沖縄で沢山発見しました~沖縄旅行初日~

またまたお久しぶりです。

ブログ書きたいなーって思う日が何日があるのですが、一向に書けなくて今に至っちゃってるって感じですけど、一体だれが見てるんですかね。完全に自己満でしか無いんですけど…まあ思い出を綴ることは大事だと思うので綴っておきます。

 

えっと、時季外れですが3泊4日の沖縄旅行に行ってきました。

人生初沖縄。修学旅行でも、普段の旅行でもなかなか行く機会のなかった沖縄。自分の中では「異国」の扱いをしていた沖縄県でしたが、行く前はもう不安しかなかったです。「向こうの人の言葉聞き取れるかな?」「人の雰囲気が分からない」「米兵がいて怖いのかな…」とか、そんな悩みばかり。(笑)

 

まあ結論から言うと、そんな悩みも感じないような充実した4日間でした。楽しかったです。

旅行なんて当たり前なんだけど。仕事で行ったわけでもないので。

今までの旅行で1番、色んな発見と、いろんな出会いがありました。

 

ちなみに、沖縄本島か離島かどっちに行くか迷ったのですが、やっぱり沖縄に行ったことが無いので最初は本島から行くのがベタだろう、と思ったので今回は本島を回りました。

 

とりあえず初日から。

羽田空港から飛行機で行きました。

そのたまたま乗った飛行機が、

 

f:id:trccrock69:20170128104952j:plain

 

まさかのドラえもん飛行機。

今度映画が公開されるみたいですけど、テーマが南極っぽいので、どちらかというと暑いところに向かうのにこれは如何なものか、と勝手に思ってしまった。(笑)

doraeiga.com

 

でも、飛行機の中は可愛いもんでしたよ。

というか、久々のJALにテンション上がってしまった。今まであまり聞かない航空会社の飛行機だったり、LCCだったりに乗ってきたので…。それにしても飛行機は何度乗っても感動しますね。何故こんなに重いものが浮いて飛ぶんだろうかって、乗るたびに思います。ライト兄弟って凄いなーって、謎に感動したりします。あとキムタクがドラマしてたGOOD LUCK!!を異常に見たくなったり。(笑)

GOOD LUCK!! - Wikipedia

 

JALってANAに比べると胴体部分がちょっとおデブちゃんなんだよねー。ANAは胴体部分に青いラインが入ってて結構スタイリッシュに見えるんだけど、JALは結構シンプルで胴体部分に文字が書かれてて尻尾の部分に大きなJALマークが入ってるだけだから、おデブちゃんに見えちゃう。(笑)でも今回乗ったドラえもん飛行機は、写真でも分かるようにドアの部分がどこでもドア仕様になっていたので「あーどこでもドアに入って一瞬で沖縄いきてー」とか思いました。あと、JALと言えばやっぱり経営再建の話が有名ですよね。うちの店長も、経営状態が悪い時にJALは普通だったら有り得ないけどブランケットを使いまわしたりだとか、一流企業なのにそういうことを地道に行って会社を立て直した、とかそんなお話をしていたので(まあリストラとかの部分はアレですけど)、そういう姿勢も見習わないといけないなーとか、とにかく色んなことをJALを見て考えちゃいました。アホなりに。(笑)

www.nippon.com

 

話がめちゃくちゃ逸れちゃったんですけど、とにかくこのドラえもん飛行機に乗って約2時間半。離陸の瞬間は本当に興奮しますね。いよいよだ、という感じが半端なかったです。

f:id:trccrock69:20170128110315j:plain

飛行機の中はこんな感じ。今回は座席は窓側ではなくて真ん中だったわけですが、いつみてもCAさんの仕事に対する姿勢は見習わないといけないなあ、と思います。常に笑顔でお客様へのサービス精神を忘れない。そんなこと私には到底出来なさそうですが。(笑) CAみたいに全力で女性らしさ、おしとやかな雰囲気を見せることは私には絶対不可能だと思いますが、仕事に対して本当に誠心誠意向き合うっていうのは大事だなーって、見てて思います。あと、メイクの仕方も教えてほしい。(笑) あと、当たり前なんですけどLCCよりかは空間も広くてすわり心地も良かったです。さすがです。そこ比べるなよって感じですけど。(笑)

 

f:id:trccrock69:20170128111033j:plain

とりあえずJALに乗っていることアピールということで持ったものが「安全のしおり」(笑)

 

そしてさすがドラえもん飛行機。離陸してしばらくすると、

 

f:id:trccrock69:20170128110607j:plain

こうやってCAさんがドラえもんを連れて、お客さんと写真を撮ってくれるサービスに回ってきてくれます。しかも今回の映画仕様のドラえもんを連れて。普段ドラえもんにそこまでときめかない私でしたが、こればかりは可愛いって思っちゃいました。

