地球外生命体の日々

ただのバンドとアイドル好き

ロックンロールを奏でるということ


どうも。ニートです。


相変わらず痒みが収まりません。
むしろちょっと酷くなってるような気がします。変な腫れが出てきた。
腫れる時と腫れない時があって、痒み止めもクリームも塗っても治らないから病院行こっかなあ…。皮膚科に…。痒いわ。



はい。

今日はこちらに行ってきました。

THE PINBALLS @恵比寿LIQUIDROOM
新アルバム「時の肋骨」のツアーファイナルでした。


やっと見られたよ〜。今まで見るチャンスあったのに行けなかったからこれは「ようやく!」って感じがして嬉しかったです。ただ、心も体もご老体の為ギリギリにしか行きませんでしたが、相変わらず痒い。

なんか前に発券してた気がしたけど発券してなかったみたい。チケットを家で探しても見つからなかったから「これで発券出来なかったら行くのやめよう」と思ってコンビニで発券してみたら発券出来た。(笑)


整番は微妙でしたが、穴場を見つけたのでそこから今日はずっとゆっくりみてました。


超カッコよかった。


THE BAWDIESを100倍ダークにした感じ。(笑)
同じロックンロール系統ではあるけど、厨二感たっぷりで根暗には最高でした(笑)


ファン層は見てる限りでは私と同年代か少し下か少し上くらいの世代が中心だったように思います。男女比は6:4くらいで男の方が多かった気がします。見ていても思ってたより皆暴れなかった。

ただ、演者側の爆奏っぷりが半端なくて、めちゃくちゃカッコよかった。
本編は1時間ちょっとだけだったけど、アンコールがまさかの3回。初めてだわ、アンコール3回もしたバンド見るの(笑) だから合計で1時間半くらいはしてたと思います。


私はこういう「爆奏」するロックンロールが好きなんだなあと改めて実感しましたね。PINBALLSはもっと人気出てもいいんじゃないかなあ?普通にかっこいいんだけどなぁ。まあターゲットがめっちゃダークな厨二向けだけど(笑) 近くにいた人が9mmのポーチを下げてたから「やっぱ好きな系統は似るんだな(笑)」ってなりました。


いや、ホントすっげえカッコいいから是非見てほしい。そして今左耳が爆音でおかしい。篭った感じになってる。




AKB48Mr.ChildrenのCD売り上げ枚数を抜き、歴代第2位の売り上げ枚数を記録したというニュースを見ました。これに関しては賛否両論あると思います。私としてはそもそも音楽そのものを売ろうとしていないグループと音楽を売っていきたいアーティストを同じ座標軸で比較して欲しくないなあと思います。世間的にも全然話題になってないしおめでたい雰囲気になってるわけでもないし。確かにAKB商法が無ければCD業界も衰退の一途を辿っていってたとは思います。そういう意味では非常に素晴らしいと思います。ただなんというか…本当に人の心の中にずっと残り続ける音楽を作り続けているのか?となるとそうではないと思います。勿論AKB48の音楽も素晴らしいと思っている人もいるとは思います。でもなんかそこで勝負する気も無いのに売っていかれてもなぁ…それで記録抜かれてもなぁ…と正直思います。


色々調べてたら、とあるヲタクがとある1人の推しメンの握手のためにCDを1000枚くらい買ったという記事を見ました。そして結果それは全て捨てたという記事でした。なんかそんな記事を見ると…そのためにCDというツールを使わないでくれる?ってなっちゃいますよね。CDはCD、握手券は握手券で何かしらのツールで戦って欲しい。


私は、私の心の中に残るような音楽だけを探して行きたいと思います。

そんなことを今日のライブを見て感じました。




おわり。

怒涛の日々


どうも。ニートです。
お久しぶりです。


なんだか色々とバタバタしていてブログを書く暇はあった気がするけどブログを書く余裕がありませんでした。

今回も死ぬほど長いです。
論文以上に長いです。(笑)





実家から埼玉に帰ってきました。


約3週間、実家に帰ってきて感じたのは


とりあえずめっちゃ疲れた


という一言に尽きますね。
楽しいとか悲しいとか寂しいとか考える暇もなく、とりあえず疲れました。ホントに怒涛の日々でした。



埼玉に帰ってきて、会社の保健師さんとお話した時も自分が疲弊しきった感じになってて自分でもビックリした。気になることは全部聞いた。


とりあえず「レオパレスどうなってますか?うちのレオパレスってどうなるんですか?」と聞いてみた。ウチの今の社宅はレオパレスと法人契約しているので、今回の件に関して会社に連絡がいくはずなのですが、その会社にすらまだレオパレス側から連絡が来ていないそうで、ウチの会社の担当者が「どうなってんだよ!?」とブチ切れ電話を入れても連絡が来ない状態らしく、会社側もまだあやふやだそうです。とりあえず本当にすぐに引っ越すべきなくらいやばい状態の人には既に連絡をしているそうなので、ウチの物件はとりあえず大丈夫…らしいです…(苦笑)(何が大丈夫なのかわからないけどとりあえず今すぐの引っ越し要請はないのかな?)



あとなんか昨日からめちゃくちゃ手足が痒い。最初は鎖骨の上辺りから上(頭皮含む)がめちゃくちゃ赤くなって痒くなって「痒すぎる!!!!無理だ!!!!」となって急いで薬局に行ってかゆみ止めを店員さんとどれ買えばいいのかと相談した上で買って家に帰って塗りたくったのですが、まあ収まらない。「ダニか?」と思って布団を天日干しして寝てみたけど、不思議なことに布団に入っている間は痒くなくて、布団から出て空気に触れると途端に痒くなるんですよね。ネットでダニを調べてみたらダニはそもそも衣服を着ているような柔らかい皮膚を中心に刺す(お腹とか太ももとか脇とか)のと、寝ている間もめちゃくちゃ痒くなるみたいだから私には今その真逆の現象が起こっていて、とりあえず衣服を着ていない部分が痒いのと、布団から出るとめちゃくちゃ痒くなる(だから布団に入ってる時は痒くない)から「何これ!?」ってなってます。とりあえずムヒを塗りまくってます。乾燥肌なのかな?とか思ってクリームも塗りたくっていますがまあ痒い。そして痒いのが手(手首から先)と足(足首から先)と頭皮だから謎なんだよなあ。なんですかねこれ。突然めちゃくちゃ痒くなったんですけど。しかもめっちゃ沁みる頭皮用のかゆみ止めスプレーが右目にガッツリ入ってしまって一瞬失明するんじゃないかってくらい痛くなった。速攻で大量の水で洗い流して前に眼科から貰った点眼薬を差してとりあえずコンタクトは付けずに様子を見ています。今のところ目は痛くも痒くもありません。それよりも手足の痒みがヤバい。え、なに?普通布団に入ったら痒くなるはずだよね?布団内は痒くなくて布団から出ると痒いってどゆこと?ってなってます。私の体ボロボロだわ(笑)





とりあえず楽しい話をしよう。話すネタは沢山あるんです。

帰る数日前から帰った後の怒涛の友達と遊んだ時のことを幾つかお話しますね。ようやく訪れた私の時間。



まず1人目が私の元同期。

今私のいる会社を辞めて転職して、大阪にある別の会社でぼちぼち頑張っているようです。その子も「やっぱり遠い地にずっと居させられるのは嫌やった」ということで地元に戻り転職しています。


そんな感じでとりあえずMBSに行きました。

せやねん。大阪の土曜日のローカル番組といえばこれですよね。ミキがレギュラーになってたの初めて知った。亜生おは朝卒業するんだってね。ミキも遂に東京進出か…大阪を捨てたな…(人のこと言えない) マジで埼玉でもこの番組を見たいんだけど、関東民に需要無さすぎる内容だからまあ放送してくれない(笑)


あとは今MBSらいよんチャンのぬいぐるみが置いてあって一緒に写真撮影が出来るブースがあったので記念撮影した。あと吉本新喜劇の乳首ドリルでお馴染みの吉田裕さんの顔ハメパネルでも記念撮影したけど、顔色が違いすぎてホラーみたいになった(笑) 面白かったよ。


吉本繋がりで言うと、日にち忘れたけど近畿地方だけでやってるのかな?プチ新喜劇みたいな「駐在さん」っていうのを放送してるんですよ。それが超豪華キャストで行われてて。

さんま・岡村の花の駐在さん~駐在さんが復活って、そんなアホなことあるか、それはないやろ…ホンマや!!~|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

↑これ。

マジで死ぬほど笑った。


色々カオスすぎる舞台で面白すぎたわ…お笑い界のレジェンドが全員と言っていいほど勢揃いしていて腹痛くなるくらい笑った…。お笑いってやっぱ最高だなぁ…ってこれを見てる時は思ったね。

見てない人はこのTverで観られるらしいので是非見て欲しい。マジで面白すぎたから。


そういえば「鼻のテカりがめっちゃ気になるなあ」と思ってなんかそういうテカり防止みたいなのあるかなあと思って梅田のロフトで適当に探してたら下の商品を見つけたので買ってみた。

エテュセ テカリ・毛穴 修正液 オイルブロックベース クール 7ml

エテュセ テカリ・毛穴 修正液 オイルブロックベース クール 7ml

その子も私も化粧品に疎すぎて何をどう選べばいいのか全く分からないから(女子力のなさが露呈している)適当に「あ、これやん」と思って買ってみて使ってるけど私は結構いいと思ってる。私は下地を塗った後にこれを塗ってファンデーションを付けてますけども、塗った後に肌がサラサラになって何もしないよりかはテカりは出にくくなってる。そりゃあ体が余分な油脂を排出してくれてるんだから多少のテカりは出ますけども、それはもうこまめにケアするしかないみたいですね。めんどいなあと化粧品の合う合わないはホント人によって肌質が全然違うだろうからこれはいい!とかこれオススメ!とかあんま言えないですよね。ただ、私はこれを使っててもいいかなあとは思ってます。こういうダイレクトにテカり防止の商品って他にもあるのかなあ。まあ多分あるだろうから色々試してみたさはある。使ったことないって人は選択肢の一つに入れてもいいんではないかな?とは思う。これは値段は1200円くらいでした。


あと最近クマが目立つようになってきたからコンシーラー購入を検討しています。黒クマ。ブラックベアー(?)。ネットで少しだけ調べましたが、なんかいいコンシーラーあったら教えてください。…って言われても合う合わないは自分の肌質によるから、なんとも言えないですよねえ。





そして2人目。

この度福岡から兵庫に引っ越してきた子と久しぶりに会いました。
京都の方が私が出やすいということで合わせてくれて、京都を案内しました(案内出来たとは言ってない)。


お昼、縁を結ばれに行こうと思って下鴨神社辺りを案内したんだけど、その子が「今年は体調が悪いって言われてるんだよね」と言っていたので下鴨神社さんの水みくじをやらせてみました(笑) そしたら健康運のところの記載が見事に「悪し」って書いてあって爆笑した。縁結ばれにきたのに縁切られたシリーズ第2弾(笑)


行った日と時期が丁度「花灯路」の時期だったので個人的にこれを見に行きたかったので敢えて嫌だった人混み確実な清水寺に突っ込んでいきました。清水寺とか行くの何年振りだよ、ってくらい行ってない。勿論理由は人混みが嫌すぎて(笑)


