地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

日本一の漫才を決める番組を見てて思ったこと


先日M-1グランプリを見ました。


久しぶりにちゃんとM-1を見ました。なんか中川家以来面白いと思える漫才コンビが自分の中で出てこないなーと思っていたのですが(結構中川家の漫才がYouTubeで動画を見まくるくらいには好きなんです)、期待の新星がいました。


M-1グランプリの決勝に勝ち残ったのは以下10組。

でした。

関東に住んでいると全然関西の漫才を見る機会が減ったので聞いたことのないコンビ名が割と並んでいて母親に「あかんな〜」なんて言われましたが、とりあえず母親のイチオシがミキと和牛だったみたいなのでそれは見てみようとかなり期待を込めて見ました。この2組、おは朝メンバーらしくてなかなかに面白いらしいです。おは朝見てえ。こっちでも見てえ。ZIPとかいいからおは朝見てえ。(局違う)


序盤のゆにばーすとカミナリはあんまりちゃんと見られませんでした。だからあんまりネタをちゃんと見てないのですが、割と順位が低かったのを見てめちゃめちゃウケていたわけではないんでしょう。


マヂカルラブリーとか何が面白いのか分からなかった…上沼さんの辛口コメントも納得のいく感じでした。「厳しい」とか言ってる人がいたみたいですけどアレ上沼さんの普通だから。そしてあんまり面白くなかったから。


個人的に面白かったのは「ミキ」と「さや香」でした。テンポ良く元気で勢いのある漫才が私は好きみたいです。この2組はめちゃくちゃ面白かった。でも審査員の方々はやっぱり「正統派漫才」がお好きなようでした。というかやっぱり漫才って正統派が一番万人にウケやすいのでしょうね…。


「ミキ」はめちゃくちゃ面白かったです。私の好きなタイプでした。「総書記ってなんで一番偉いのに書記なんだよ!」っていうツッコミにツボりました。結構1回戦で披露した「鈴」っていうたった一文字の感じであそこまで笑わせられるのって凄いと思いましたけどね。結構ツッコミの発想力高いなーなんて思いながら見てましたが、審査員からはあまり好感を得られなかった模様…。早口すぎて聞き取りづらかったのかもしれません。「さや香」も結成3年目でM-1の決勝まできてあそこまで笑わせられるのは凄いと思いました。歌のおにいさんの披露する歌にめちゃめちゃ感化されるヤバイやつっていうネタが最高に勢いがあって面白かったです。でも審査員の求めている「本当に面白い漫才」とはちょっと違ったのかなあ、と思います。2組とも「勢い」をメインとした漫才だったのでそれでは審査員の心には響かなかったのでしょう。ミキに関しては決勝戦まで進んだけど審査員誰からも票が得られなかったことに驚きました。「何で?」と思ったけどネットを見てると割と「早口すぎて聞き取りづらい」という意見が多かったように思います。うーん。家族皆ミキが一番面白かったと言ってたけどなあ。


母親が「和牛面白いよ、ミキより面白いかもしれない」と言っていたのでめちゃくちゃ期待して和牛見たのですが、正直ミキよりは笑えなかったです。というか1回戦はあんまり笑う要素無かったような…?面白かったっちゃあ面白かったけど私の好みの笑いでは無かったかな。ザ・正統派漫才。多分審査員の一番好む方法での漫才方法だったと思う。聞き取りやすく、かつテンポも丁度いい具合で、緩急つけて笑いが取れる。難しいことをこなしているので好感度も高くなるんだろうな。確かに人を笑わせるって難しい。


ジャルジャルも割と面白かったけど、やっぱりジャルジャルってもうかなりの有名人だから審査員のコメント通り「めちゃくちゃ面白いのを持ってきてくれてるだろう」っていう期待がどうしても大きくなっちゃうんだよなぁ…。最初のハードルが高すぎるせいで、笑いが薄れて見えちゃう部分は確かにあった。でも面白かった。ピーン!背筋伸びてますやん!ピーン!





で、今回M-1グランプリで見事優勝されたとろサーモン。優勝本当におめでとうございます。


まあ、私は全然好みではない漫才のタイプでした。


今年がラストイヤーでこれが最後だって気持ちでやられていて悲願の優勝を手に入れたのは本当に素晴らしいと思いましたが、うーん…そんなに面白かったかなあ…って感じでした、正直。


しかも決勝戦で披露したネタが私がこの間ルミネザ吉本へ観に行った時に披露した石焼き芋の芋神様のネタでめちゃくちゃ驚きました。あれでここ一番を攻めるなんて…。


いやあれ正直全然笑わなかったんだよなぁ…。
つかアレをここ一番の大舞台に持ってくるなんてまさかな…と思っていたので余計に驚きでした。まあほんとこれに関しては好みだと思います。彼らの漫才は「独特」でした。「独特」技法だと審査員にもウケやすいんですかね。でも私は決勝のネタを見ててっきり和牛が優勝するもんだと思ってました。とろサーモンのネタはあんまり笑えなかったし、正統派の漫才が審査員は好きだし、ミキの漫才は面白かったけど早口すぎて聞き取りづらい場面が多々あったからそこが審査員には減点対象になったんだろうなあなんて思ったので(ただ決勝で誰もミキに票を入れなかったのは疑問を感じた)。



ただ、決勝に関してアレは3組とも笑わせるタイプが違ったので本当「好み」だなと思いました。「独特の雰囲気」が好きか、「正統派漫才」が好きか、「勢い漫才」が好きか。審査員の方も最終的には「好み」とおっしゃってましたし。でもとろサーモンがあんなに票を得られたのは意外だったなあ。大吉さんが「つかみがうまく取れていた」と言ってましたが…そうかなあ?(笑) でもそんなとろサーモンの唯一面白いな、と思ったのが最後「もうええわ!」で終わるかと思いきや「え?フォーエバー?あ、それでね」と久保田さんが何度も続けてなかなか終わらないみたいなそういう流れは普通に面白かったです。


何はともあれ私はミキが好きでした。両親も「ミキが一番面白かった」と言っていました。しかもなんかお兄ちゃん可愛いし。(笑) アレは売れる気がするぞ。てか売れてほしい。あと個人的にはかまいたちに優勝して欲しかったなあ。そうなれば「せやねん!」メンバー優勝説がかなり有力視されるしなぁ。過去メンバーも優勝してるし(チュートリアルフットボールアワー中川家など)。


人を笑わせるってめちゃくちゃ難しいことだと思うけど、人に笑ってもらうって凄くいいことだと思う。そんなことを思った時間でした。改めて、とろサーモンおめでとう!