 

と、いうことで、

f:id:trccrock69:20170128111014j:plain

撮っちゃいました。(笑)

可愛い…ドラえもんめっちゃ可愛い…(笑)

 

f:id:trccrock69:20170128120709j:plain

サービスで配られる紙コップもドラえもん仕様。可愛い。DORAEMON。

 

そしていよいよ那覇空港に着こうとしているその時、一本の機内アナウンスが。

 

「只今、空港が非常に混雑している為、しばらく旋回して着陸の時間を遅らせます。

お急ぎの方は大変申し訳ございません」

 

これが悲劇の始まりでした。

空港はもう目の前っていうのに、降りられないから飛行機も高度を上げたり下げたりしてバランスを取ろうとするわけです。その間にあのジェットコースターから落ちる感じの内臓がフワッとする感じ、私の最も嫌う感じが何回も襲うわけです。そして尚且つ上空の大気は不安定なので、飛行機も揺れるわけです。アレは本当に機長のドSプレイを受けているようにしか思えませんでした。多分その感じが2~30分は続いたように思います。「機長…あなたのドS急降下プレイはもう要らないから…早く着陸してくれ…」と何回言ったことか。

 

そんなハプニングもあり、12時過ぎに離陸した飛行機は15時半頃着陸しました。

f:id:trccrock69:20170128111803j:plain

那覇空港です。その機長のドSプレイがあったせいで、私たちはひどく疲れてしまいました。「帰りもあんなプレイあったらどうしよう…」と、ただただ震えていました。

 

f:id:trccrock69:20170128111923j:plain

f:id:trccrock69:20170128111934j:plain

そんなこんなで、無事(?)沖縄到着。めんそーれ。

記念にゲート前でパシャリ。那覇空港はさすがに羽田空港ほど大きな空港では無かったように思います。当たり前ですけど。

まず沖縄に降り立って感じたのが「暖かい」。やっぱり都心と気温が10度近く違うので、コートなんて着なくても十分に動けました。

 

まずは空港でレンタカーを借りなければならなかったので、空港でレンタカー手続きをして、空港近くのレンタカー屋さんでレンタカーを借りました。

ここでまず最初の発見というか、気付かなかったけど車について教えてくれたことが沢山ありました。

 

車は普通に借りたのですが、ナンバーをよく見ると、

f:id:trccrock69:20170128112404j:plain

「れ」なんですよ。

レンタカーって、普通借りたら「わ」ナンバーになるんですけど、沖縄では「わ」の他に「れ」も使われているそうです。というのも、沖縄県には電車が殆どありません。殆どの人が車で移動しています。その為「わ」ナンバーでは対処出来なくなり、レンタカーの「れ」を採用したみたいです。そんなわけで私たちの借りたレンタカーもナンバーチェックしてみると、見事に「れ」でした。あと沖縄の人は車文化なので、一家につき2~3台車を所有しているのが普通なんだとか。

www.excite.co.jp

 

あと車のナンバーで発見したのが、上の写真でいう「れ」のところが「Y」や「A」になっている車も多く見かけました。「なにこれ?」と思って聞いてみたら、どうやらアルファベットナンバーの車は米軍基地の人が所有している車だそう。調べてみたら、どうやらその車が交通事故を起こした時は、米国警察が介入してくるんだそう。やはりそういう所でアメリカとの関わりが発生してくるんだなー、とちょっと思いました。

sirabee.com

 

そして特に顕著に表れていたのが、運転マナーの悪さ。

沖縄の人って大体あったかい人が多いだろうからどうせ運転ものほほんとした感じなんだろう、と勝手に思っていたのですが、とんでもない。むしろ真逆。

とりあえず複数車線あればノーウィンカーでスピードを上げて堂々と車線変更。どんどん遅い車を抜かしていく。まるでカーチェイスを見ているようでした。見ててヒヤヒヤしました。そんなこと他県でやったらフルボッコどころか逮捕レベルだぞ、って思ったんですけど、沖縄だからこそ許される文化なんだろうなあ、と勝手に解釈しました。(笑)レンタカーがナメられて煽られるなんて文化はどこでもあることですけど、それにしてもさすがに片道一車線しかなくて、中央線が黄色の線で尚且つ対向車も来ているというのに、前の車が遅いからって黄色い線を超えて思いっきりスピードを上げて抜かすというとんでもない荒業をしていた車も見ました。一体どうなってるんだ、沖縄の運転ルールは。

 