この建物と風景見るのいつ振りだよ。
辛うじて梅が少し咲いてましたね。春の訪れを少しだけ感じられました。


そしてまあ案の定日本語が聞こえてこないよね。「我々は今どこの国にいるんですかね?」なんて話しながら清水寺の前の二年坂産寧坂辺りを歩いていました。

日本人観光客の京都離れについて京都人が考えてみた - だぶるばいせっぷす 新館

↑の記事を拝借させて頂きましたが、ここに書いてある通り私も4年京都に住んでた身からするとここ数年で本当に外国人観光客がめちゃくちゃ増えて、日本人観光客はどこ?っていう状態だった気がします。その上あっちにもこっちにもホテルが建設されてなんだかなあ…って感じです。私も少し前の京都の姿に戻って欲しいです。程よく観光客がいる感じ。今は外国人観光客が増えて京都独特の趣がかなり無くなっているような気がしています。そりゃあそんな外国人だらけの人混みになんて日本人は行きたくないわな。私も行きたくないから清水寺とか嵐山とかは殆ど行かなかったし(笑) なのでこの記事には心底共感しました。私も京都に住みたくない理由が年中中心地は人混みってとこだからホントそこが残念だよね。昔はそんなこと思わなかったのになぁ…。京都が外国人の街になってしまう…。先日も京都を歩いていたら某アジア国の人3〜4人くらいが前に歩いてて、道の真ん中で急に止まるとか普通にあったからホントやめてほしい。自分らは自分らの世界だけ!!!他人なんて知らん!!!って思ってるところがホント残念。この記事にも書いてある通り、京都は府民たちで観光客をなんとか呼び込もうと奮闘したわけでもないし、そこに有名な観光地がたまたま沢山あるだけなのにこういう状態になっているのでホント悲しい。


そういえば先日AM0:30頃に突然ばあちゃんから電話がきて、電話に出ても何も喋らないので「なんかあったのか!?」と思って焦って一回切ってかけ直してみたら普通に出た。「携帯触ってたらかかってしもてん」って言ってたけど…ちょっと話したかったのかなあ。とりあえず安心した。まだ色々手続き関係でゴタゴタしてるみたい。私はとりあえずばあちゃんの話を一通り聞いた。けどもう夜遅いからとりあえずもう寝よ!となって切ったけど(笑) ばあちゃんも色々疲れてるみたいだからホントゆっくり休んでほしい…。



話を戻して、日没まで少し時間があったので清水寺前で座って日没を待っていましたが、異常に腹が減ってきたのと肌寒くなってきたので場所移動しようと思ってたらその間に日没した&花灯路が始まってたので清水周辺から円山公園内を通って八阪神社にかけて歩いた。


花灯路ーーー!!!学生の時ぶりーー!!
この灯りがなんとも言えない幻想的な光を放っていてな…心が落ち着くんじゃ…。2枚目の写真の東大谷さんも前回行った時は中まで入れたけど今回は無理でしたね。そもそもお寺閉まってたし。


円山公園内にはこんな大灯路も展示されています。


あ、今ねえ、フランソア(前にブログで紹介した喫茶店)改装中らしくて3月中は閉店してるみたいで、4月1日から営業再開するみたいです。行った時めっちゃ工事中だった。残念。ということで今フランソアに行っても工事してる姿しか見られませんので気をつけて下さい(?)




そして3人目。
名古屋に住むお友達です。

その子は9mmが大好きで横浜BLITZで行ったカオスの百年のライブで初めて会った子なのですが、まあ本当にいい子。楽しい子。話が面白い子。そんな私が1番仲良くしてる9mm友達の子と久しぶりに会いました。多分9mmのBABELⅡ以来だから2年ぶりかなんかだと思う。こうやってゆっくり話すのは本当に久しぶりでした。見た目は大人っぽくなってたけど中身は何も変わってなくて笑った(失礼)。うそうそ、安心しました。彼女にも私の事情は話しましたが、「おうおう、いいと思うぞ。疲れたら休め。行きたくなったら行きなさい」と一言言われただけでした。そういうところがいいよね。


まあそんな子と久しぶりに名古屋でお会いしたのですが、まあ名古屋って何したらいいの?ってくらい行くところが何もない。(笑) ホントに愛知県民のその子も困るくらいの何もなさだから基本名駅にいた。「マジで愛知ってつまんねえ」って愛知県民が言うくらいだから笑う。


私も最近9mmを詳しく追っかけられていなかったので彼女と9mmの話をして色々分かった情報がいくつかありました(笑) まず今までのアルバムが数量限定で再販されるらしいのですが、Movementだけ2019年リマスタリング盤なんですってね。見てなかったわ。

買う。(真顔)

いや…Movementだけリマスタリングするならさ……

Endless Gameライブでやってくれよ……………(号泣)

もう9mmを好きになってかれこれ7年くらい経ちますが一度も生で聴いたことないし、まあそれまではこの曲の演奏も歌もしんどいからなかなか出来ないんだろうなぁ…って最早諦めの境地に達していましたが、このリマスタリング盤という存在を知ってからは「おやおや??」状態ですよね。

でもどうせリマスタリングするならTerminationかVAMPIREをして欲しかった感あるかもな…。でもアレはアレで昔の尖った感じのバキバキのサウンドの方が逆にいい味出るのかもしれないな…。今の9mmのサウンドは爆音には変わりないけど音が洗練されててなんというか綺麗になった感じがあるからなあ。


あと15周年グッズを見たんだけど、

これ欲しいんだけど…
右側の画像、レッドでいいんだよね????
どう見てもオレンジにしか見えないんだけどね????

赤だったら赤が欲しいのよ私。
まあ別にオレンジでもいいんだけどさ。
オレンジだったら黒買うかなー。


そんな9mmがもうすぐ新曲を出します。
「名もなきヒーロー」。先日MVが解禁されました。

9mm Parabellum Bullet - 名もなきヒーロー - YouTube

はい好き。

もう10回は見たわ。珍しく応援ソングなんか作っちゃってどうしたんですかホント。でも安定の9mmサウンドでもう「私は何聴いても9mmに対しては好きってなるんだろうな」って確信した。まあ強いて言うなら「サクリファイス」が出された時のなんとも言えない残念感は強かったかな…すぐ前に出した「インフェルノ」の衝撃がデカすぎて「あらあら?」状態になって正直今もあんまり聴いてない(笑)「生き延びて会いましょう」って歌詞に「生き延びられるかしら………」ってなった(笑)

久しぶりに9mmのLINEブログを見ました。folcaの為川さんが更新していましたが、先日の札幌の様子をアップしていて…和彦さんが髪めっちゃ切ってた…↑のMVと印象が全然違くて笑った(笑) そしておニューベースを使い始めたんですね!新無題(?) 滝さんが大天使すぎて好きが止まりません。というかMVに出てくる滝さんが使ってるギターもおニューなのかな?よく見えないから分からないけど…多分ESP…ですよね…(汗) 何回見ても色もメーカーも分からない。けどサウンドは安定の滝サウンドで最高です。卓郎さんはおそらく赤ブリコを使っていらっしゃる感じでしたが…(映像の色の関係でよく分からない)

そんな「名もなきヒーロー」に札幌のライブサウンドが全部入るらしいので買いますね。ありがとうございます。

しかも秋にアルバム出してツアーするなんて…!!!私が再び病み始めた時に嬉しいニュースを沢山出してくれて嬉しい。ホント嬉しい。

そんな「名もなきヒーロー」みんなも買ってね!(何の宣伝)

名もなきヒーロー

名もなきヒーロー


そういえば9mmもバックホーンもユニゾンのトリビュートアルバムに参加するんですってね。買いだわ。9mmなんて「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」をカバーしちゃうらしいから期待大だわ。




話を戻しまして。
その子が今ハマってるものを色々教えてくれたのですが、またそれがめっちゃ面白いんだわ。


まず、「ハッチポッチステーション 」を皆さんご存知ですか?見てましたか?

ハッチポッチステーション - Wikipedia

私はがっつり見てました。
グッチ裕三さんとお人形様たちがわいわい騒ぐやつ(?)


その番組内でやってた「WHAT'S ENTERTAINMENT?」というコーナーがあったのですが、私も確かにそれがあったのは覚えていますがアホな子供時代だったので何が面白いのかさっぱり分からなかったのでそのコーナーは嫌いで見ていませんでした。でも今見るとめちゃくちゃ面白い。何故か。

内容があまりにも大人向けすぎるから。

まあこのコーナーって基本的に有名な洋楽曲を日本の童謡に替え歌してPVの真似して歌うっていうめっちゃシュールなスタンスなんですが、その歌詞があまりにも攻めすぎててめちゃくちゃ面白いし、これは絶対大人じゃないと分からないだろうっていう歌詞ばかりです。公式では無いのでここに映像はアップしませんが、YouTubeにその動画が沢山あります。


例えば、今映画で話題のQUEENの「ボヘミアンラプソディー」。

Bohemian Rhapsody

Bohemian Rhapsody

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250

これを「犬のおまわりさん」に替え歌して歌っています。そしてその替え歌の歌詞がかなりシュール。しかも「GUEEN」というグループ名で歌っています。またそれがピッタリで面白いんですわ。

犬のおまわりさん

犬のおまわりさん

  • 東京児童合唱団
  • チルドレン・ミュージック
  • ¥150



は?


って思った方はYouTubeで是非見てください。めっちゃシュールで面白いです。

あとは誰もが一度は耳にしたことがあるであろうABBAの「ダンシングクイーン」。

ダンシング・クイーン

ダンシング・クイーン

  • アバ
  • ポップ
  • ¥250

これを「BABA」というグループ名で替え歌していますが、めっちゃシュールで面白いです。


こう…なんで子供向けの番組で大人を笑わせるような内容にしたのか?ということなんですが、Wikipedia様曰く

親向けのネタが多かったことに、グッチ裕三曰く「子供は親が笑うと幸せを感じる」ことを狙っている為である。

引用先:Wikipedia

とのことらしいです。笑ってる親の姿を見て子供も笑う。素敵なことですね。当時の私には意味がさっぱり分からなかったのですが、今見ると本当に面白い。


あと個人的にオススメなのがこれまた誰もが耳にしたことあるであろうベイ・シティ・ローラーズの歌う「Saturday Night」。ハイスタもカバーしてましたね。

これを「ベイ・シティ・ドーナッツ」というグループ名で「ふしぎなポケット」の替え歌を歌っています。

ふしぎなポケット

ふしぎなポケット

基本的に歌詞はクソです(笑) けどそれがめちゃくちゃ面白い。シュール系が好きな人は絶対面白いと思う。また全部リズムがぴったりだから面白いんだわ。凄いわグッチ裕三(笑)


何言ってるのか全然分かんねえよ、って人は一度YouTubeにこういったシリーズが沢山アップされているので是非見てください。私はとりあえず一通り見たけど全部面白かった。また復活してほしいなあ、ハッチポッチステーション


あと動画系でいうと「アルフィーキッチン」。
たかみーの引くくらい料理出来なさがまた面白いし、アルフィーも仲良いから見ててほっこりする。めちゃくちゃ面白いから見てほしい。

【ALFEE KITCHEN 2013】 - YouTube



で、名駅に大きな商業施設が去年辺りに出来たみたいなのでそこを散策していました。その中にどでかい本屋さんがあったのですが、そこで色々とその子のハマってる本を紹介してくれました。

まず早川いくをさん。

へんないきもの (新潮文庫)

へんないきもの (新潮文庫)

取るに足らない事件

取るに足らない事件

試しに1冊チラッと立ち読みしてみたけど、文章の書き方がめっちゃシュール。この人の作品基本シュールだから面白すぎる。ちょっと欲しくなったからまた余裕が出てきたら買おうかな。


あとはこの本。

#名画で学ぶ主婦業

#名画で学ぶ主婦業

こういうの大好き。(笑)
内容はタイトル通り基本的には名画を見て日頃の主婦の思ってることとかしていることとかを勝手に当てはめて表現しているというものなのですが、それがまた面白い。主婦も色々大変だなあ(誰)。


あとちょっとやってみたいなあ、って思ったのが「スクラッチアート」。その名の通り削って絵を描くもの。

SNOOPY TRAVEL the WORLD (大人のためのヒーリングスクラッチアート)

SNOOPY TRAVEL the WORLD (大人のためのヒーリングスクラッチアート)

先に線を描いて、その線を削っていけば削った部分がキラキラになって綺麗な絵になるらしい、大人の遊び。種類も豊富で出来たら楽しいんだろうなあって思いました。まあただ…私は不器用オブ不器用なのでこんな私にでも出来るのかしら…と若干の不安はあります(笑)


あとはずっとイッテQでロッチ中岡が言ってる

「なぁ」

にハマってしまって2人でやたら連呼する遊びをしていました(?)。


あと色々驚いたのが給食文化。
愛知とウチの地元では給食文化がまあ違う。

愛知の給食はそもそも机にナプキンを敷いて、ご飯はご飯のお皿、汁物は汁物のお椀、と一つ一つ器が分かれており、それを給食当番が各器に入れて、配膳係が一人一人の机にそれを置いていく、というシステムらしいです。

なんじゃそりゃあ!?!?
何そのリッチ方式は!?!?

