泣きそうになりました。


とりあえず色んな人から事前に聞いていた情報では、

  • キャーキャー黄色い悲鳴はとりあえず無い
  • OPの映像はとりあえず無いし静かに2人は登場する
  • MCが長い
  • MCは基本ダラダラ喋る
  • 時間は3時間程度


……ジャニーズなのにどんなライブだ???なんて疑問しか浮かばない情報でしたが、まあ「歌で魅せる」ことがメインなキンキらしい演出っちゃあ演出だなあなんて思いました。


今年KinKi Kidsはデビュー20周年記念ということで色んなイベントを企画していたそうですが、まあ剛さんがああいう状況になり色々大変な状況になった中での今回のコンサートだったのでとりあえず演出の都合でペンライトとうちわは一切無し。そして基本剛さんはずっとヘッドフォンをつけながらの歌唱。そして楽器は一切弾かず、激しい踊りも無し。ひたすら棒立ちで歌っていました。その剛さんのできない部分をカバーしていたのが光一さんって感じでした。でもとりあえず言いたいのは、


剛さん、おかえりなさい。


この一言ですね。


以下割とネタバレするのでみるの注意して下さいね。


















先程書いた色んな人に聞いた情報は、殆ど正しかったです。


とりあえず会場に入るとまず今までのシングルだったりの曲名がどーんと書いてあるステージになっていました。多分先日出たベストに入ってる曲名がズラーっと並べて書いてある感じ。職場にいるキンキファンの人から今回のコンサートは20周年記念コンサートということもあり、ベストを発売したからシングルから割とやるんじゃない?なんて言われていたので俄かファンな私でも十分楽しめる内容なのかな?なんて期待していたのですが、その期待通りでした。確かにシングルからかなりやっていました。何曲か分からない曲はあったけど。


で、やっぱり今回のコンサートは特別というか異色だったんでしょうね。まあ剛さんがああいう状況になったんで仕方ないんですけど、花道も無いしずーっとセンターステージで歌う演出でゴンドラ等で色んな客席を移動する演出は一切無し(今までのキンキのコンサートがどんなだったのかは知らないですが)。「ファンサ」という概念もなければキャーキャー言う概念も一切無し。かなり異色でした。コンサートが始まる!って時も照明が暗くなるわけでもないし、むしろ照明は明るいまま無音で映像も流れずスタートするし、2人も突然現れるからなかなかスタートが読めない。でもこれはファンにとったら当たり前のことなのかもしれませんね。


早速ニュースにもアップされていましたが、コンサートは全体的に「しっとり」した雰囲気でした。聴かせにかかってる感じ。バックに壮大なオーケストラがいてその人たちと一緒にステージを作っている感じでした。で、最初がまあ絶対20周年だし歌うだろうなと思っていたAnniversary。これは聴きたかったので嬉しかったです。その後もシングルを歌ったんですが曲がかなり曖昧…。愛のかたまりは死ぬほど嬉しかった。青の時代も歌ってくれたのは嬉しかった。


しっとり歌い上げた後にMCが入って、それでもう今までのかなりいい雰囲気ぶち壊し。いや、彼らからぶち壊しに行ってました。もうね、関西人の悪い癖出てるよね。(笑) 関西人なのと死ぬほどマイペースなのとでなんかもうとにかくゆるい。しかも今日に関しては光一さんがかなり頭おかしくなってた。(笑)(笑)


一個言っておきますけどKinKi Kidsだって関西ジャニーズ、関ジャニですからね!関西ジャニーズの先駆けですよ。全く関西人感出してませんけど。今でこそ浸透してますけど冷静に考えるとKinKi Kidsだって「近畿キッズ」ですからね!!もう「キッズ」じゃないですけど!!みんな忘れないでね!!2人とも関西人なんですよ!!ただ、2人とも兵庫と奈良出身なんで関西人の中でも割と落ち着いたタイプだと思うんですよね。エイトみたいにガヤガヤなんて全くしてないですけど根は関西人ですからね。


とりあえず話の内容が緩いし「僕らめちゃくちゃカッコつけてるんですよねあはは〜もうカッコつけるとか無理ですわ〜」みたいな雰囲気のことをいちいちMCに入るたびに言うからこっちもよく分かんないテンションになってくるという(笑)


MCの内容を軽くまとめると

  • スタンド上段の人たちからは俺らは豆粒以下にしか見えてないでしょという話から先週光一さんが東京ドームで嵐のコンサートがありそれを見に行ったら豆粒くらいにしか見えなかったという話だから嵐でそれくらいだったら俺らはもっと顕微鏡くらい使わないと見えないでしょって話
  • 光一さんが服に疎すぎて「オールインワン」を知らなくて「ホールインワンみたいだけどホールインワンみたいな感じなの?」と聞くと剛さんが会話が面倒だから「そう」と適当にあしらって光一さんがキレた話
  • 光一さんが突然オネエ口調になる話
  • 20年以上の付き合いでとうとう剛さんが光一さんに真顔で「は?」と言ってしまった話
  • とりあえずバックの人をイジる話

こんな感じで光一さんが絶好調でした。2人ともいつから死ぬほどマイペースなキャラになったんだ…?もう生き急ぐことをいい意味で諦めたというか素晴らしい程の落ち着きを持っているので菩薩2人って感じでした。


その後に今年の夏に剛さんが聴けなかった横浜スタジアムのお客さんの大合唱を聴かせてあげようとなりもう君以外愛せないの一番をお客さんで合唱。剛さんも感激して「お客さんの声で音源化とか出来たら素晴らしいね」なんて言ってました。


んで後半は互いのソロコーナーでしたが曲は正直分からなかったです。すみません。でも光一さんの曲は激しいダンス曲でカッコよくて、剛さんはなかなか不思議な世界観だった上にあの神がかった歌声だったのでとても不思議な気持ちになりました。どっからあんなに素晴らしい歌声が出てるんだ。


ソロコーナーが終わるとシングル定番曲がどんどん披露されるゾーンに突入。硝子の少年が流れた瞬間銀テープが飛ばされ、ギリギリ私取れず。同期は1本だけ取れて興奮してました。硝子の少年どころじゃないという。でも子供の頃に聴いてた曲を生で聴ける感動がデカかった。


その後も僕の背中には羽根がある、愛されるより愛したいなどの懐かしい曲を連発。本編最後を薄荷キャンディーで締めたのめちゃくちゃ良かった。


アンコールは光一さんがギターを持っていたのでHey!みんな元気かい?か全部抱きしめてのどっちかを歌うと俄かファンなりに考えたのですが、歌ったのは全部抱きしめてでした。なんか歌ってる間に客が掛声してたけどなんて言ってたんだろう?そして最後にやった曲は2人で共作したFamily〜ひとつになること。またそれが感動的で良かった。


光一さんがソロコーナーで着替えている間に剛さんが今回の突発性難聴について話していました。


「僕の病気はこの先もしかしたら完治するかもしれないし、ちょっと治るけど完全には治らないかもしれないし、一生治らないかもしれない。未来なんて誰も分からないけど、僕は必ずいずれかの未来になって、そのパズルにはまります。まあどの未来になったとしてもその人生を受け止めて生きていこうと思います。無理してないかって言われると無理は勿論してますよ。無理してますけど、意味のある無理だと思うのでそういう場であれば無理してでも立つ意味はある」


なんて言ってました。
カッコよすぎかよ。



とにかく、


剛さんおかえりなさい。

(2回目)


そして

KinKi Kidsデビュー20周年おめでとうございます。



またコンサート行きたいわ。普通に楽しかった。
終わってから「あの空間で死にたかった」と2人で連呼してました。(笑)