地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

flumpoolが活動休止になった件

なったみたいですね。驚きと残念さが入り交じってます。


これに関してはまさかとは思いましたが、以前からボーカル山村氏もポリープを患ったり結構喉に負担をかけていたのもあってこうなったんじゃないかなと思います。



何故突然flumpoolの話を出したかと言いますと、私昔はめちゃくちゃflumpool好きだったんです。今は殆ど聴いてませんが。…すみません。



せっかくなのでflumpoolを聴きながら昔の思い出話でもしようかなと。懐かしいなあ。昔は死ぬほど聴いてたなあ。



元々ロックバンドにハマったキッカケもflumpoolでした。flumpoolが全ての入り口でした。私がflumpoolを知ったのはドラマ「ブラッディ・マンデイ」の主題歌でOver the rainを聴いてからだと思う。auのCMで好きになった人が多いと思いますが、私はそれよりも少し後に好きになりました。あれいい曲ですよね。で、私が本格的に気になり始めたのはauのCMはauのCMなんですが花になれの時ではなく、それの少し後に流れた「見つめていたい」でした。アルバム「What's flumpool?」に収録されているのですが、めちゃくちゃいい曲です。



その後flumpoolに本格的にハマり、初遠征もさいたまスーパーアリーナでのflumpoolライブ2日間でした。シングル「Present」が発売された時に記念?のライブをしていて友達と行きました。すっごくいいライブでした。あの時の風船まだ残ってます。


忘れもしない「Fantasia of Life Stripe」というアルバムが発売された時のツアーで滋賀県びわ湖ホールに参戦したのですが、前から2列目のど真ん中というかなりいい席で見ていたら最後の最後にドラムの小倉誠司さんが自分の着ていたTシャツを脱いで客席に投げました。それが私の目の前に落ちてきて、数人の女でのバトルの末私がゲットするというまさかの結末(笑)


めっちゃいい香りしました。


終わってから沢山の人に「Tシャツゲットされたんですか!?凄いですね!!写真撮らせて下さい!!」と言われました。何だか人気者になった気分でした(笑)


「Because I am…」というシングルが発売された時はかなり衝撃でした。歌詞に「生まれてごめん これが僕です」なんて入れてしまうんですもの。生まれてごめんだなんて言わないで…なんて当時は思っていましたが、そのネガティブさが逆に衝撃でした。多分山村氏も自分に自信がない類の人間であることは間違いないなと。


しかもflumpool、私の大学の学祭に来たんですよね。いつとは言わないけど。…あれいつだっけ。(笑)察しのいい人には大学バレちゃう。
で、その学祭ももちろん観に行きましたよ。楽しかったです。


彼らは関西人だからトークが面白いんですよね。私はギターの阪井一生さんが大好きでした。典型的な3枚目キャラ大好きです。なんかダイエット企画で一瞬NON STYLEの井上さんが入ってたりしてましたが(笑) その辺はよく分からないです。


reboot〜あきらめない詩〜」が好きすぎて腐る程聴いてましたね。当時は。でもこれいい曲ですよ。映画「君に届け」も観に行きましたよ。わざわざ。ラジオのSCHOOL OF LOCK!でflumpoolが講師してた時は毎週聴いてましたよ。本当好きだったなあ当時。



その後もその辺りもちょくちょくライブには足を運んでいましたが、だんだんflumpoolの扱いが「イケメンバンド」になってきて万人ウケしやすいキャッチーな曲ばかり書くようになってきてどんどん離れていっちゃいました。おそらく最近のライブのファンの殆どは女性なのではないでしょうか。全然行ってないから知らないですけど。


まあとにかく山村氏にはゆっくり休んで頂いて、またいつか復活出来る日が来れたらいいですねって感じですね。待ってます。一番悔しいと思ってるはずなので。