でしたよ。

うちはビュッフェ方式で、自分たちで並んで一つのトレイに各おかずを自分たちで乗せていって自分の机まで持っていく方式でした。

しかも牛乳もビンだったみたいです。ビンにミルメークの粉を入れる式だったみたいです。ウチは牛乳は紙パックでミルメークのようなスポイト式の液体を牛乳のストロー差し込み口から入れる方式でした。

あとはご飯も基本は白米で、たまに麦ご飯たまにわかめごはん、みたいな感じだったみたいですけど、ウチは基本は麦ご飯で、たまにわかめごはん、たまに豆ご飯…とかそんな感じだったし、パンもその子はそのまま出されてたみたいだけど、ウチは袋に小包装されて出てきてた。しかもこれも愛知だけなのかな…「ソフト麺」とかいうメニューが出てきてたらしく、そんなの知らねえよ、ってなった(笑)なんか乾麺みたいになっていて、大きいから割りながらつゆの中に入れて食べるものらしいです。知らないわそんなの。


あとは普通に給食に味噌カツとか味噌おでんとか出てきてたみたいで「え!?出ないの!?!?」とかガチ驚きで言われたけど出ねーよ(笑)ってなったわ。


まあそんな感じで楽しく本屋を巡って、ご飯を食べて談笑してバイバイしました。大阪のフリーライブには行くみたいなのでそこでお会いできたらなあと思ってます。



そして埼玉に帰ってきてからは一昨年のThanksgiving25に一緒に行ったMr.Children友達4人で静岡旅行に行きました。

まあただ、4人ともザ・適当マンなので旅行に行こうとなってから決まっていた内容は

・静岡に行く
・10時に浜松集合
・さわやかハンバーグ食べたい

以上。(笑)

どこで何しようかとか一切決まってない超適当旅。「浜松だったら実家から行けばいいんでないの!?」って思ったけど、1人同じ埼玉に住んでてその子が自家用車で行きたいっていうから1人だと辛いということで埼玉に帰ってきてその子の車に乗るという状況になりました。多分行きは4時間くらいで行けたかな。



行きに車でゆずの「BIG YELL」のDVDを観ていたのですが、なかなかに感動した。

【特報】ゆず DVD / Blu-ray 「LIVE FILMS BIG YELL」 12月19日(水)リリース決定! - YouTube

なんていうか、ゆずって色々音楽の趣向は(主に悠仁が)コロコロ変化しているけど、根本的な「シンプルにファンを楽しませる」「基本は2人で」というスタンスは何も変わっていないし、そこがいいよなあ…としみじみ思いながら見てた。今のご時世「自分たちを魅せる」ということに徹しているアーティストが多いですが、ファンを巻き込んでちゃんと楽しませられるアーティストってなかなかいない気がします。アイドルでもなく、バンドでもない、程よいポップアーティスト。唯一無二な存在だと思います。



とりあえずお腹が空きまくって浜松で落ち合って、さわやかが開店するまで少し時間があったので近くにあった「中田島砂丘」に行きました。


中田島砂丘と言えば、Mr.Childrenの「足音〜Be Strong」の撮影地。

Mr.Children「足音 ~Be Strong」Music Video(Short ver.) - YouTube

まあ4人でとりあえず足音を熱唱しながら砂丘を歩いたよね(迷惑)。ただ、謎にめちゃくちゃ上り坂だったので死ぬほど疲れた。


そしてさわやかが開店したと同時にさわやかへ突入。

ういっす。

さわやかといえばげんこつハンバーグ。

シンプルに美味い。


1人「肉の焼き加減とか分からん」という子がいたので「レアはこうでミディアムはこうで…」ってさわやかに行く前に皆でその子に説明したのに、いざ「焼き加減どうされますか?」とその子が店員さんに聞かれたら「焼き加減…?」となっていて全員から総ツッコミ(笑)


さて、ここから先が一切のノープラン旅だったのですが、とりあえずどうしよっか!?ってなった時に「修善寺に行こう」となってめちゃくちゃ東までぶっ飛ばしてくれました(笑)


うん、綺麗。


その後は城ヶ崎海岸に行こうとなって私が運転してみましたが、

人様の車はとてもじゃないけど運転すべきではない


と強く思いました。

やっぱ自家用車になるとその人のクセってあるし乗り心地とかも全然違うしレンタカーと違ってその人の所有している車だからめちゃくちゃ緊張するよね…。勿論所有者は自分の車だから乗り慣れているけど、我々が運転するとやっぱ違うよね…。もう1人の子も運転してみたけど結構運転しにくいのよ。ダイハツのMOVEだったんだけどさ。その子も「今まで運転してきた車の中で1番運転しにくい」って言うくらい運転しづらいのよこの車(笑)


夜の高速道路ってめちゃくちゃ怖いですよ。
世の中本当に煽り運転ってあるんだな、って思った瞬間でした。

我々の前を走っていた暴れん坊車が前にいたトラックを煽りまくっていて、焦ったのかトラックが車体が倒れそうなくらいの勢いで左に車線変更して道を譲っており、暴れん坊車が暴れながら暴走していった…(多分アレ暴れん坊車は普通に180kmとか出てたと思う)という場面を目の当たりにしてめちゃくちゃ怖くなった。

マジでなんで煽るんだろうね…そんなにイライラしてんのかよ…って感じだわ…。


そしてホテルへ行ったのですが、そこで事件が。

普通に1人目の子がシャワーを浴び終わって出てきて、普通にドライヤーをかけていた時に2人目の子が脱衣所に行った時。


突然ブレーカーが落ちた。


あの落ちた瞬間はホラーでしかなかったな…。全ての電気が一瞬で真っ暗になる感じ。真っ暗すぎてめちゃくちゃ怖かったけど、とりあえずフロントに「ブレーカー落ちて真っ暗です」と伝えて向こうでなんとかしてくれたけど、なんかその後に電気工事士さんみたいな人が部屋に来て「大丈夫ですか?あの…ドライヤーとか使ってませんでしたか?とりあえずこれで様子見てみて下さい」とその人はその一言だけ言って去っていった。


いやいや。
ドライヤーとか普通に使うでしょ。ドライヤーごときでブレーカー落ちたらビビるでしょ。あたかもこっちのせいみたいな感じに言われたのがなかなかに不快だった。つか最初に「申し訳ありませんでした」の一言くらい言えよ。って思ったけど言わなかった。


それ以来極度に電気を使うのが怖くなって、テレビはとりあえず消して、充電も最小に抑えて、不必要な電気は極力消した。なんというホテル……………。


んで、そこで1人の子からまさかの報告。

「私、結婚します」

ファ!?!?!?!?ってなったよね。

そもそも彼氏いるのかなあどうなのかなあとか思ってたけどまあその子も自分から彼氏いるとか言うタイプでは無いのは知ってたからそこに関しては別にいいんだけど、私以外の2人が「あ、だよね知ってたわおめでとう」みたいな雰囲気出されてて喋り始めるからなんか1人だけ状況を知らなかったような雰囲気が流れてめちゃくちゃショックを受けていた…………。「皆知ってたのかよ………」みたいな。そして私はショックすぎてふて寝。(笑)


ただ一つ面白かったのが、その子結婚したら「田中」というどシンプルな苗字に変わるんですけど、私はずっと彼女の呼び名を彼女の本名とは全く関係のない「遠藤」と呼んでいたので(本人非公認(笑)で理由は省略)、「うわ!!!ココリコ婚やん!!!相方と結婚かよ!!!(笑)」と1人が言ったのはめちゃくちゃ笑った。たしかに遠藤が田中と結婚するのはジワるわ……。遠藤、田中、アウトー。(ガキ使風)


それで「3人を式に呼んでもいい?」と言われたので「全然呼んで!!!!」となって終わった。何はともあれおめでとう。しかし我々のLINEのグループ名が「クズ」なのでもしかして「クズ 御一行様」とか入れられるのかしら…それはそれでめちゃくちゃ面白い…(笑)(4人とも自分がクズということは自覚済なので)



んで2日目。

私がふて寝した後に3人で行き先を決めたらしく、私1人だけミステリーツアー状態(笑)

向かった先はなんとまあ愛知県。
いやまさか3日ぶりに愛知に来るとは…と1人で思っていた

どういうこと!?と思ってまあ車の進むがままについていきましたが…どうやら島に行くみたいでした。

そういやその車の中で「スイカに塩かけて食べる人?」と聞かれて、私は全然かけて食べる人だったしむしろ「え、かけて食べへんの!?」と聞いたんですけど私以外の3人はかけずにそのまま食べる派で驚いた。皆さんはスイカ…塩かける派ですか?かけない派ですか?



そんなこんなで向かった先は日間賀島

若者っぽい写真を撮ってみたりする。
(砂丘行ったせいで皆靴が汚い)


その日間賀島に「ハイジのブランコ」があるらしいので行ってみたんだけど、まあ暴風。

「アーーーッ!!!アーーーッ!!!」って言いながらブランコに乗った。

もうちょっと天気が良ければなあ。



そんでお昼を食べた後、島から陸地へ戻り、運転手さんが「ムーミンショップに行きたい」と言い始めたので名古屋の中心地にあるムーミンショップまで運転してくれたのはいいんですが。

名古屋ってホント地獄ロードだね。

ビビったわ。ここまで運転マナーというか交通マナーがカオスになってるとは思わなかったわ。丁度名古屋のテレビ塔の近くの商業施設内にムーミンショップがあって、その屋内駐車場まで行くのがダルすぎた…。


名古屋がそもそも激混みする主な理由って「路駐」が原因らしい、とネットで調べたら出てきたんですが、ホントその通り左車線には路駐の嵐。その上ウインカー無しの割り込み、横断歩道を渡る人がいても無理やり突っ込む、危なすぎる車線変更などなど交通マナーの悪さが露呈しており…4人で呆れ果てていました。ここまで名古屋ってひどいか、と。我々も無理やり割り込みされました。そして突然前で止まって人をゆっくり降ろすという行動をし始めました。勿論1番左の車線は路駐で埋まっているので真ん中のレーンでしか出来ません。


「(平気で路駐してる奴)皆捕まってしまえ」と4人でガチで思った瞬間でした。マジ警察何してんの?働いてんの?諦めたとかでは済ませらんないくらいの量ですけど?


