地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

【ネタバレ有】関ジャニ∞は「アイドル」だということを再認識してほしい


私の2017年エイトライフが終了しました。
感想を書きます。
ちょっと事務所にファンレター書きたいくらい色々と感想が書きたくなっています。



そしてはじめに言っておきます。盛大にネタバレします。
これから公演に行かれる方は公演に行ってからにでも読んでやって下さい。















関ジャニ's エイターテインメント JAM」
関ジャニ∞の今回のツアーはそういう名を打って全国を回っている。
私はこのツアーの東名阪それぞれ1公演に参戦しました(めっちゃ贅沢しました)。
どうしても感想を言いたくてもう書いてしまいますが、


彼らは今回、「挑戦」しています。
めちゃめちゃ挑戦しています。


昔から応援しているeighterからすると、今回のライブはどう映ったのだろうか?と素直に思いました。


私はただのバンド好きの新参者のeighterです。
好きになってからまだまだ浅いです。
ただ、そんな私には本当に嬉しい構成でした。




今回、ライブの全体時間の半分がバンドなのです。




人は何かに挑戦すると、必ず賛否両論が出ます。もうそれは一人ひとりの考え方が違う以上、発生してしまうのは仕方ないと思います。


私からすればこの挑戦はとても嬉しい挑戦でした。
何故なら私は「バンド好き」だから。
前からバンドが好きで、バンドのライブばかり行っている身としては好きなアイドルがバンドをしているのは本当に嬉しかったです。
そして彼らの演奏している姿に何の違和感もありません。むしろ歓迎する勢いでいました。


ただ、私が初めて今回のツアーに参戦した大阪初日公演。
まだ札幌でしか公演をしていなかった時で、あまりネタバレ情報も広まっていない中、私の周りの観客はその構成を見てめちゃめちゃ戸惑っていました。何曲か終わり、暗転に入ると周りからは「え、まだバンドやるの…」とか、「バンドの時間多くない?」とか、そんな声が飛び交っていました。実際一緒に参戦した母親からも「バンドの時間長すぎ」という声を頂きました。


母親も今となってはFCに入ってくれましたが、公演後は正直悩んでいました。冷静になってから考えたいってのもあったけど、一番の要因が「これから先もバンド中心でやっていくのであれば別にいいかなあと思った」そんな意見でした。


考えてみれば母親はずっとSMAP一筋で、SMAPは本当に王道アイドルのライブをずっとしていました。私も10年間SMAPのライブに参戦していた身なのでよく分かります。特に路線を変えるようなことは殆どしません。勿論アイドルなのだから、アイドルのライブをするのが当たり前。縦横無尽に動き回って、ファンの近くに出来るだけ行くことを考える。母親はそんな環境にずっといたのです。まあアイドルって普通そんなもんなんだけれども、そりゃあそんな所の世界しか知らない人からすると、今回の構成のライブは戸惑いしか生まれないでしょう。いくら彼らがカッコいいとはいえ、前半彼らはステージから全く動きません。従来通り数曲だけバンドをやるってんなら話は別でした。それが今回はガッツリとやったのです。縦横無尽に動き回るわけでもなく、ただひたすらセンターステージで7人で演奏をこなす。とにかく、そんな環境に置かれていた後に人生初の別のジャニーズグループである関ジャニ∞のライブに行ったがアイドルの時間が少なかった時、どう思うか?というお話です。


確かに私でも最初はバンドの時間は長いと思いました。まあそれが嫌だというわけではなくて、単純に長いな、と思っただけですが。


まあとにかく新しいことをしようとすると、必ず賛否両論は出ます。もうそれは仕方ないことです。


私の周りのeighterは結構バンドも好きで、今回のライブは全然受け入れられるという人が多かったです。だからそれも「バンド好き」という大前提があるからでしょう。これが本当にファンの側に来てくれるキラキラアイドルの姿しか知らない人だったら?今まで自分の中にあった概念をぶち壊されると、人は必ず戸惑います。


でも私は、今回のライブが「今彼らが一番したいこと、やりたいこと」を全力で表してるのかなあと思いました。ライブなんて全部そうなんですけど、それがたまたま彼らは「バンド」という形だったのでしょう。今回の構成についてはきっとメンバー内でも結構話し合ったのではないかと思います。


そしてパンフレットを読みました。
7人とも「METROCKというロックフェスに出演したこと」と「関ジャムで感じていること」の2点について言及していました。とりあえず7人とも「METROCKに出演したけど演奏レベルはバンドマンに比べたら全然下手くそなので畏れ多かった」という感想でした(笑) 後は読んだ感じだと、錦戸安田辺りが結構バンドが楽しいと言っていて、丸山がベースが楽しいと。大倉はこれからもドラムがうまくなる様に精進していきたいみたいなことを言っていました。そんな割とバンド寄り?な意見だった年下組4人に対してお兄ちゃん3人は、まず渋谷はバンドもしたいけど俺たちは決して「アイドル」だということを忘れてはいけない、という姿勢でした。そして横山村上に感しては「メンバーが割とバンドしたい意向にあるけれど、バンドもいいけど俺たちはアイドル。絶対にアイドルらしさは無くしてはいけない」そんな姿勢でした。そのバランスが7人を上手く保ってるのかもしれないな、なんて思いました。皆「関ジャニ∞というアイドルがバンドをすること」について言及していました。


ライブ自体は1曲目から引き込まれるように見入ってしまいました。
そこはもう完全に「ライブハウス」と化していました。
後半はもう縦横無尽に動き回って、本当に興奮の嵐でした。


私からすると、彼らはバンドをやったとはいえ、バンドを「いつもより多くやった」だけであってちゃんとアイドルの時間もちゃんとあったので別に良いのではないか?という感じだった。そりゃあ高い金を払って会いに来てるのだから、出来るだけ近くで見たい気持ちも分かる。それもよく分かるのだが、どうかそんなことでファンを離れないでほしい。彼らの挑戦したいことが見えたということで暖かく見守ってあげてほしい。


ま、そんな不安になる程不信感を抱く人は多くはいないと思いますけどね。


まとまりのない文章になってしまったけれど、
とにかく彼らは「アイドル」でした。
最初から最後まで、アイドルでした。
ありがとうございました。



渋谷さん可愛かった。



…………それでは。

(自担を最後に褒めて終わるスタイル)