ブレーキランプの切れてる車も沢山見かけました。4日間で10台は見たのではないでしょうか。しかも切れてるランプの殆どが右側のランプ。沖縄県民は月イチ程度で「ランプ点検の日」を設けた方がいいと思う。あまりにも切れた車を見かけすぎてこんなんで成立してる沖縄県がちょっと怖くなりました。(笑)

 

ただこれだけ乱雑で荒い運転マナーなのにも関わらず、毎年交通事故発生件数は30位後半に位置付けてるんですよね。それが不思議で仕方ない。だからやっぱり「沖縄だから許されてる文化」なんでしょうねえ。有り得ないけど。

 

まあそんなこんなで、出発した時間も結構な時間だったし、尚且つ次の日から雨予報が出ていたので、初日に行こうと思っていた首里城を最終日に回して、ホテルに近い万座毛(まんざもう)に行くことにしました。

f:id:trccrock69:20170128115442g:plain

私たちの泊まったホテルは本島中部、西側に位置する恩納村(おんなそん)という所にあった「リザンシーパークリゾート谷茶(たんちゃ)ベイ」というホテルに泊まったのですが、万座毛はそこから車で15分ほど走らせた所にありました。まあ言うなれば晴れたら物凄く綺麗な崖。火サスの最後の犯人が分かるシーンで出てきそうな崖。(笑)

 

f:id:trccrock69:20170128115933j:plain

こんな感じの崖です。これが万座毛。

 

f:id:trccrock69:20170128120311j:plain

崖のすぐ下の水が深いエメラルドグリーンでした。綺麗でした。

 

f:id:trccrock69:20170128120135j:plain

行った時の天気が曇りで、少し風も強くて非常に微妙なお天気だったのですが、海の深さ、青さと水平線の素晴らしさは最高でした。ただ、ここの海の青さで喜んでいたらまだまだ早い、と今になれば思います。もう少し晴れていたら、綺麗な夕暮れが見れたんだろうなあ、と思いました。崖には行けなかったのですが、とりあえず火サスごっこはしておきました。(笑)

 

f:id:trccrock69:20170128120244j:plain

とりあえず万座毛でパシャリ。

 

f:id:trccrock69:20170128120403j:plain

写真右に小さく見えている二つの岩が「夫婦岩」だそう。どこかでこの夫婦岩を見た記憶があるんですが、どこだっただろう…?とりあえずこの岩も何かのご利益がある気がしたので撮っておきました。

 

あとここの万座毛の歩く道に普通に「ハブ注意」という看板を見かけたのでビクビクしながら歩いてたのと、「ここでハブに噛まれて毒に冒されて骨を埋めてもいいな」という思いも若干ありました(笑)

万座毛|人気定番の観光地!眼下に広がるきれいな海が絶景

 

f:id:trccrock69:20170128121214j:plain

車を走らせていると、普通に米軍基地のような土地があちらこちらにありました。

 

 

f:id:trccrock69:20170128120817j:plain

万座毛を見終わって、晩御飯を食べに行く前に一旦ホテルにチェックインする為にホテルへ。結構きれいなホテルでした。

 

f:id:trccrock69:20170128120938j:plain

ホテルのベッドもこんな感じだったんですけど、なんせこの部屋の照明が無くて、スポットライトを点けて対処するしかないというまさかの状況。暗い。しかもこの写真の左側に無駄に広いスペースがあって、何も置かれていないという。ベッド1台は軽く置けるスペースがありました。おそらく3人部屋を2人部屋にして提供したのだろうなと思われます。

 

 

そして晩御飯を食べに行くのですが、ここで私たちの運命の(?)出会いがありました。

たまたま泊まったホテルが恩納村で、尚且つホテルから近くて酒が飲めて…と色々な条件で良さそうな店を探していたのですが、これは沖縄にしかないだろうというサービスがあって、それが「無料送迎サービス」でした。観光地だと良くあるサービスだとは思うのですが、その送迎方法がまさかの自家用車。(笑)送迎と謳うくらいなので、小さめのマイクロバスか何かで来るんだろうなーと勝手に思っていたのが一気に覆されました。

 

まあそんなこんなで見つけた店がまあめちゃくちゃ良かった。出来れば人に教えたくないレベルで良かった。本当に穴場というか、私たちにはぴったりの店でした。

 

f:id:trccrock69:20170128122318j:plain

お店は「我空我空(わんからわんから)」という店なんですが、そこの人たちがまあ温かい人たちばかり。事前に電話予約して行ったのですが、お店自体もそこまで混んでなくて、むしろ小さめのこじんまりしたお店だったのですが、予約して席に座ってみると、