でも確かにアレなんですよね。
図で描いたらこんな感じ。

車線数ミスったけど大雑把に書いただけだから許して。(笑)

我々の行きたかった施設の駐車場入口は左折したすぐ先にあったのですが、まずその左折する前に信号&横断歩道があるのと、左折した先に横断歩道があり、そこを一生人が途絶えないくらいの人が横断していくから一生左折(or右折)出来ない状態がエンドレスで続くから車側も無理矢理突っ込んでいかないと入れないって気持ちは分かる。

にしてもこの路駐の多さ。

何なの?何で皆路駐してんの?おかしくね?

しかも名古屋ナンバーの車の圧倒的外車数の多さ。我々の後ろにいた車もBMWだったし、駐車場に停めた向かい側にCROWN2台止まってたし…怖いぞ名古屋(震)


そしてムーミンショップに寄った後に「矢場とん」で晩御飯を食べた。

前食べた時は味噌が濃すぎて食べられない!と思ったのに、今回食べてみたら結構美味しかった。ちなみにこいつ、名前は「ブーちゃん」って言うらしい。ひねり0で笑った。ちなみに崇拝している人は「トン様」と呼んでいるらしい(笑)


そして2人を名古屋駅で降ろして解散。
今から我々は車で埼玉まで帰らねばならぬ。

時間はなんと6時間。

なかなか車から見る名駅ってのもないから一応撮っといた。


3分の2は所有者さんが運転してくれたけど、残りの3分の1くらいはさすがに疲れたからといって交代して私が運転した。私の運転してた高速道路は割と平和でした。良かった…。でも1回だけ煽られたかな。ホントムカつくわ。


日付変わるくらいに私の家に到着してその子と解散しました。

皆さんお疲れ様でした。楽しかったです。


ちなみに。

その帰りの車の中で遠藤と2人になったので相方(笑)との馴れ初めとかとりあえず事情を聞いとこうと思って色々聞いてました。その子自体そういうことを話すのが普通にめんどくさいってのは知ってたけど(笑) あまりにも私は無知だったのでとりあえずあれやこれやと聞きました。


で、「私だけ知らんかった的な雰囲気を出されててショックやってん」ってことを正直に言ったら「あ、マジかゴメンゴメン(笑)」と素直に謝ってくれて嬉しかった私。でももう1人にも話した記憶ないぞ…?と遠藤が言っていたのでLINEでその人に「知ってた?」と聞くと「直接は聞いてないけど知ってた」という回答が来て、なんで?と聞かれたので正直にそう思ってたことを言うと「嫌やと思ったこと正直に言えるようになったやん!前までそんなん出来ひんかったのに!素敵やん!」と逆に褒められてちょっと戸惑ったよね(笑) うん、まあなんか嬉しかった。そこは素直に「なんかありがとう(笑)」と返しておいた。たまにこいつらのノリについてけない時あるけど(笑) そういうところがいいな、って思った。皆ベースはクズだけど(笑)「親しき仲にも礼儀あり」ってのを何だかんだ皆分かってるからね。


兎にも角にも改めて結婚おめでとう。
幸せになるんだぞ。ココリコ婚。(笑)




で、最後。

最後のEndless SHOCKを観に行きました。

この座長を見るのも見納めか…としみじみ思いつつ、入場。

今回のSHOCKの新ステージフォトが販売されていて、友達がどれを買おうか悩んでる時に後ろから「光ちゃん光ちゃん!」とやたら連呼している人がいて振り返ったらバケモンみたいな化粧したBBAがそこにいてびびって一瞬で振り向くのやめた



1回目は左端から、2回目は右端から、そして今回の3回目は真ん中からほぼ列は変わらずに見ましたが、圧倒的真ん中の良さ。


やっぱり真ん中から見た方が迫力とかが全然違うね。めちゃくちゃ良かったわ。第2幕とかずっとボロボロ泣いてた(笑)内容知ってんのに見えかたによってこうも変わってくるか…と思いました。


やっぱり座長の姿を見ているとホント「仕事に対する姿勢」ってものを改めて学ばされますね…。彼は仕事に対する姿勢だけは尊敬できる。(笑) ホントそこは神レベルで尊敬出来ますね。仕事を続けていくこと、ひとつの作品を作り上げてことの難しさ、大変さ、そしてその先に待っている達成感、仕事への熱意、覚悟などなど…。とりあえずこのEndless SHOCKの中にはそんな思いが全て詰まっているように思います。

やっぱりなんというか…KinKi Kidsの2人は「人生に迷った時にそっと救いの手を差し伸べてくれる存在」な気がするんですよね。だからこのEndless SHOCKも人生に迷った時にはまた見たいなあって思うし、これからも見続けたいなあとも思う。2人はただ「カッコいい」だけで済ませられない存在だと思います。


ホテルで宴会(爆笑)



次の日はまたKinKi Kids鑑賞会をしました。
DESTINYのメイキング映像を見たんですけど、堂島くんが面白すぎてヤバかった。マジでアラバキいきてぇーーーー。


あとは久しぶりにLコンを見たんですけど、やっぱいいわ…好きだわLコン。

「嫌なこととかしょーもないこととか考えてるくらいなら、その時間をKinKi Kidsへの愛情に変えてください」って優しくいう剛さんの言葉に「ありがとう…(涙)」ってなりますよね。

そんな剛さん、いつの間に発表してたのか全然知らなかったんですけど東大寺のDVD出すんですってね…!!!

堂本 剛 東大寺LIVE2018(Blu-ray通常盤)

堂本 剛 東大寺LIVE2018(Blu-ray通常盤)

いやビックリしたわ。しかも剛さんの誕生日。しかもしかも「名もなきヒーロー」と発売日一緒。ハッ。運命ですか。買いますね。でも東大寺って「街」歌ってるじゃん…あのシーンだけは未だに見れないんだよね私…。見ると胸が苦しくなりすぎて絶対見れない。どういう感情になるかは分からないけどなんか切なくなるというか…うん。とりあえず見る勇気がまだ出ない。


やっぱなんか自分がこう苦しいなあ…とかしんどいなあ…って思ってる時にこうやって発表してくれるのって普通に嬉しいよね。だから剛さんのライブもどこかしら1つでいいから当たってくれると嬉しいんだけどね…。またあの世界観に浸りたい。またあの音を聴きに行きたい。でも時々「神様はこういう堕落した生活を送っている人には幸福など訪れさせない」って思ってしまう面もあるんですよね。行きたいが故にそういうことを思ってしまう部分もある。それが苦しい。先が見えない苦しみから逃げてるだけのただのクズって私のことなんだろうなあ、とか時々思う。


ここ数日で色んな人とお話したけど、何というか「もうちょっと自分はこう思うってことを言ってもいいんだ」ということは思ったかもしれない。今までそういう意見を言うことすら怖かったんだけど、「あ、もうちょっと言ってもいいのかな」って思えたのは良かったことなのかもしれない。


ただ、今は本当に精神的に疲れたのでしばらく休養したいなあと思っています。保健師さんと会った時も「今まで会った中で1番しんどそうな顔してる」と言われました。何も考えられない。考えたくない。この地獄から早く抜け出したい。そう思うばかりです。



とりあえず今は

体がかゆい

その一言です。
マジでかゆい。どうしたらいいんだこれ。



寝ます。

おやすみなさい!!!!

あめ


どうも。ニートです。


ようやく弔事ごとがひと段落つきました(ついてないけど)。昨日は父方の祖父の七回忌に行きまして…この先こういう弔事ごとが増えていくんだと思うとグッタリしてしまいますね…。
疲れたーーーーー。なんもしてないのに疲れるってマジで意味分かんないけど疲れすぎて体が鉛のように重かった。というか今も重い。


Mr.Childrenが当たらねえ。私はFC先行で東京1公演のみ当たったけど、私の周りでも1公演は当たったけどもう1公演当たったって人をほぼ見かけない。別に1公演行けたらいいんだけど…あまりにも周りに複数公演行ける人が少なすぎるからもし運営側で「1人1公演」という暗黙のルールを作っているのならばそれは言ってほしいなぁ…という不満も出てきています。まああのMr.Childrenに欲を求めてはいけないけど、そうじゃないと先行を何回もやる意味が分からない。もしくは外れた人限定とかそんな風に謳ってほしいなあとかいう不満が出始めている。「もしかしたらもう一ついけるかも」という希望を始めから無くしているルールなのであれば、それは言ってほしいなぁ…って。


今までバタバタしすぎて全然触れられなかったけど、すばるの更新がまたあった。朝から「おっ!」と言って動画とシンプルな文章を見た。すばるが脱退した後からすばるの今後はどうなるんだろう?と思っていたけど、私的にはすばるは誰かのように留学する道を選ぶのではなく、ナオト・インティライミみたいに世界を放浪して学んだことを曲にしていくタイプだと思っていたけど本当にそういうタイプになっていて笑った。どうやら彼はカンボジアにいるらしい。兎にも角にも曲も作っているみたいなので着々とすばるのリスタートが始まっているから、元担当としては今後に期待したい所存でございます。「生存確認」は私にとってとても嬉しいことです。もう彼の前では「担当」という言葉を使いません。ただの「ファン」です。



早いもので実家生活ももうすぐ終わろうとしているのですが、基本私より症状の重い母の介護(?)や弔事ごとに追われていて何しに来たんだろう?という状態で、毎日「快眠」と思える眠りにつけていません。時間的にはそこそこ寝ているけど、睡眠の質が悪い気がする。「よく寝た!スッキリ!」っていう日が無い。今も欠伸が止まらない。この間なんて七回忌の粗供養を取りに行くためにお店まで母の車を運転していたら急に目眩がしてきて危なかった。アレは何だったんだろう…よくわからない。こうやって自分が悪くなったのも周りのせいにし始めてる自分が嫌になる。


甥っ子に会いに行った。1歳になったばかりの甥っ子は可愛かった。すくすくと成長していた。兄に「長生きしたい?」と聞くと「子供おるから出来れば長生きしたいな」と言っていた。やっぱり守るべき存在が出てきたら人って少しでも長く生きたいって思えるんだなぁ…って思った。私なんて「明日にでも別に死んでもいい、長生きなんかしたくない」という思考しかない。自分でも何で生きてるのかよく分からないし。だったらとっとと死ねよ、って感じだけど流石に親より先に死ぬのもなあ、って住んでて思った。けどこんな体になってお世話になって、何も親孝行出来てない身だと思うといない方がいいなあとも思う。親を悲しませる言葉は言うまいと思ってたけど、住めば住むほどそういう思いで溢れてくる。弔事ごとで久しぶりに会う親戚の人たちにも「そろそろでしょ?結婚」とか言われ始めるしもうなんかしんどい。


疲れすぎて友達と遊ぶ予定も少しキャンセルして家で寝ていたけれどやっぱり眠れなくて。とにかくバタバタしていた。私…人のために生きてる気しかしない……ってちょっと思った。いいように使われてるだけのようでは…………。



私の前にはいつも兄がいた。

兄のことは好きだけど、「兄のようにならなきゃいけない」という思いが小さな頃からずっとあった。


兄は所謂エリートコースだ。頭のいい高校に行き、頭のいい国公立大学に行き、公務員になるという超安定且つ平和コース。兄は別に誰に何かを言われたわけではなく自分でそうやってマイペースにやってきたからとにかく周りの人に褒められていた。だからずっと妹である私も「そんな人にならなきゃいけない、そうしないと褒めてくれない」っていう思いがあって、受験勉強もして、兄ほどではないけどそこそこの高校に行って、そこそこの大学に行って、一応就職もした。


