地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

向いてない


こんばんは。
毎日書くと宣言した瞬間書かなくなった私です。どんだけ嘘つきなんだ私は。


ここ最近の出来事など書きたいことは沢山あるのですが、ちょっと今日は今思ってることをそのまま書こうと思います。




昨日友達と遊んでいたのですが、夜飲みに行ってその帰り際にエレベーターの中で中年の男女2人組があることをボソッと呟いていました。おそらく会社の飲み会があったのでしょう。その感想を述べていました。


「◯◯くん、人に合わせすぎて自分がないよね。凄い疲れそう。なんか話してても面白くなかった。私は△△くんの方が面白かったかな」と女性が言い、「そうだね。◯◯くんは人に合わせすぎて話に中身がないからちょっとこっちも話してて疲れるね」と男性が言ってました。その言葉が個人的にめちゃくちゃグサッときました。



私は人に物凄く劣等感を抱きやすい人間です。その性格は今も昔も変わりません。その上自分に自信なんて微塵もないから、自分がひとに合わせることで「相手に好かれる存在」になろうと必死になっていくうちに「自分」が無くなっていくのをどんどん実感していました。テンションが高い子にはテンション高く接する。ちょっと大人しい子には大人しめに接する。そうやってしていくうちにどれが本当の自分なのか分からなくなってしまいました。私も自分がどういう人間か分かりません。そして私には私を象徴する「個性」が全くありません。良くも悪くも「平凡」な人間。よくいうと「ごくごく普通の人間」、悪くいうと「何の面白みのない人間」です。そんな自分には何の魅力もありません。当然需要もないわけです。顔も可愛いわけじゃないしむしろブスの極みだし、その上個性もない人間なんて誰が好くんだ、という感じですが。


この間ドラクエⅢを新たなゲームとして始めたのですが、一番最初に主人公の特徴を決める「性格診断」というものをやらされます。この性格にするとキャラが育ちやすいとかおそらくゲームなのであるとは思うのですが、神様が出す質問に本当に素直に答えてみました。そうすると神様から「あなたは人に合わせすぎて少々自分が出せていない面があるようです。もう少し自信を持って人と接してみてはどうでしょうか」とゲームからもまあまあ真面目な回答で返されてグサッときました(笑)


私はいつの間にか「嫌なものを嫌という力」を無くしてしまったように思います。本当は自分の中で目の前の出来事や物事が嫌だとは思っているけれども、それを嫌ということで誰も得しないという気持ちが先走って嫌と言えなくなっている。「これくらいなら平気」という気持ちで制御しているように思います。最近私は「嫌なものでも前向きな言葉で捉えてみる」ということをしていたのですが、それも何となく疲れてきました。何故わざわざ自分が嫌だと思ったものを前向きに捉えないといけないのか。というか自分が嫌と言うと割と大半の人が受け入れてくれません。「何で嫌って言うの」なんて言ってくるくらいです。自分が嫌って言ってこっちが嫌って言うとキレるくせに。ほんと人間って面倒。そしてワガママな生き物だ。「嫌だな」と言われて「そうか」と一度は相手の意見を受け入れる気すら無いのか。



何が自分の中で「素直」に属するのかもはや分かりません。何だか心が憔悴しきってるように思います。そんな時に聴くBUMP OF CHICKENは最強に泣けます。「GO」と「真っ赤な空を見ただろうか」をぶっ続けに聴いて朝から泣きそうになりました。


あー、考えすぎな性格ほんとやだ。
今の時代に向いてない私。