 

f:id:trccrock69:20170128122347j:plain

まあこんな紙が置いてあるわけですよ。めちゃくちゃ可愛い。

この「あったかいくわっちーうさがみーそーれー」って言うのは、「あったかい料理をお召し上がり下さい」的な意味らしいです。即興でスヌーピー描けるとかめっちゃポイント高いんですけど。

 

やっぱり沖縄と言えば、

f:id:trccrock69:20170128122611j:plain

オリオンビール!!間違いないです。

飲みやすくて、ビールが苦手な人でも全然飲めるような味になっています。私は大学時代酒屋でバイトしていて死ぬほどオリオンビールが売れているのは見たのですが、正直「何であんなに売れているんだろう?」としか思わなかったのですが、売れている理由が何となく分かった気がします。本当に飲みやすい。

 

f:id:trccrock69:20170128122817j:plain

あとは沖縄料理を何点か注文。海ぶどう入りサラダと、アグー豚使用の豚トロ丼、そしてゴーヤチャンプルー。ここのゴーヤチャンプルーがめちゃくちゃ美味い。正直私はゴーヤチャンプルーをしっかり食べたことがなく、ただ「ゴーヤは苦い」という話だけ聞いていてあまりいいイメージは無かったのですが、ここのゴーヤチャンプルーは苦味もそれほど無く、味付けも絶妙でガンガン食べちゃいました。本当に美味しかった。あとここの写真には載っていませんが、有名な沖縄料理「ジーマミー豆腐」もめちゃくちゃ美味しかったです。

 

f:id:trccrock69:20170128123116j:plain

しばらく飲み食いしてると、突然ライブが始まりました。

沖縄の歌を何曲か歌っていましたが、それが非常に心地良かったです。左2人が若い人なので、遊び心で沖縄の歌にネタを入り混ぜてきたりして、面白かったです。なんていうか、こういうその土地にしかない文化を利用してお客さんを喜ばせるサービスって本当にいいなーと、しみじみ思いました。三線なんて関東に戻ってしまうと見れないですし。ちなみにこの写真は沖縄の歌「ハイサイおじさん」を歌っているとやっぱり志村けんの「変なおじさん」に歌が変わってそこにおっちゃんが乱入してきてる時です。(笑)

この人たちを私たちが勝手に左の人から「上地雄輔」「森山直太朗」「おっちゃん」と呼んでました(笑)

こんなゆったりしたライブを観ながらビールを飲んでいる時間が最高に幸せでした…。

 

f:id:trccrock69:20170128123647j:plain

あと、メニューに載っていなくておっちゃんにすすめられたメニュー「ゴーヤジントニック」っていうものが非常に美味しかったです。この日は2杯飲んじゃいました。写真の上に浮いてるのがゴーヤ。私たちはゴーヤと相性がいいのかもしれない、と話していました。

この店があまりにも美味しくてまた来たい!という話をおっちゃんにしたら、明後日なら店もやってるので来て下さい、と言われたので絶対来ます!!と言って店を後にしました。帰りもおっちゃんが送ってくれました。

今度沖縄に行くことがあればぜひこの「我空我空」行ってみては如何でしょうか。私はめちゃくちゃおすすめします。

沖縄ダイニング 我空我空

 

帰りはホテルの前までは送れないので、ホテルのすぐ向かいにあるファミマで降ろしてくれたのですが、そこのファミマに、

f:id:trccrock69:20170128123919j:plain

こんな奴が。

おそらく野良猫だと思うのですが、それにしても人懐っこい猫だった。話しかけたら身体をすり寄せてくるわけですよ。たまらなくかわいいわけですよ。ただ、野良猫かもしれないのでむやみやたらに触れないな、と。ただこの猫、ずっとこのファミマにいたのでもしかしたらこのファミマが飼ってるのかもしれない、とも思いましたね。真相は分かりませんが。

 

ファミマで思い出したのですが、これまた車を走らせてて思ったのですが、沖縄のコンビニの8割ほどがファミマだった気がします。あとの2割がローソンって感じなくらい、沖縄にはファミマが多かった気がします。素晴らしいファミマ率。逆にそれ以外のコンビニを全く見かけませんでした。

ファミリーマートが沖縄で店舗が多い/人気が高い理由とは?

沖縄のコンビニで、普通に美ら海水族館の入場券が少し安く買えたりするコンビニがあったりして、そういうのも地域密着型なのかなーと思いました。

 

 

沖縄の人にとったらごく普通なことが、行ったことのなかった私からするとすべてが新鮮に思えました。そういう意味では「異国」なのかなあ、と、そう思いました。

 

 

 

→2日目につづく