一度祖母にその相談をしたことがある。「私は何をしても兄には敵わない」と。そしたら祖母は「兄は兄。あんたはあんた。やからあんたはあんたの人生を送りなさい」と言うわけですよ。そう言う割には「公務員になれ」という圧がヤバいんですけどね…(苦笑)


でもその先には何も無かった。
幸せってものは何も無かった。
結局必死に追いかけてしがみついていただけなので、その先に何かあるはずもない。
だから今、人生で1番疲れている。
こんなに虚無感に襲われることも初めてである。


すばるも言っていた。
「今の日本は世界的には平和と言われているが、そこに"幸せ"はあるか?」と。


何でもかんでも「個性」ばかりを重要視するのも如何なものなのか?と思い始めている。だから正直YouTuberとか流行り物とかの「これも個性デス☆☆☆」感がめちゃくちゃ嫌い。そのアイデアを発掘した人は凄いと思うけど、その流行りに乗っかる人を見ても何も楽しくない。ということに気付いた。



なんかどこにいても幸せと思えない人間は何をしても幸せと思えないんだなあと、自分の生活を振り返ってみて思いました。まあ私のことなんだけど。




では。


眠い。



…と思っていたら、剛さんのケリーライブが決まった。テンション爆上がり。(笑)

普通にしんどい

どうも。ニートです。


全然眠れません。


ヤバい。ヤバいぞ。眠れなさすぎて夢ばっか見るぞ。
「とりあえず新しい薬飲んで様子見てみよっか」と言われて飲んでいる睡眠導入剤が全く機能していない。眠れない。前の病院で貰ってた薬が無いと深い眠りにつけないぞ。だから今日もちょっと気分が悪い。


…って言ったって、こないだ見た夢なんて幼稚園のベンチでレキシと私の2人で「あっなったっも無っ視♫無っ視♫無っ視♫」って歌ってたっていうめっちゃ謎な夢だったんだけど(爆笑)何故突然私の夢にレキシが出てきたのか…………。…そういえば最近あの人、幼稚園の先生みたいな格好で洗剤のCMやってるよな…………(遠い目)


食欲もあんまり湧かない。食べられない。食べ物見ると気持ち悪くなるし、アルコール見たらもう無理ってなるし、コーヒーもしばらくは控えようと思って飲んでないし、軽い胃腸炎なのか?胃がめっちゃ荒れてる気がする。昨日まで舌になんか出来物出来てて痛かったし(もう治ったけど)。



というかね、葬式後の家族間のゴタゴタ(というか兄妹ケンカ)に若干私も巻き込まれつつあってめっちゃしんどい。めっちゃ困ってる。詳しくは言わないけど私が善意でやってたことに後から何かごちゃごちゃ言われ始めている。別に私がやろうかなと思ってやってたことに口出しされてもめっちゃ困る。しんどい。なんかそればっか気にしちゃって母親も私も全然テンションが上げられない。しんど。しんどいからBUMP聴いてる。マジで早く子供たちよ、親であるおじいちゃんおばあちゃんを安心させてあげてくれ………………………(涙)



で、母親の体調も心配だけど、何とか母親の唯一の楽しみを手伝ってあげたい!と思って今母親の好きな元SMAPメンバー3人でやっている「新しい地図」のファンミーティングのお見送りをしています。そして終わるのを待っています。迎えに行かなきゃならないので。昨日今日と母親は参戦しているのですが、おじいちゃんの不幸の後だから本当はおばあちゃんの側にも居てあげたいけど多分私がまたそのゴタゴタに巻き込まれそうでしんどいからどうしようかな…と迷いつつ、でも1年前くらいからこの日のために母親は死ぬほど楽しみにしていたからなんとか楽しませたい!と思ってもう大阪で母親を介護してます(?) 会場までの行き方とか会場近くのホテル取りとか何時にどこにいとこうかとかスケジュール管理はこっちが全部やってあげて何とか考える負担を減らして、出来るだけ後は母親は会場に行って楽しむだけにしてあげてる。


そのお土産がこれ。

わーーーーー。すげーーーーー。

(なんか1分間だけ写真タイムがあるらしい)


「泣いた」って言ってた。
めっちゃちけえわ、この距離で見られたら吐くわ。


あとはずっと母親のお土産話を聞いてあげてる。まあ私も昔はSMAP好きだった身だし10年くらいコンサート行ってたから話も何となく分かるから聞いてあげられるんだけどね。


…ただ、このゴタゴタ途中にこの楽しみに行ってるもんだからお兄さんやおばあちゃんからの電話が結構母親にかかってきたり逆にかけたりしていて結局ゴタゴタになってなんか微妙なテンションに落ちている。昨日の夜、ホテルに泊まってても結局そのゴタゴタの話しかしなかったしなぁ…。何のための今日だよ…頼むから手配は全部してあげてるんだから楽しんでくれよ…と思うけど、なかなか……………。しんどいぞ。



しかも昨日、母親がテンション上がったまま梅田のジャニショに行ってエイトのコーナーを見ていて(ちなみに夕方に行ったけどビビるくらいめっちゃ空いてた)、昨日から新しく出ていたエイトの写真や何故か昨日から新しく出ていた丸山ハワイオフ写真に爆笑しつつ「あーーーー楽しかったーーーーー」と満足していた時にどっくんの例の報道が流れて母親がめっちゃ落胆してしまって「私なんかした…!?なんで私が好きになるグループみんなこうなるん……!?!?」ともうホテルでテンションだだ下がりになっちゃって待ち受け画面も「今は見たくない…」という理由からマルからウチのアホ犬の写真に変えちゃってたし………んほほ………どっくんタイミング悪すぎィ…………(涙)「お母さん!明日も新しい地図見られるんやから楽しみにしときいさ!!今は見なかったことにして新しい地図だけ考えとき!」と何とか言うけど「もう…エイトショックがデカくて無理…」とか言い始めるし娘しんどい。


かく言うおばあちゃんも「あと飾りの日、あんたいるか?」と私に聞いてくるくらいだったからおばあちゃんもお兄さんと2人になるのが嫌だったんだろう。私が行ってあげても良かったんだけど、どうせあと飾りが終わったらお兄さんに帰らされて結局家族だけで話す羽目になってたと思うんだよね。マジでゴタゴタだけは早く落ち着いてほしい…もう胃がムカムカしすぎて穴あきそう(?)


なんか私もせっかく「元気になってきたかな?」って思ってた時にこんな感じになってきたからなんかもうボロボロだわ。


わしの休み時間も少しはくれ。


っていう本音。


みんな大変な状況にあるからそんなこと言えないんだけどね。みんなはもっと大変な状況の中色々手続きとかやってるんだからね。ニートは何も言えないんですけどね。


ただ…母親も今は大変な状況にあるけど、昨日と今日のために生きてきてたんだからせめて楽しむくらいしてくれよ…と思うんだけどなかなか上手くいかない…。母親も初めてのぼっち参戦って言うもんだから「怖いしついてきて」とばかり言ってくるから行くしかないじゃん????母親は1人暮らしをしたことない人だから1人で全て行動することが苦手なんですよ。


ホテルも空いてたからか予約した部屋からグレードアップしてくれてめっちゃ快適だったのに、母親の寝る前の言葉は「あーーー!!!もう嫌!!!」だったから娘しんどすぎ……。(しまいには「(エイトの話で)アンタはもうおらへんから(すばるの話)他人事やと思ってるやろ…」とか言われ始めるからいや私なんて言えばええんや…と思っちゃったし…)


いやもう、ほんと、みんな


普通に楽しんでくれ。

普通に落ち着いてくれ。


娘疲れました。
父親と毎日毎日「どうしようねぇ…これ…」といつも頭を悩ませています。「とりあえず…お母さんについてってあげて」と言われたのでついてきてるんだけど肝心の母親が全然楽しんでくれない…。あぁ〜〜〜〜しんどい〜〜〜!!!!!




どうでもいい話その①。

昨日、母親を無事に会場に送った後私は1人で母親の公演終わりを待っている間に、なんか私がS席で当たったSHOCKの座席が帝劇の座席表を見る限りではまさかのA席疑惑が出てきてジャニーズファミリークラブに問い合わせしてみようと思って1人で某ファミレスで30回くらい電話かけたけど全く繋がらない。ウザすぎてメールで問い合わせしてみた。今その返事待ち。再度当選メールを確認したけど、私は確かにS席で当たっていてS席の料金を支払っている。マジどうなってんだよ………(白目)正直私はS席とA席の丁度境目くらいだからというか今それを考えてる場合じゃないし考えられないから別にもうどうでもいいしもう何でもいいんだけど別の人との交換の都合があるからね 1人で苛立ちすぎてめっちゃ舌打ちしてた(今考えたら普通に怖すぎる)。



どうでもいい話その②。

白髪が異常に増えてきている。昨日今日とで母親に白髪を抜いてもらったんだけど、全体で40本くらいあった。特に右側に集中してあった(左利きとか関係あるのかなとか勝手に思った)。若白髪の主な原因は「ストレス、睡眠不足、栄養不足、スマホの見過ぎ」らしいが母親にそれを言うと「全部当てはまるやん(笑)(笑)」と笑われた。「いやホンマによ……」と嘆く私。白髪って脱いたら増えるというか、一回白髪になった毛根は一生白髪のままなんだってよ。だからそれが加齢とか色んな理由でどうしても増えていくから白髪を脱いたら増えるように見えるみたいで、白髪を抜いたら増えるという科学的根拠はないみたいですよ。だからもう諦めの意味で抜きまくってもらった。しかも人間って元々は白髪らしいですよ。そこに体内の色素が混じって色がつくみたいです。だからその色素が色んな要因で死んでいって最終的に髪の毛がご臨終されるみたいです(笑) 私も人生で一度も染めたこと無いから髪の毛真っ黒なんですけど、そろそろちょっと白髪のためにカラーを入れた方がいいのか…?………まだ26だぜ私………(白目)



どうでもいい話その③。

昨日の夜、ホテルで母親とテレビを見ていたら吉本新喜劇の色んな話をする番組をやっていて、面白くて見ていた。本当は母親の公演終わりを待つ間NGKに行って新喜劇を見に行こうかなあ…座長藍ちゃんだし…と思って迷ってたけど、結局行かなかった。そんな時に藍ちゃんが初めての女性座長になって色々奮闘している姿を見ていたら「うわー…行っとけば良かった…」とめちゃくちゃ後悔した。私今の座長で1番好きなのはすっちーなんだよね〜。でも藍ちゃんも好きだからどうしよう〜〜って迷ってたらこの番組をやっていて「うわ〜〜〜!!!」ってなってた。生「ブーブーブー!ブーブーブー!」見たかったな…。それはまた次の機会にしましょう…。


どうでもいい話その④。

母親の新しい地図の話を聞いてたらめちゃくちゃ面白そうだったので、東京で開催される慎吾ちゃんの個展に行くことにした。チケットも取った。

香取慎吾 NIPPON初個展 サントリーオールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM !

