地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

人に勧められたバンドは好きになることはないと思っていた



久しぶりにゾクゾクするようなバンドに出会った。
聴いててワクワクするような、心躍るような、そんなバンド。


正直人から勧められたバンドで初めてめちゃめちゃハマったバンドかもしれない。



THE PINBALLS。


きっかけは友人に勧められて聴いてみたのだが、最初に聴いた時から「こいつらはヤバイ」と思っていたが、今日初めてライブを見てみてすべてがどストライクだった。曲の感じ、雰囲気、声、ルックス…全てが私の中でハマる要素だった。少しハスキーで、色っぽい歌声。大人っぽい。そんなイメージ。曲も絶妙なロックンロール。単純にもっともっと曲を知りたいと思った。こんなにハマったバンドは久しぶりだ。


下北沢SHELTERに行くこと自体初めてだったが、本当に小さなハコだった。そんな狭い空間で、めちゃめちゃアツいライブが行われた。かっこいいの一言に尽きた。対バン相手の黒猫チェルシーもロックンロールを楽しんでてカッコよかった。映画の主題歌を歌うことも驚きだが、何よりその映画にボーカルが出演しているのも驚きだった。


ここ最近客数が5万人だったり7万人だったりの超大規模なライブにしか行ってなかった私は今日の100人いたかどうかくらいのライブがとても新鮮で楽しかった。世の中ライブにも色んな種類のライブがある。


にしてもこんなにどストライクなバンドに出会ったのはTHE BACK HORN以来かもしれない。私が見ていた場所の目の前で狂ったように暴れていた女がいたけど、まあその気持ちも分からんこともない。あれは好きな人はとことん好きになるタイプのバンドだろう。私はあの歌声がどストライクすぎて惹かれた。


久々にシビれるライブを見たなあ。
これからもライブで見続けたいバンドに出会えた気がする。



ありがとう、THE PINBALLS。