↑これ。

最初個展の名前聞いた時「ブンブブーンかよ(笑)(笑)(笑)」と母親と爆笑していたけど、なかなか慎吾ちゃんも個性的なアートを描くから気になって埼玉に帰ったら見に行くことにした。


あと、なんか駅のホームの壁面にこの個展の宣伝広告が貼ってあるからそれを撮ってきて欲しいと母親に依頼されて(しかも何個もあって一つ一つ広告のデザインが違うらしい)、「駅めっちゃあるやん…」と言うと「嫌なら別にええわもう…」とか拗ね始めるからもう「分かった分かった行く行く!!」って宥めるしかないじゃん…???だから埼玉帰ったら行くけどさ………(涙)





なんか「仕事に早く戻らないとなあ」という自分自身の焦りも出てきてヤバイけど(休み延長出来るけど普通に躊躇いしかない)、それどころじゃなくなりすぎてなんかもうしんどい。めっちゃ順調に行けば別に普通に4月からおっす!って感じで行ってたけど今は体調悪すぎてどうなるのかもう分からなくなっている…。ろくに寝られないし過呼吸もランダムに発生するし薬ないと眠れないししんどいしウヒョヒョ〜〜って感じ(頭おかしくなってきた)。


藤くん助けて〜〜〜〜!!!!!ほんと色々と難しすぎるよ〜〜〜!!!!(今firefly聴いてる)


では。

(なんか最近暗い記事ばっかですみません)

問題児なわたし

どうも。ニートです。


祖父のお通夜・葬儀が終了しました。



めっちゃやらかした。


私ただの問題児でしかなかった…………。


そして色々しっちゃかめっちゃか。


お通夜って基本は故人と接する最後の機会なので別に悲しい気持ちになる必要もないし、久しぶりに家族全員揃ったのでちょっとどこかでご飯を食べようか、という兄の意見でお通夜が終わって解散してからちょっと小洒落た居酒屋に家族全員だけで入った。


本当はお酒を飲みたかった父親でしたが、車で来ていたので飲めず、母親も体質的に飲めず、でも兄は「飲みたい!せっかくの家族全員やし飲もうぜ!」と言われたので断れないじゃん???父親が飲むってんなら喜んで断るけど誰も飲まないしせっかくの家族全員の機会で兄とも久しぶりにゆっくり会えたので飲みたくなるじゃん???(それがダメなんだけど)

ちょっとだけ、ジントニック1杯とお酒とトニックウォーターを混ぜた飲み物を半分も満たないくらいに飲んだだけで顔が真っ赤になり、フラついてきたのでそのまま解散して祖母の家に泊まりました。


もうねえ、全然眠れない。寝てたのかもしれないけど眠りが浅すぎて辛い。眠いのに。


そして葬式の日の朝、起きたら過呼吸になるという最悪の事態。理由は分かりません。別に「これが不安」とか明確な理由があるわけじゃなく突然過呼吸になって「うわマジかよ…」と思いつつ、なんとか落ち着いた頃に起きました。


そしてまさかの二日酔い。


最悪すぎる……………………。


告別式でお坊さんがお経を読んでいる間にとんでもない吐き気に襲われて「ヤバイ本気で吐く」としかもう考えられなくて、告別式が終わった直後にトイレへ猛ダッシュ。吐こうとしたけど何も出なかった。その後も最期の儀で体調が悪すぎて棺桶への献花は「私も一緒に棺桶へ入れてもらおうかな……」くらいの勢いのテンションで入れていたけど(縁起悪い)、やっぱり花やおじいちゃんの好きなものに囲まれて綺麗に彩られたおじいちゃんを見ると寂しくて涙が止まらなかった…。出棺までずっと泣いてた。てか出棺の時泣いてたの私だけだったんだけど!?!?!?何で!?!?!?ってなった(泣かないって思ってたのになんかめっちゃ急に気持ち悪いのに泣けてきてボロ泣きした)。あの祖母でさえ泣いてなかったぞ。まあその前に祖母は散々泣いてたけど(まあそれは仕方ない)。




しかしそこからが地獄。



京都府って、火葬場が京都府で1箇所しかないんですよ。しかもその火葬代が京都市民なら3万で済むのが(これでもめっちゃ高いと思うのは私だけか、相場知らないけど)、京都市以外の人なら火葬代が10万もかかるらしい……。ひえぇ……。祖父は京都市民だったからまだ安い方で済んだけど…。

で、その火葬場がまた山の上なんですよ。とんでもない急カーブの連続。いつもの私なら余裕なのに今日に限って二日酔いにプラスしてあの超絶クネクネ道のせいで車酔いもプラスされて、もう私の胃はご臨終しました………(吐いてはいないけど)。


そしてまあ祖父の火葬が始まります。もう気持ち悪くて気持ち悪くてヤバすぎたけど祖母が中に入っていく棺桶を見ながら「最後や…。最後や…。今までありがとうな……」と泣きながら火葬されていく時に嘆いていたのを見てまた泣いた。


で、だいたい火葬時間は一般的には1時間半〜2時間ですが、その間我々はその火葬が終わるのをただ待つだけになり、とりあえずめちゃくちゃ気持ち悪すぎてソファーで横になって寝ていた。皆にも当然心配はされたけど…いやホントごめんなさい(大号泣)

いくら水を飲んでもお茶を飲んでも頭痛も吐き気も治らないし、横になっても座ってても立ってても(つまりどんな体勢でも)気持ち悪いしもう無理だ……ってなって火葬が終わるまで寝てた。横になって目を開けたら全然知らない別の葬儀場の人と目が合って突然「体調悪いんか!?」と聞かれ「ちょっと車酔いという名の二日酔いしちゃって……」というと「大丈夫か!?誰か呼ぼか!?水買ってこよか!?」とめっちゃ心配されて「もう大丈夫です!お気持ちだけ受け取っときますありがとうございます…(苦笑)」と心配してくれる気持ちだけ頂いてまた寝た。気持ち悪いのと頭痛がいくら寝ても何を飲んでも治らないから頭痛薬を飲んでみたけど、まあ気持ち治った程度。その副作用のせいなのか知らないけど胃がムカムカしまくってる。ヤバい。


いや……どうする………????


ってなってる間に祖父の火葬が終わってしまい、お骨取りの部屋に気持ち悪い中向かった(おじいちゃんごめんn回目)。


で、骨だけになった祖父の部屋で各々が祖父の骨を骨壷に入れていくのですが、さすがに骨だけになった祖父を見たときは驚きがあったな…。「ああ、終わったんだな」って感じがした。


まあお骨取りをしたんですが、最期は痩せ細ったけれども割としっかりと骨は残ってて。首か肩の辺りから謎の長さ5〜6cmくらいの割と太めなボルト(?)が1本出てきてたけど葬儀場の人がめっちゃスルーしてポイっと端にやっちゃったし(これ何ですかね?とか触れてくれても良かったのになあと今更ながら思う)とりあえずスルーしたけど、帰宅してから家族で「あれは何だったんだろう?」となって祖母に聞いてみたが「知らん」との返答だったので多分結婚前になんか骨折かなんかしたのかなあ…とか思ったり。真実は闇の中。


そしてお骨取りが終わり、ここからまた地獄ですよ。

行きがあれば勿論帰りもある。

つまりあの急カーブ地獄をまた味わうことになる。


ヤバい…と思ったけど、誰かと話してたり外の景色を眺めたりしてたらまだ大丈夫だった。


告別式の日は快晴だったので、京都の街中の色んな風景が車の中からたくさん見えた。その中で特に平安神宮の大きな鳥居の前を通った時はめっちゃ涙が出てきた。「私にはここに沢山の思い出がある」って改めて思うとなんか泣けてきちゃって…。新しくなった京都市動物園の前も通り、沢山の園児たちが遊びに来ていたり、いつも通ってた道を見ていても泣けてきちゃってなんかもう気持ち悪いのと泣けてくるのでなかなかにカオスになってた私(笑)


そして何よりめっちゃ悔しかったのが体調が元に戻ってきたのが初七日をやった時。


最後の最後かよ。おい。


ってなって、お坊さんがお経を読みながら拝んでいておじいちゃんに心の中で言ったことはただひとつ、



マジゴメン


…天国のじいちゃんにしばかれそう…(苦笑)
「わしが死んでる時に何をしとんのや!!」ってしばかれそうなので、この先お参りさせていただく時は一生「ゴメン」と謝罪し続けます。


全部終わってから各親族にも謝罪しておきました。「今日は本当にご迷惑をおかけしてすみませんでした…」と。みんな優しかったから良かったけど(苦笑)



まあまあ、とりあえずおじいちゃんは天国に無事行ったと、思います。多分。


もう翌日に何か大事なことがある日にはアルコールは飲みません。ごめんなさい。




…で、別件で今ヤバすぎるのが兄妹ケンカ。

あの…もう故人の祖父の子供2人が亡くなった日から告別式の日までずーーーーーーっと大喧嘩。揉めてる内容も遺産相続とかそんな話じゃなくて葬式の段取りのこととかそういうしょうもないことなんですよ、側から聞いてると…。天国のおじいちゃんが「わしが安心して天国行けへんぞ…」って泣くぞ…………(苦笑)私は母親が祖父の娘なので母親側に住んでるのですが、もう毎日毎日電話で「ムカつく!!!!腹立つ!!!!嫌や!!!!」と怒り狂ってる母を見ています(笑) あんなに怒り狂う母親見るの初めてかもしれない…(苦笑) 聞いてる限りでは母親と祖母が割と穏やかな性格で、今回の故人の祖父と母親の兄(つまり私からは叔父さんにあたる)がどちらかというと頑固一徹な性格って感じなのかな。他人の家族事情なのであまりそういうところには介入しませんが。


今日も全ての段取りが終わって我々家族4人と祖母と叔父さんの6人で祖母の家に一旦寄ったのですが、色々と話し終わって叔父さんがめっちゃ怖すぎるような冷たい暗いトーンで「ちょっと……………2人(祖母と母親)にご相談がありまして………」と言ったので色々察して(笑)母親を除く私と私の兄と父親は何も言わずに実家へ帰宅しました。



私は相変わらず胃のムカムカ感が取れず、雑炊を作ってもらって食べていたのですが母親の帰りがちょっと遅かったので「まだかなあ」と待っていると父親宛に祖母から電話が。

「あの…(私の母親)が大げんかして泣きながら帰っていったので…帰ったら宜しくお願いします(苦笑)」

と、もう実の親にそんな電話をさせるくらいの大ゲンカをしたらしい(苦笑)。

私の父親と私は「おじいちゃん………家族が大げんかしてたら安心して天国行けへんやん…………(苦笑)(苦笑)」の嵐だった………。



それで母が帰宅してきて案の定我々に鬱憤を晴らすマシンガントークが炸裂。まあ確かに母親と祖母の意見を聞いてると母親の方が言ってることは正しいかなあ、とは思うけどそこはもうノーコメントで………(苦笑)。そんな葬儀の話で兄妹ケンカをずーーーーーーっとしてたらおじいちゃんが悲しみまくるし何より祖母の葬式の時は一体どうなってしまうんだ…という不安と心配しかない………。もう終わったことなんだから揉めるのはよそうよ…とは思うけど、なかなかそうもいかないみたいで…。父と私が何とか宥めるけど母の鬱憤は何も晴れておらず、その後も叔父さんに電話して聞くべきことが出てきた時に「あーー!!!ムカつく!!!!腹立つ!!!!何なん!?!?!?」の嵐で父と私はただただ苦笑い………(苦笑)。先が思いやられすぎてなかなか……。見た感じそんな人たちとは思わなかったけど、なかなか色々大変らしい………。




しかもなんかさぁ、


宗教ややこしすぎね?


って、なりました。

お通夜が終わって頭の中が「????」だらけになっているのを取り除きたい…と思って調べ始めたら余計に混乱した(笑)


祖父の葬儀の流れを色々と学ぶうちに頭の中が混乱してきて、色々と調べています。葬儀で恥ずかしいマナー違反とかしたくないから…と思ってネットで色々調べ始めると混乱が止まりません(笑) 色々知識のある父親や叔父さんに色々聞いてますが、めちゃくちゃややこしい(笑)


ややこしいから、色々色分けしますね(?)。


今現在私の本籍のある実家の宗教は法然さんの浄土宗です。だから私も今のところはその浄土宗に属しており、もし今後私が誰かと結婚したら、その旦那さんが何かしらの宗教に入っていれば私はそっちに嫁ぐことになるので、自動的に私は旦那さんの宗教になります。このまま一生独身でいれば私は多分一生浄土宗なんだと思います。


私が物心ついてから初めての身内の葬儀が父方の祖父の葬儀でした。なので勿論宗派は浄土宗。父方の祖母は体が動けない為、喪主は長男である私の父親が行っていました。だから今回の母方の祖父の葬儀の流れとかも色々と聞いてたんですけど、父親の知ってる葬儀の流れはあくまでも浄土宗の葬儀の流れなのです。


それに対して今回の故人の母方の祖父の宗派は法然さんのお弟子さんの親鸞さんの浄土真宗大谷派(お東さん又は東本願寺)なんですよ。だからうちの母親も元々はこの浄土真宗大谷派(お東さん又は東本願寺)だったんですが、父親と結婚したことによって浄土宗に変わっています。で、後々面倒な話と繋がってくるのですが、母方の祖母も元々は浄土真宗本願寺派(お西さん又は西本願寺)だったんですよね。それを今回亡くなった母方の祖父と結婚したので浄土真宗大谷派(お東さん又は東本願寺)に変わってるんですよ。勿論葬儀の大まかな流れは一緒なんですが、考えや教えがまるで逆というか、まるで違う。父親に教えてもらったものとまるで違うから色々驚きがありました。まあ宗派違うから当たり前なんだけどさ…。私バカだからどの宗派に属していようが基本的な教えは父親の言う教えがまあ根底にあるのかなあ、って思ってたんですよ。そしたらまあ違う違う(爆笑)。


まず今回の葬儀で父親に教えてもらってたのと違ったのが故人がいつ仏様になるかという教え。私は父親から「満中陰(四十九日)まではまだ地上に居て、満中陰を過ぎると仏様になる」と言われていました(この「満中陰」って言葉も関西地方でしかあまり言われていない言葉らしくてなんか初耳なことを沢山聞いてます)。だから結構四十九日を大事にしているそうです。そして父親もこれは勿論浄土宗のお坊さんから言われていることです。だから前回の記事でも書きましたが、私の実家に父方の祖父の仏壇がありますが、その父方の祖父に線香を焚いた時に「母方の祖父もそちらに行きましたので、祖父同士仲良くしてあげて下さい」って願ったんですが。私はまだ母方の祖父が地上にいるもんだと思っていたので「あ、まだそちらにいませんわごめんなさい」と心の中で父方の祖父に謝ったんですよ(?)


そしたら。


今日、故人である母方の祖父の湯灌に立ち会ったんですよ。綺麗になった祖父を見て「ああ綺麗だなあ」と言っていたら湯灌してくれた担当の人が来て「故人様は浄土真宗大谷派ということで基本的にその宗派であれば亡くなったらすぐに仏様になり天国へ行かれるという教えなので、もう既に故人様は仏様になっておられ、天国におられます。なので旅立つ道具の杖や草履などは棺桶の中に希望される場合はお入れいたしますがどうされますか?」と言われました。


確かに父方の祖父の時の湯灌にも立ち会ったのですが、その時は棺桶の中になんか無事に天国へ行けるための道具とか入れてたもんな…草履とか色々…。



およよよよ?????

じいちゃんもう地上にいないの?????

っていう思いと

父方の祖父に謝ったの間違いじゃね??????


みたいな思いがめちゃくちゃ出てきてそこで「もう母方の祖父は地上にいない」という事実で微妙にショックを受けた私(?)。なんか父親にそう言われてたから「ああまだ地上にいるんだったら今までのアホみたいな会話も側で聞かれてんで(笑)」なんて言ってたのになんかどうやら違うらしい。おじいちゃん、もう天国なんだってよ。(爆笑)いや、天国に行けてこちとらは安心したけど。い、いけてる、かなぁ…(震え声)


それでここからややこしいことになってしまった…らしい…。


身内が亡くなったらお経を読んでくれるお坊さんを手配しないといけないのですが、お坊さんを手配したのは母方の祖母。昔から懇意にしていたお寺さんがあるみたいで、祖母の母(名前わからないけどおーばーちゃんと我々は呼んでいる)の時もそのお寺さんにお世話になってるから、そこのお坊さんに頼もう!ということでまあ無事に手配は済んだのですが。


お通夜前日の夜、母親の元に母親のお兄さんから電話が入る(ここもまたそこそこ仲が悪いから大変なんですわ)。


「ヤバイ、お母さん(母方の祖母)が手配したお坊さん、浄土真宗本願寺派なんだよ、どうしよう」


んっふふふふふふ♡♡♡♡
ヤバすぎ♡♡♡♡♡♡♡♡


母方の祖母も後から気づき、「あ、ヤバイどうしよう」ってなった頃にはもうお通夜前日の夜というかなり厳しすぎる状態。


だから…今更変更なんて出来ないし…もうこれで進めるしかない、ってなって浄土真宗大谷派である故人さんの前で浄土真宗本願寺派のお坊さんがお経を唱えるというなかなかにカオスなことになってしまいまして(笑えない)。


まあ、


真実は闇に葬り去ろう♡♡♡♡


お通夜の最後にお坊さんが少しお話をされた時にお坊さんが「あの…僕お西さんなんですけど…(苦笑)」みたいな感じで若干戸惑いながら話し始めてたのが分かって笑いそうになったしその後の法名のお話も「これはお東さんで貰ったみたいなんですが…」みたいに困った感じで話されてて土下座レベルで謝りたくなった


なんか私もその辺の仏教のこととか無知すぎたからちょっと調べようと思って調べてたんですよ。お東さんとお西さんの違いとかさ。同じ浄土真宗なのにお東さんとお西さんで分かれてんの何なの?みたいになって。そしてこんな事もないと絶対調べないだろうし今後の参考にもなるし…と思って(まあ今後こういう宗派の教えとかを守っていく人は格段に減るかもしれませんが)。


バカな私が話すより下のサイトを見てもらった方が分かりやすいのでそこ読んでください(雑)。

東本願寺と西本願寺~二つに分かれているのは豊臣秀吉と徳川家康のせい? - BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)


まあ結論、ケンカしてる関係なんですよね。


めっちゃダメじゃん♡♡♡♡♡♡♡



有名すぎる戦国武将の織田の信長さんと豊臣の秀吉さんと徳川の家康さんが関わるほどの大ゲンカだからそれはそれはヤバすぎ♡♡♡




まあ…そのことに関してはもう触れないでおこう……………………………見なかったということで…………………………………………………………。


おじいちゃん、ゴメン。(全力の土下座)


天国に行くというのは同じだけどなんか天国にちゃんと行けてるのか不安になった…ずっと不安だけど…(苦笑)

お、同じ浄土真宗だからさ…(超小声)(震え声)



うわーーーーー!!!!!!!!

我々が地獄に行くかもしれねーーー!!!!(大号泣)



お焼香とかもめっちゃ戸惑ったよね。基本的には故人の宗派に合わせたお焼香をするのが一般的ですが、お経を読んでる人はケンカ相手…(苦笑) お坊さんも困っただろうけど、お坊さんも檀家さんは大事にしないといけないので…。


まあなんかもう、今時どっちでもいいというかめっちゃゆるくなってるみたいだからみんなの結論は

「とりあえずお通夜と告別式さえ終われば何でもええわ」


というめっちゃ雑な結論(笑)(笑)(笑)


ただその…祖父の宗派はお東さんなのに今回お経を読んでもらったのはお西さんだから…しかも今後の法要もお西さんの寺でやる予定なのかな…?そもそも祖父は墓を作ることは希望しておらず、勿論東本願寺への永代供養を希望してたと思うんだよね。なんかそんな話を大学時代にチラッと聞いた気がする(何でそんな話してんだよって感じだけど)。ただ今回こんがらがっちゃったことによって果たして東本願寺さんへの永代供養は可能なのか…???という疑問が残ったのですが、それは出来るらしい。良かった………………………のか????(笑)




なんかねえ、とりあえずねえ、もうねえ、総じて


おじいちゃん、ごめんなさい(全力の土下座)


というお通夜と告別式でした。




あの…………おじいちゃん、一個だけ聞きたい。



ちゃんと天国行けた?






では。


戦いはまだ続く………………………。

おじいちゃん


3月2日、祖父が永眠しました。


前日の昼過ぎ、「暇だなあ」と思いながら2人で家でぼーっとしていたら、母のところに母のお兄さんから「祖父の状態が危ないらしいから今すぐ病院に向かって欲しい」という電話が入り、2人で急いで京都の病院に向かいました。


母曰く、割と緊急的な感じで電話が入ったみたいなので「もう着いた頃には持たないのかな」という感じで行ったのですが、いざ行ってみると酸素マスクは付けていたものの、意識はまだハッキリしていて、私のこともきちんと認識していて目も見えていて耳も近くで話せば聞こえてはいたし、手も握れていた。最近は力も弱り切っていたので会った時にはハイタッチの挨拶をするのが定番化されていました。そして私が来るなり「わざわざ埼玉から来てくれてありがとうな」と一人一人に声をかけてくれていたし、後から来た母のお兄さんとその娘さんにも声かけはしていたみたいで(病室が狭いので家族別々に行ったのです)割と「あれはまだしぶとく持つな」となってその日は解散した。私も祖父に「バイバイ!」と手を振ると、祖父も多分微かに「バイバイ」と言いながら手を振っていたのだ。いつ何時どうなるかは分からないけど、それでも何だかんだ結構今までも持っていたので「あれはまだしぶとく生きるなぁ」みたいな他愛ない話を談話室でして夕方ごろ解散しました。そもそも祖父自身が延命治療を希望していなかったので殆ど延命治療といった治療はしておらず、むしろ延命治療をしていた頃よりもしぶとく生きていたのでそういう方が嫌いだったのかな?という感じではあった。


病院の看護婦さんにその時祖父の状況を聞いたのですが、まあおそらく以前から悪くしていた心臓が弱り切ってきたのと、典型的な老衰でしょうね、と言われて「まあそうでしょうね」という感じでした(笑)


でもまあいつ何時どうなるかは分からないのは本当かなあ、と思って、まだ意識がハッキリあるうちに会える人には会っといた方がいいと実際看護婦さんにも言われたので、私の兄も兄妹揃ってめちゃくちゃお世話になったので「念のため兄にも電話した方がいいんでない?」と母に言い、兄にも電話を母が入れたのですが、その日に限って兄は人生初くらいの勢いで携帯を家に忘れてしまったみたいで電話に出られず、でも我々も「今日明日の話ではないだろう」と思って電話では「お爺ちゃんがだいぶ弱ってきてるから次の土日休みにでも一回意識のあるうちに会いに行ってあげて」と言うつもりでいたのです。そして我々も「急ぎではないかな」と判断してしまい、折り返しがかかってきたら連絡しようor明日にでも連絡しようと思っていました。


そして朝方。4時半ごろだったと思います。
母の携帯に再び母のお兄さんから電話が入りました。

「祖父が危ないらしい。今すぐ病院に来て欲しい」と。

基本的に最初の電話の窓口は母のお兄さんになっているみたいなのですが、こんな時間に病院から緊急の電話が入ってくるということは…いよいよか…と思って、とりあえず兄にも母が出て行った直後に「今病院から電話があってお爺ちゃんが危ないみたいで、お母さんが今病院に向かったから…そういう気持ちでとりあえずいといて」という電話をしました。


そして母も急いで家を飛び出したのですが、私と父も「我々もちょっと行こうか」とそのあとすぐに病院に向かいました。


そしてその電車に乗ってる途中、父のところに母から電話が入りました。

内容は聞こえませんでしたが、父のリアクション的に「ああ、そうだよね」となりました。


病院に着いた頃には祖父が既に息を引き取っていた、と。


どうやら最初に病院に着いた母のお兄さんが病院に来た頃には既に息を引き取っていたそうです。我々が来て解散してから、1人でゆっくりと静かに朝方に逝ってしまったみたいです。


あの「バイバイ」は本当に最後の力を振り絞った「バイバイ」だったのかな、って今は思います。


聞いた瞬間は勿論悲しみもありましたが、何となくちょっとホッとした部分もありました。こうやって物々しい雰囲気の病院でしんどい、しんどいと嘆いてるよりかはもう楽になって天国に行って自由奔放になれたし家族にも会えるから良かったんじゃないか、と。



そして私と父は病院ではなく葬儀場に向かうことになり、祖母、母、母のお兄さん、そして息を引き取った祖父を乗せた車を待っていました。そして数分後に到着し、霊安室へ運ばれ、一旦ドライアイスで体を冷やす作業に取り掛かられ、葬儀の段取り等を決めました。


祖母は勿論泣いていましたが、とにかく私は「おじいちゃんも頑張ったし、おばあちゃんもよく頑張ったよ」と祖母の背中をさすりながら祖母を霊安室に連れて行きました。「私は何も頑張ってない。おじいちゃんはよく頑張った」と祖母は言うのですが「おばあちゃんも十分頑張ったよ。偉いよおばあちゃん」と私はとにかく声をかけていました。


少し遅れて兄が霊安室に到着しました。やはり前日の電話の件を報告すると本当に悔しがっていたし、「行けば良かったなあ」「なんでもっと電話してこーへんかったんさ」と言われました。「我々も病院に行った時は今すぐどうこうとは思わなかったから…」と言い、それでも兄は悔しがっていました(当然っちゃあ当然ですけど)。


私はやっぱり大学4年間祖父母の家にお世話になっていたことがかなり大きかったと思います。私が兄のような今までと同じようにたまにしか会えないような関係だったら私もきっとぼろ泣きしていたと思います。「何で言ってくれへんかったんさ!!!」とかなり泣きながら怒っていたと思います。


大学に入学したての頃は全然元気だった祖父も、やはり歳を重ねるごとに段々と体が弱ってきていて「もうしんどい」とか「えらい」とか「疲れる」とか言う回数が物凄く増えるし、祖父の最大の特徴である頑固指数がどんどん上昇していくし…もう「ザ・頑固」といえば祖父、みたいなイメージでした。大学時代はその頑固にかなり苦しめられましたが(笑) まあおじいちゃんってそんなもんだよね、って思って聞き流したりもしていました(笑)


まあ年寄りと一緒に4年も住むと何となく祖父母の人柄も分かってくるし、話題の中心がやっぱり「終活」が自然と多くなってくるんですよ(笑) 「ワシが死んだらああしてや」とか「もう死んでもええわ〜」「もし死んだらどうしてほしい?お墓欲しい?(笑)」とか色々ね(何で孫がこんな話するんだよって感じですけどまあ住むとそうなるんですよ笑)。そんな冗談を言い合ったりして祖父母と私で笑い合っていました。そうやってやいやいやいやい言いながらご飯を食べるのが我々のいいところなんじゃないかな、と今になったら思います。



おじいちゃんは電車が大好きでした。
その影響で母のお兄さん(つまりおじいちゃんの息子)も電車が大好きだそうで、私も電車はヲタクってほどではないですが好きです。


祖母が体が弱くあまり色んなところに動き回れないような体質なので、よく小さい頃に祖父に電車に乗せてってもらい、色んなところに連れて行ってくれました。とにかくおじいちゃんは電車が大好きでした。京阪電車阪急電車叡山電鉄などなど…。まだ京都に路面電車が走っていた頃もよくその路面電車に乗せてもらい、まだ幼かった兄妹の我々は電車の中で何故か「北風小僧の勘太郎」を大声で熱唱していたそうです(爆笑)(大迷惑)。その話は一緒に住んでた頃に腐る程されました(笑)あとは電車の本とかよく読んでた。暇さえあれば時刻表なり電車の本なりを読んでたし、誕生日プレゼントで電車の本をあげた時も喜んでいました。


そしてご飯もモリモリ食べてよく太っていました。「そろそろ痩せようぜ〜」くらいに思うくらいにはお腹が出ていたけれど、息を引き取った頃にはそんなお腹はどこに行ったというくらいお腹がぺちゃんこで、全身痩せ細っていました。でもそれを見ても私は驚きはしませんでした。大学4年間を過ごした後も行ける機会があれば祖父母の家に寄ったりはたまにですがしていたので、その度に痩せ細っていくおじいちゃんを見て「もう仕方ないよね、おじいちゃんだもんね」としか思いませんでした。


あんなに頑固一徹な性格だったおじいちゃんも、最期はやっぱり「私が知ってるいつもの優しいおじいちゃん」って感じがして、本当に本当にホッとしました。


おじいちゃん、病院でとにかく人気者だったらしいです。
体が弱り切っていても、とにかく色んな看護婦さんとかお医者さん一人一人に力を振り絞って「ありがとう」といつもいつも言っていたそうです。やっぱりおじいちゃんは何だかんだ優しい。私の知ってるおじいちゃん。


私は「全ての物事はなるようにしかならない」としか思わないタイプで、まあこれから身内にいつ何時どうなるか分からないけれども、それはもう仕方のないことだし何をしたって状況は変わらないのだから後はそれを受け入れるしかないだけ、というタイプなのです。とにかく焦る祖母には私からも「仕方ないよ、もうなるようにしかならないよ。おじいちゃんだもん」とひたすら言い続けていました。とにかく私に出来ることはいつもいつも心配性で焦っている祖母を落ち着かせることくらいでした。悲しんだって寂しくなったってそれで状況が良くなるならいくらでも悲しむしいくらでも寂しくなる。けどもうそんなことを思ったってどうなるわけでもない。と、私は今までずっと祖父母に対しては思って過ごしていました。別にそれは冷たい対応とかそういうわけでは決してなくて、「どうせ死ぬなら潔い死に方しようぜ!!」みたいな、なんかなんて言ったらいいか分からないけどとりあえずそんな感じ(どんな家族だよ笑)。


なんかその4年間が無かったら多分今私は「おじいちゃん、よく頑張ったね」という思いより悲しみが増しまくって一日中泣いてたと思います。「なんで、なんで私はもっともっと会わなかったんだろう」って。今私は結構「おじいちゃん、本当によく頑張りました。お疲れ様でした」という感情が結構大きい。勿論悲しいし寂しいけど、おじいちゃんに対してはそんな感情の方が大きくて、むしろ笑顔になりました。


霊安室で一通り段取りをある程度決めた後、親族で会話をしていた時もおじいちゃんの顔を顔に覆いかぶせていた布を取って5.6回は見ました(笑) 「おじいちゃん!アホな会話ばっかしてゴメン!今頃"ホンマ頼むで…"って呆れてそうやわ!ごめん!」みたいなことを顔を見ながら言ってました(笑)


もうね、「これでいいんだよ、おじいちゃん。よく頑張ったんだから。あとは家族と楽しくゆーっくりと過ごしてください」って何度もお焼香しました。おじいちゃんは4人兄弟の次男らしいのですが、おじいちゃん以外は皆亡くなってしまっていて、おじいちゃんが最後の兄弟だったそうです。


祖母はもう60年以上おそらく一緒に寄り添っていたパートナーを失い、悲しみに暮れていると思うので最期くらいは祖母の好きにさせてあげようと思います。それはそれは大きな大きな愛情だな、ってのはもう見ててよく分かります。


以前「おじいちゃんとずっと一緒にいられるのって凄いね」って話をした時に(別に悪い意味で言ったわけではないです)「頑固すぎるくらい頑固やけどやっぱりおじいちゃんがおらんと落ち着かへんからなあ」と言っていて何だかんだ素敵な夫婦だなあ、と思いました。



一旦私だけ自宅に帰ったのですが、その際に既に天国にいる父方の祖父に「本日母方の祖父がそちらに行きましたので、親の祖父同士どうぞ仲良くしてあげて下さい」とお願いしておきました(ウチに父方の祖父の仏壇があるのです)。何となく父方の祖父の遺影を見てると拝みたくなるんですよね。何故か分からないんですけど。


まあホントに色々あった1日でしたが、沢山いいこともありました。


もう最近全然揃わなかったウチの家族が本当に久しぶりに全員揃って家族だけでご飯を食べて、話が弾んだことがめちゃくちゃ嬉しかったです。私の埼玉の愚痴(笑)や、兄の子供の話、親の近況など…。こんなこともないと揃う機会なんて無いからそれは本当に貴重な機会だったなあと思いました。


あとはやっぱり亡くなる前日に会えたのは良かったかな、と…。こうやって休暇を頂けたからこそ会えたのであって、それも貴重な機会だったと思います。最後に会った時にはおじいちゃんの手をずっとにぎにぎしていました(笑)


そして今日の夜には父親と色んな想いを話し合いました。「人間なんて地球が生きてるほんのちょっとしか生きられない生き物だから時々生きてることが馬鹿になる時もあるけど、やっぱり一度きりの人生だから好きなように生きていくのが1番いい」と。「お父さんもずーっと定年までサラリーマン勤めで何度も辞めたい辞めたいと思って耐えて耐えて働いて定年で辞めたけど、やっぱりそれも家族がいたからこそ働けたし良かったと思う」と言われた時はこの世で1番尊敬できる人物は他の誰でもない父親だな、と思いました。今まで家族に弱音の一言も吐かずにずーっとずーっと定年まで働いて、今は別会社でちょっとヤバめな会社で嘱託社員として働いていますが、「ほんま、人生一度きりやから好きなように生きた方がいい。別に好きなように生きていけるんやったら全然会社に縛られる必要もないしな」と何度も言われて本当に泣きそうになりました。こんなこともこうやって休まないと分からなかったことだし貴重な時間だったな、と思いました。


おじいちゃんが息を引き取って、本当に何というか色んなタイミングに出会えたというか、ある意味素敵な時間を提供してくれてなんだか感謝の気持ちしか湧かないです。


私が大学を卒業して、埼玉に行くために祖父母の家を出る時に4年間で唯一撮った祖父母と私の3人の写真を今でもたまに見ます。それを見ると本当に色んなことを思い出します。


お通夜と葬儀はこれからなのでまあその時には多分(というか絶対)泣くとは思いますが(笑)でも感謝の気持ちを込めておじいちゃんを見送ろうと思います。




おじいちゃんへ。

小さな頃から私たち兄妹に優しくしてくれてありがとうございました。

おじいちゃんのおかげで電車が好きになりました。電車に興味を持ちました。


そして何より大学4年間、こんな迷惑な居候人間を匿ってくれてありがとうございました。


おじいちゃんに親孝行なんて何一つ出来てないと思うけど、今も昔もおじいちゃんのことは大好きです。一緒に住んでからは頑固一徹なおじいちゃんに悩まされましたが、まあそれもおじいちゃんです(笑)


天国に行った時には家族に沢山会って今までの思い出などをそれはそれは頑固な感じでいつもの威厳で話してください(笑) そして今まで会えなかった分、沢山沢山会ってください。


本当に、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。


おじいちゃんの孫で本当に良かったです。
大好きです。


孫より





おじいちゃん、ありがとうね!!!!!